『妖異金瓶梅』登場人物 女性編

名前潘 金蓮ふりがなはん きんれん
出演作品妖異金瓶梅
属性悪女所属武大正妻のちに西門慶第五夫人

 中国文学史に残る悪女にして美女。かつて侍女をしていた家の旦那と通じてしまい、懲罰として醜男・武大に嫁がされてしまう。その後西門慶と密通し武大を毒殺してまんまと彼の第五夫人におさまった。なお、武大の弟が梁山泊の英雄の一人である凶暴な武松であり、彼は兄の仇として彼女と西門慶の命を付けねらっている(『水滸伝』ではあっさり仇討ちを果たすが、『金瓶梅』では別人を殺害して逃亡)。
 絶世の美貌と閨房の技を誇る。男性的な冷酷かつ明晰な頭脳と女性的な衝動性、童女のあどけなさと悪女のしたたかさを持つ。彼女のいるところには常に血の臭いが絶えないがその秘密とは?

名前李 瓶児ふりがなり へいじ
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属花子虚正妻のちに西門慶第六夫人

 雪の精のように儚い、気だての良い女性。かつては財産家・花子虚の妻であったが西門慶と密通し、夫の死後第六夫人の座におさまる。子に恵まれぬ西門家待望の男児・官哥を産むが潘金蓮の飼い猫・雪獅子に襲われたのが原因で亡くなってしまう。その子のあとを追うように病気に罹り急死した。

名前龐 春梅ふりがなほう しゅんばい
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属西門家侍女のちに周守備夫人
 
 潘金蓮付きの侍女、才色兼備。西門家没落後売りに出され、周守備に買われ妾になり、さらにその怜悧さを気に入られて正夫人にまで登り詰めた。女主人・潘金蓮と姉妹のように仲が良く、常にその傍らに付き従い、時折不審な行動と主人へ異様なまでの執着を見せる。

名前呉 月娘ふりがなご げつじょう
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属西門慶正夫人

 西門慶の第一夫人で、お堅い性質のしっかり者。いつも取り乱さないが、その性情がある人物の怨みをかうことになる。

名前李 嬌児ふりがなり きょうじ
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属歌妓のちに西門慶第二夫人

 重そうなほどに豊満な肉体と厚い唇で男心を惹き付ける、グラマラスな美女。性格はなかなかの締まり屋でしっかり者だ。

名前孟 玉楼ふりがなもう ぎょくろう
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属呉服屋未亡人のちに西門慶第三夫人

 きりっと引き締まった小麦色の肉体とえくぼを持つコケティッシュな美女。なかなかはっきりとものを言う性格をしている。

名前孫 雪娥ふりがなそん せつが
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属西門家侍女のちに西門慶第四夫人

 小柄でかよわげな肉体を持つ美女。かつて主人が気まぐれで手をつけたのを夫人とされたらしく、今では妾の中でももっとも寵愛が薄い。そのためと料理の腕ゆえすっかり台所番に成り下がってしまっている。ヒステリックで人付き合いが下手で怨みを買いやすく、夢遊病の気がある。

名前宋 恵蓮ふりがなそう けいれん
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属西門慶第七夫人

 小さな足を誇る女。しかしその口の軽さが災いして……。

名前鳳 素秋ふりがなほう そしゅう
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属西門慶第八夫人

 原典登場せず。孫雪娥と不仲である。

名前朱 香蘭ふりがなしゅ こうらん
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属陳経済愛人のちに西門慶第七夫人

 原典登場せず。類い希な美声を誇る。西門慶の娘婿・陳経済の愛人であったが好色な舅が無理矢理妾にしてしまった。多情である。

名前楊 艶芳ふりがなよう えんほう
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属娼妓のちに西門慶第七夫人

 原典登場せず。清河県でも一二を争ったという、炎のような美貌をもつ娼妓・謝珊珊。その美貌ゆえか高慢な性格で、男を翻弄し少なからず殺めたという噂もある。

名前揺琴ふりがなようきん
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属韓道国夫人のちに西門慶第六夫人

 原典登場せず。醜くふとり、悪臭すら放っていた女。しかし男心を妙に惹き付ける色気があり、物好きな西門慶の妾となった。

名前劉 麗華ふりがなりゅう れいか
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属葉頭陀夫人のちに西門慶第六夫人

 原典登場せず。透き通る湖のように美しい瞳と、澄み切った心を持つ美女。かつての夫が身を持ち崩し、西門家に買われてきた。

名前葛 翠屏ふりがなかつ すいへい
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属ある高官の妾のちに西門慶第六夫人

 原典登場せず。借金のかたに西門慶がもらいうけた女。多少欠点のある容貌だが、触れるとみごとなからだをしている。

名前憑 金宝・香 楚雲ふりがなひょう きんぽう・こう そうん
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属西門慶の妾

 原典登場せず。下男と密通したため懲罰として惨殺される。

名前李 桂姐ふりがなり けいそ
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属西門慶馴染みの娼妓
 
 西門慶が馴染みにしている娼妓。もとは武松の恋人であった。そのからだは、月経前後に麝香の濃艶な香りを放つ。

名前林 黛玉ふりがなりん たいぎょく
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属県知事夫人

 美食が縁で西門慶と意気投合した県知事夫人。豊艶な美貌を誇る。

名前ゾオラふりがなぞおら
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属大食のさる国の姫君

 原典登場せず。金髪碧眼、雪白の肌を持つ美女。異国の僧であるアル・ムタッツとともに宋まで亡命し、西門家に逗留する。

名前孫 二娘ふりがなそん じじょう
出演作品妖異金瓶梅
属性脇役所属梁山泊の女侠

 原典には登場しないが『水滸伝』には登場。武松の仇討ちの手助けをする。かつては人肉饅頭を売りさばいていた猛女。武松らとともに西門慶を殺そうとするが、潘金蓮の女心に理解を示しいったんは逃す。
2005年12月22日(木) 00:05:18 Modified by kizurizm




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。