ローゼン板で連載中の「やる夫の戦国立志伝」のwikiです。現在編集権限を管理人のみに設定しております。ご了承下さい。


物語一覧 へ ←  第61話 へ ←  第62話  → 第63話



49巻目 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1...
306

――観音寺城

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l      軍の再編も一息ついたし
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /       本格的に築城を始めるべ。
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


310

     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ     一息付いたといっても大井川前の8割程度の復旧率。
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.    平行して徴募を続行させてもらいますぞ。
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::....
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::


       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ      そりゃ当然だ。
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|          ただ摂津や和泉での募集は打ち切れ。
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫        その他の地域でやるようにな。
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


314

     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ     はて、摂津と和泉ですか?
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::....
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)   ああ、ウチの募集に喰われて足利の徴募に全然集まらないんだと。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }    悪い事しちまっただろ。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


317

      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i
    ゙'lリ.   ~    _,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |  しかし何故公方の徴募が
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄      ヾリ ノ' ∧∨
      ゙i  ̄ i'  〉:..         /  __,∧ /   ワリを喰ってしまったのですか?
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{    待遇面ではさほど違いがあるとは思えませんが……
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ       そりゃおめー俺らのほうで一山当てようってのが多いからだろ。
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))



322

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(    ガンガン領地が広がったし
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/    手柄立てて一発逆転を夢見る連中がいても良いだろ?
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'      そういうハングリーさが織田の強さの秘訣でもあるんだからよ。
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │        サルなんかその典型じゃねーか。足利はイメージ的に硬いから
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /        その辺で二の足踏んでるのかもな。




      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i
    ゙'lリ.   ~    _,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄      ヾリ ノ' ∧∨         なるほど……
      ゙i  ̄ i'  〉:..         /  __,∧ /
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l


327

     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ     ……殿、この際ですのでお聞きしたいのですが
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.    将来的にはどの様な政権運営を考えておいでなのですか?
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::....
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::




      __     ━┓
    / 〜\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \
  \          |       うん?なんだ長秀、随分急な事聞くじゃねぇか。
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩       まだまだ先の話だぞ?
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



332

       _,,::-----::;,,_
    ,./~       ''>i,,
   /  〔オ>  ,:-"~ ̄ヽ彡,,,
  (      ,./     ヒ彡"
   ゝ、_,;ィ'"_    _,, ヒ彡,
  _ヨ彡彡|  -ェテ,ラ f;iェ- :l彡''  先の話といえども既に勢力的な分布を考えれば
 -ヨ彡( ゙!(  "´ :i. |`'''  f"
   彡;ヽ_ ヽ   -v-' /    織田に伍する勢力など北条位の物。
    彡;;|l :l  -===- '/
     ,,-| \   ''''' ,ィ,,_     経済軍事その他の背景を含めれば
    / ´ー-,,_ゝ:---' |)入        最早仕上げの段階に入りつつあると考えても良い頃。
_,,-'<"    ,r'l''''''l,不~:l~ |ト、,,,__
  _,,ヽ、  ノ |  '::l ,l ノ     ̄"''''  棚晒しのままでよい話ではありますまい。
 ̄    ヽ ノ  └--ー'' ノ=======


      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i
    ゙'lリ.   ~    _,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄      ヾリ ノ' ∧∨       ふむ、一理ある。
      ゙i  ̄ i'  〉:..         /  __,∧ /
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'        現時点ではどのような政権を
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__      模索しておいでなので?
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l


335

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)    絵に描いた餅程度の与太話でいいなら教えてやる。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    取りあえずでかすぎる大名は勢力を削るか潰す。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │    難しそうなら分割させる。毛利なんかは分割させたいな。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /      北条は……まあ実際にどの程度か見てからだ。



      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i
    ゙'lリ.   ~    _,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |     なるほど。
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄      ヾリ ノ' ∧∨
      ゙i  ̄ i'  〉:..         /  __,∧ /
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l


342

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l    まず純軍事的に絶対強者になるのが前提だな。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /    んでもって幕府を開く。開いて速攻で信忠に将軍職を譲る。
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.  織田が天下を継承する家と認識させる為だ。
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /



     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ     なんと、折角の将軍職を?
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::....
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::


356

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     別に将軍職にこだわる必要は無いだろ。
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)    重要なのは織田が天下を継承するって知らしめる事だ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l   俺は裏に回って権力を握る。
.  ヽ      |   ノ    俺の考えを信忠の言葉として天下に号令をかけるんだよ。
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \   まあ信忠ならもしかしたらお膳立て無しでもやれるかもしれないけどな。
                保険みたいなモンだ。



      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i
    ゙'lリ.   ~    _,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄      ヾリ ノ' ∧∨   天下の諸事は将軍家たる織田が裁定する
      ゙i  ̄ i'  〉:..         /  __,∧ /
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'     という事を広くアピールするのが狙いですか……
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__   なるほど、理に適ってますな。
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l




359

     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ     ……足利はどうなさるおつもりで?
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::....
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::




       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ      どうするって……別にどうもしないだろ。
       |         } \
     /ヽ       }  \   足利を終わらせるって言い出したのは元々上様だぞ?
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/   由緒正しい家柄だし上様は天下の恩人とも言えるんだ。
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (     それなりの領知を用意して政権運営にも参加してもらうだろ。
   \  /   /⊂_)




368

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)     俺的に一番ベストなのは将来上様に
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }      娘が生まれたら信忠の息子とでも縁組して
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;        権力の継承に正当性を持たせてもらうのが理想的だな。
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |    余計な雑音もシャットアウトできるし
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ  それにすら異議を唱えるような阿呆なら
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐   天下の害にしかならんので潰す。
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\  まあ上様に娘が生まれるかがキモだけどな。
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}


     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ     ……ならばまず土壌を作るべきかと愚考いたす所存。
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::....
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::


384

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   上様ご自身の縁組の話なら俺は関知しないぞ。
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)   織田が話持ちかけたら意味無いだろ。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }    只でさえ傀儡だなんだって言われて余計な敵が増えてるのに。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ     武田とか朝倉の建前は「足利は織田の傀儡に成り下がった!」だぞ?
   /  /    \
  /  /       \    これ以上建前論振りかざされてたまるかってんだ。
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ     ……となれば別の手段を講じるべきですな。
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::....
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::


392

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }     別の手段?
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /




     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ     足利の有力家臣の子弟の養育、という名目で
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.     安土に寄越させるべきかと。
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::....
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::





397

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (○)(○)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /





      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i
    ゙'lリ.   ~    _,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |  長秀!それでは人質を差し出せと言ってるのも同然ではないか!
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄      ヾリ ノ' ∧∨
      ゙i  ̄ i'  〉:..       u   /  __,∧ /   畏れ多くも上様の御家来衆に対して
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{    無礼が過ぎるぞ!
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l


424

     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′    細川幽斎殿の嫡男・与一郎。
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ      黒田官兵衛の嫡男・松寿丸。
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.     そして入速出やる夫の嫡男・やる太。
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l    万が一の為にも当家にて預かるのが上策ではないかと。
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::....
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::


             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)     阿呆か!上様自身が差し出せというならいざ知らず
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:      なんの理由で織田が足利重臣の子弟を
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |     人質に寄越せと抜かす道理があるってんだ!?言葉が過ぎるぞ!
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \





443

      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i     殿の仰る通りだ長秀。
    ゙'lリ.   ~    _,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |     お前の足利家への警戒は
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄      ヾリ ノ' ∧∨
      ゙i  ̄ i'  〉:..       u   /  __,∧ /      ちと度を過ぎてるのではないか?
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{       これまでどれほど公方様が
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.   織田に協力を惜しまなかったか
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i   知らぬ訳ではあるまい?
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i      しかも入速出やる夫の嫡男といえば……
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l


       _,,::-----::;,,_
    ,./~       ''>i,,
   /  〔オ>  ,:-"~ ̄ヽ彡,,,
  (      ,./     ヒ彡"
   ゝ、_,;ィ'"_    _,, ヒ彡,
  _ヨ彡彡|  -ェテ,ラ f;iェ- :l彡''
 -ヨ彡( ゙!(  "´ :i. |`'''  f"    義理の上では殿の孫。
   彡;ヽ_ ヽ   -v-' /
    彡;;|l :l  -===- '/      招くのに何の不都合がある?
     ,,-| \   ''''' ,ィ,,_
    / ´ー-,,_ゝ:---' |)入
_,,-'<"    ,r'l''''''l,不~:l~ |ト、,,,__
  _,,ヽ、  ノ |  '::l ,l ノ     ̄"''''
 ̄    ヽ ノ  └--ー'' ノ=======





463

     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)    不都合だらけに決まってんだろうが!
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |         }     ヘタすりゃ上様がブチ切れて織田と足利が手切れになるわ!
.    ヽ        }
     ヽ     ノ
     l/   く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)


     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ     ……それに何の不都合がありますか?
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::....
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::





     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ○)(○)
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ
     l/   く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)







491

      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i
    ゙'lリ.   ~  u ._,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄      ヾリ ノ' ∧∨     ……長秀?
      ゙i  ̄ i'  〉:..       u   /  __,∧ /
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'       お前は何を言ってるんだ?
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|   何の不都合があるって……少し考えればわかるだろ、
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }   常識的に考えて……
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


518

     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/   常識的に考えれば戦う力のない今こそが好機です。
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、    御用商人ダディの後ろ盾を背景にした京の経済力を
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|    同盟国とはいえ他家の統治下におくのは甚だ不都合。
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_.  京の公家衆とて利を以って諭せば織田に靡くは必定ではありませんか?
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::...
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::




     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………。..:.::..:.:..:....
::. |::u:.   (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \





544

     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf   そのダディとて商いに於いては人後に落ちぬとは申せど所詮商人。
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/    代わりはいくらでも居るし、
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、     代わりたい人間も星の数ほど居るでしょう。
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|   基盤のみ奪い、心情的にも織田に近い人間を
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_  据えるべきではありませんか?
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::....
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::



      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i
    ゙'lリ.   ~    _,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄      ヾリ ノ' ∧∨     長秀!控えよ!
      ゙i  ̄ i'  〉:..    u    /  __,∧ /
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'       それを言う口は武士としての恥ぞ!
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__     私情はあれども当家に協力を惜しまぬダディ殿に対し、
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i   なんという事を申すか!
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l


572

     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ  恒興、逆の言い方をすれば
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡  これ以上ダディの力が大きくなれば
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′   織田でも御しえぬ所まで来ているのだ。
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ      協力的であるかどうかの問題ではない。
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.     これで石山を手に入れれば即ちさらなる力を手にすることになる。
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l     そこで他の勢力と手を結ばれてみろ。どうなるかは自明の理。
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::....
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::



      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i
    ゙'lリ.   ~    _,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ    空論に過ぎぬ!
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄      ヾリ ノ' ∧∨   今更織田と手を切ってダディ殿に何の利がある!?
      ゙i  ̄ i'  〉:..       u   /  __,∧ /
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'     その程度の計算も出来ぬ商人とでも思っているのか!
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l






592

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |                長秀
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



       _,,::-----::;,,_
    ,./~       ''>i,,
   /  〔オ>  ,:-"~ ̄ヽ彡,,,
  (      ,./     ヒ彡"
   ゝ、_,;ィ'"_    _,, ヒ彡,
  _ヨ彡彡|  -ェテ,ラ f;iェ- :l彡''
 -ヨ彡( ゙!(  "´ :i. |`'''  f"    はっ
   彡;ヽ_ ヽ   -v-' /
    彡;;|l :l  -===- '/
     ,,-| \   ''''' ,ィ,,_
    / ´ー-,,_ゝ:---' |)入
_,,-'<"    ,r'l''''''l,不~:l~ |ト、,,,__
  _,,ヽ、  ノ |  '::l ,l ノ     ̄"''''
 ̄    ヽ ノ  └--ー'' ノ=======


603

    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)
   |::::::::::::::   ⌒ノ    お前の諫言、しかと聞いた。
.   |::::::::::::::    }
.   ヽ::::::::::::::    }    そういう選択肢もある事はしかと胸に留めて置く。
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く     ……諫言大儀であった、下がれ。恒興もだ。
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |




     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ    御意、御免仕る。
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::....
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::


      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i
    ゙'lリ.   ~    _,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ      ははっ!
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄  u    ヾリ ノ'.∧∨
      ゙i  ̄ i'  〉:..         /  __,∧ /
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l






622

――退室後


       _,,::-----::;,,_
    ,./~       ''>i,,
   /  〔オ>  ,:-"~ ̄ヽ彡,,,
  (      ,./     ヒ彡"
   ゝ、_,;ィ'"_    _,, ヒ彡,
  _ヨ彡彡|  -ェテ,ラ f;iェ- :l彡''
 -ヨ彡( ゙!(  "´ :i. |`'''  f"
   彡;ヽ_ ヽ   -v-' /   ……困ったものだ
    彡;;|l :l  -===- '/
     ,,-| \   ''''' ,ィ,,_
    / ´ー-,,_ゝ:---' |)入
_,,-'<"    ,r'l''''''l,不~:l~ |ト、,,,__
  _,,ヽ、  ノ |  '::l ,l ノ     ̄"''''
 ̄    ヽ ノ  └--ー'' ノ=======




      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i
    ゙'lリ.   ~    _,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |   馬鹿者!あれでは讒言に等しいではないか!
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄      ヾリ ノ' ∧∨
      ゙i  ̄ i'  〉:..    u    /  __,∧ /    まだまだこれからという時に
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{     なぜ不和の種を撒こうとするのだ!?
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l





641

       _,,::-----::;,,_
    ,./~       ''>i,,
   /  〔オ>  ,:-"~ ̄ヽ彡,,,
  (      ,./     ヒ彡"
   ゝ、_,;ィ'"_    _,, ヒ彡,
  _ヨ彡彡|  -ェテ,ラ f;iェ- :l彡''
 -ヨ彡( ゙!(  "´ :i. |`'''  f"
   彡;ヽ_ ヽ   -v-' /     そう言ってくれるな。
    彡;;|l :l  -===- '/
     ,,-| \   ''''' ,ィ,,_      私とて……
    / ´ー-,,_ゝ:---' |)入
_,,-'<"    ,r'l''''''l,不~:l~ |ト、,,,__
  _,,ヽ、  ノ |  '::l ,l ノ     ̄"''''
 ̄    ヽ ノ  └--ー'' ノ=======




<ガラッ





    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|       丹羽様、無理を聞き届けて頂き誠に感謝に絶えませぬ。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +  ダディ、心からお礼申し上げますぞ。
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||





        _、‐-、, -‐z._
        > ` " " ′.<
      / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
        7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
       ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
       | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
      |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ
      | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
      r'ニニヽ._\. ¨/           ;;     さすが米五郎左……見事な諫言だった……
     r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ   これで信長にもムチが入っただろうよ……ククク……
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/





688

       _,,::-----::;,,_
    ,./~       ''>i,,
   /  〔オ>  ,:-"~ ̄ヽ彡,,,
  (      ,./     ヒ彡"
   ゝ、_,;ィ'"_    _,, ヒ彡,
  _ヨ彡彡|  -ェテ,ラ f;iェ- :l彡''
 -ヨ彡( ゙!(  "´ :i. |`'''  f"
   彡;ヽ_ ヽ   -v-' /     礼には及ばん。だが十兵衛にダディ殿、
    彡;;|l :l  -===- '/
     ,,-| \   ''''' ,ィ,,_       もし殿が本気にされたらどうするつもりか?
    / ´ー-,,_ゝ:---' |)入
_,,-'<"    ,r'l''''''l,不~:l~ |ト、,,,__     流石に肝が冷える思いだったぞ。
  _,,ヽ、  ノ |  '::l ,l ノ     ̄"''''
 ̄    ヽ ノ  └--ー'' ノ=======






      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i
    ゙'lリ.   ~    _,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |   まさか……芝居か?
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄      ヾリ ノ' ∧∨
      ゙i  ̄ i'  〉:..      u    /  __,∧ /
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l






718

       _,,::-----::;,,_
    ,./~       ''>i,,
   /  〔オ>  ,:-"~ ̄ヽ彡,,,
  (      ,./     ヒ彡"
   ゝ、_,;ィ'"_    _,, ヒ彡,
  _ヨ彡彡|  -ェテ,ラ f;iェ- :l彡''
 -ヨ彡( ゙!(  "´ :i. |`'''  f"     諫言の内容は本物だ。
   彡;ヽ_ ヽ   -v-' /
    彡;;|l :l  -===- '/       いつかは誰かが言わねばならぬ事だったのだよ。
     ,,-| \   ''''' ,ィ,,_
    / ´ー-,,_ゝ:---' |)入
_,,-'<"    ,r'l''''''l,不~:l~ |ト、,,,__
  _,,ヽ、  ノ |  '::l ,l ノ     ̄"''''
 ̄    ヽ ノ  └--ー'' ノ=======


      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i
    ゙'lリ.   ~    _,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ   いや、しかし……なぜこの時期に?
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄      ヾリ ノ' ∧∨
      ゙i  ̄ i'  〉:..       u   /  __,∧ /
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l


729

∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
:::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
: |:::: `  ー‐=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
::|:::::      ..::::::::::::::::::::::/    ハ     ヽ!
:|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:   ,'l }        言っただろう?ムチを入れる為だ。
|l::::::        `__:::    /.|′
iヘ::::..      ̄ ̄     `ヽ ./^'         このまま天下を取れば信長は足利尊氏の二の舞になりかねん。
:|::ヽ:::..      ‐==;;   /
::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、       冷酷非常に徹しろとは言わんが長秀が言ったような決断を迫られる時が来る。
:::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.    予行練習みたいなものさ……ククク……



  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |   商いとは相手が居て成立するものなのです。
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|   私が全てを御してはこの国の商いは腐ってしまいます。
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\   その点を信長様に考えていただく必要があったのですよ。






      ,;r''"          ,;:-   `ヽ、
    ,;r'"         ,, -'''"       `ヽ.
  /         /   __,,,,::-ー─-=,,,_ )
 ,i"         ,/ _,,;:-'''~`ヽミー-    ミ`イ'
 |  〈:K〕    /,r''"      ゙iー-、__  `ミ゙ミ
 .|        ,/  _,, -ー    〈ー-     ヾi、
  ゙ヽ,,__,,:r''"_,, -''"   _,,,,,,__  \ミ_ ヽr-ヾ、 ゙i
    ゙'lリ.   ~    _,,r'"-''''"    \ミ{, f ゙ヾミヾ
     l!,=,ー,-ヵ''  'テ'チ''"エラ'     ヾミ} レ、; 〉` |     なんと……
     ヽ ,>モッi ::::::..`'' ̄      ヾリ ノ' ∧∨
      ゙i  ̄ i'  〉:..      u    /  __,∧ /
      l     | .|  、.        /   |  〉 v'
      .\  |.__レ-''"ミ''-:;,__      | i' ハ{
        \ f〃,ン=-ゥ'''ー'''"   ヽ  ,l |  ヘ__
         V='"" ̄,;ッ        / ,|   \ ヽ.
          ~ヽ   ̄       /  / _,,-'''"  ゙i
          _ ゝ:      _,;r''"  ,,::r'''"      ゙i
       ,r‐''''"  ゙''ー┬--''''"     /,r::、        \
       |.f-、    r''ヽ--、,,:r─-::、,l :::::::i   _,,=''"i
       い、ヽ,   ,,!'"  /     ,l ':::::::i f",-:、 ,,l





743

       _,,::-----::;,,_
    ,./~       ''>i,,
   /  〔オ>  ,:-"~ ̄ヽ彡,,,
  (      ,./     ヒ彡"
   ゝ、_,;ィ'"_    _,, ヒ彡,
  _ヨ彡彡|  -ェテ,ラ f;iェ- :l彡''
 -ヨ彡( ゙!(  "´ :i. |`'''  f"    だが……本当に大丈夫であろうな?
   彡;ヽ_ ヽ   -v-' /
    彡;;|l :l  -===- '/       本気にされてはそれこそ一大事ぞ?
     ,,-| \   ''''' ,ィ,,_
    / ´ー-,,_ゝ:---' |)入
_,,-'<"    ,r'l''''''l,不~:l~ |ト、,,,__
  _,,ヽ、  ノ |  '::l ,l ノ     ̄"''''
 ̄    ヽ ノ  └--ー'' ノ=======


           _,. -‐―‐-、)ヽ
          '´,> 〃   ノ `⌒ーz
 ))        / 〃           ゝ
((        〃,/, 〃       __,ノしヘ
 ))       |〃/ ,〃 〃 ,、,、 、 ,ゝ  ヾ'|
((         / /,〃 ,.ヘヽ_,ゝヘ{ ヾ ヾ |
 ))         l/ / ,.く  />‐。ァ ヽ'ト、ヾ' !     ククク……あんな与太話を本気するような奴なら
((             |/  >ヾ ̄´   |'ト||ヾ |
 <゙、_/゙ヽ       /         |l〃 ヾ|      とっくに道三の爺に引導を渡されている……
 ノヽ し'(゙\   ∠-‐フ   _, / ヽ.ヾ'」
( ヽ.ノヽ>ノ .|       ` ̄匚,   /   ^ヽ.      むしろあの諫言を奇貨にするだろうよ……
〈ヽ.ノ  /   .|        /  /  |   └、
 Y´ (   イ           '―ヘ         ヽ    安心しな……
  \ i   |         /  /       \
    L_   」        / ゝ , ──
    |    |






756

――壁に耳あり障子に目あり

<ククク……信玄がくたばっても居ないのに本気にする阿呆が居るものか……
 <……困ったものだ。








    釣られただろ……迫真の演技的に考えて……

                     ,r' ⌒ ヽ、  ___  ,r' ⌒ヽ、
                    / /⌒ 、γ´   ゙Y , ⌒ヽ ヽ
.     / ̄ ̄ ̄`ヽ、      | { 〜 }|     |.{ 〜 } |
     |         ヽ      ヽ ヽヽ  |     .|  / ノ ノ
     ヽ、___ノ/ /ヽ.     ヽ i 6 |      .|( d i /
       <二つ二二ノ  ヽ       .ノ ,ー, |.     | ー,. (
       / /  人  \  }.    (    .|     |    )
.       ∠'∠_/ ヽヽ、_.ノ       ヽ、_ノ     ヽ___.ノ







               / , - ' ¨  \ ` >-、
             / / , ' , '   |‐'´  ヽ
            /ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \
             〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ>   | | /  | l
           /`ハレレ|,,r==ミ     ム,Lハ / ! !
           //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /
          // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/    君主思いの良い家臣を持ったじゃないの
          // │ ヽ! |    rーy    / 〃
         //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / |       誇って良いことよ?
         //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !
          rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !
        ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
      /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
      ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│
      ! /   / |   ィ´ ! !    | \_   |_ !
     | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /| / ハ|
      ! | /  ヽヾ ´/  | ! ,、,、 |〈 ヽイ//ヽ





789



.     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
     |         ヽ
     ヽ、___ノ/ /ヽ    ……帰蝶
       <二つ二二ノ  ヽ
       / /  人  \  }
.      ∠'∠_/ ヽヽ、_.ノ



                      _ __ _
                  _,、-ー''´:._,、-:ー`、-、,
                /:.:.:,、-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:>'"`:.、
                 ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;':.:.:.:.:/::.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              ∧∨:./:.:.:./:.:.:;':.:.:.:.:∧ヘ/i:.:.i.:.:.:.i:.:.:.ヽ
              ∧:.|!:.:.!:.:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:!´`'"´`i:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:';'.,
                }:.::.|i:.:.|:.:.:.:.|i≦廴リi:|    |:.:リ:.:.:.|:.:i:.:.!:.i
             {:.:.:.:|:|:.:|:.:.:升i:.:.!i:.:.ハj    辻≧:/:./:.:.i:.:!
             lヘ/ヘハ、:|≦斤乍     /廴レリノ//:ハリ
             ,'i:.ヘ(|:.:.:.:.:.:| `弋少     升仆ヘ/:/.:ノ
            ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:|         ゞ少 /ソノ
            ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l     __  ′  /:.l: |    なにかしら?
            /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、   ヽ ノ   /:.:.|i.:|
            /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|
            /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|
        < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|
       /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_
        /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、
     イ       ! ',: : :::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:|: i ヘ
     / i       i ',: : ::::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : :|::.:.:.:.:.:.:.:.|:.i ヽ




797

                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ   ……ちょっくら京に行って来る。
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l   確かに棚晒しで良い問題じゃない。
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l
.       /   ハ !.!          !    天下をとった後に足利を如何するかってのは
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_    国家100年の懸案かもしれん。
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,−´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、  上様がどう考えてるのかも知りたいから
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ  腹割って話してくるわ。
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l   ……ついでにやる夫ともな。
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !


                      _ __ _
                  _,、-ー''´:._,、-:ー`、-、,
                /:.:.:,、-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:>'"`:.、
                 ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;':.:.:.:.:/::.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              ∧∨:./:.:.:./:.:.:;':.:.:.:.:∧ヘ/i:.:.i.:.:.:.i:.:.:.ヽ
              ∧:.|!:.:.!:.:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:!´`'"´`i:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:';'.,
                }:.::.|i:.:.|:.:.:.:.|i≦廴リi:|    |:.:リ:.:.:.|:.:i:.:.!:.i
             {:.:.:.:|:|:.:|:.:.:升i:.:.!i:.:.ハj    辻≧:/:./:.:.i:.:!
             lヘ/ヘハ、:| ` ̄´ ′   i/'廴;ノ//:ハリ
             ,'i:.ヘ(|:.:.:.:.:.:| ヾ==''′    ′´"∧::/.:ノ
            ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:|         ヾ=ゞ/ソノ
            ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l        ′  /:.l: |     呆れた……
            /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、    ` ー   /:.:.|i.:|
            /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|    まだ銀と翠の事気にしてたの?
            /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|
        < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|  ……丁度いいから気が済むまで話して来なさい。
       /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_
        /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、
     イ       ! ',: : :::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:|: i ヘ
     / i       i ',: : ::::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : :|::.:.:.:.:.:.:.:.|:.i ヽ


820

              /:::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::ヽ
            |::::::::::::::::::::::::::::::|
            |      (__人)
            |::::::::::::::::::::::::::::ノ
                ヽ:::::::::::::::::::::ノ
             /.:.:::::::::::::::/    ああ、留守を頼むだろ……
           _,r'゙.:.:::::::::::::.:.:.\
       ,.-‐'´.:.::::::::::::::::::::::::::::.:..`ヽ、
      /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.\
_ __ __l.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.ヽ_ ____ ___ ____ _
_ _ _ /.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
_ ‐ _ ‐/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐
-_-_-/.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.L-_-_- -_-_- -_-_- -_-_-
ニ ニ. l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.ヽ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ
二三l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.`ヽ三 二三 二 三
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三二三 二 三二i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「三二三 二 三二三二三
二三二三二三ニ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\三二三 二 三二三二




<そもそもあんな見え見えの与太話を真に受ける様だからこんな芝居をry
 <長秀、その辺にしておけ、殿のお耳が近いやもしれんぞ
  <ククク……甘ちゃんには良い薬……!聞かせてやれ……






                                               つづく






物語一覧 へ ←  第61話 へ ←  第62話  → 第63話
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

トップページ   
   投稿日時
   作中の年表
   登場人物一覧 〔AA入り〕
   登場人物一覧 〔AA 作品別〕
   登場人物 相関図
   ステータス表
   作中の馬・船・武器等

画像・AA置場

スレッド一覧

テンプレ置場

   よくある質問
   過去の更新履歴

   人気投票の集計結果

サイトマップ

掲示板

Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます