タグ検索でスイッチ5件見つかりました。
共通基本操作
} -もしくはCiscoデバイスの電源スイッチをOFF(なければ電源ケーブルを抜く)した後、電源を投入する。 **Ciscoデバイスのモデル名、シリアル番号、搭載している各種メモリ容量、IOSバージョンなどを表示する hostname#show version [Enter] ***実行例 hostname#show version Cisco IOS Software, C3750 Software (C3750-IPBASE-M), Version 12.2(35)SEE, &colo
https://seesaawiki.jp/w/ynm48538/d/%b6%a6%c4%cc%b4... - 2008年02月06日更新
インタフェース/ポート操作
*インターフェース/ポート操作 **インタフェース/ポートを無効にする hostname(config)#interface gi0/1 [Enter] &color(Red){← 無効にしたいインタフェース/ポートを指定する}; hostname(config-if)#shutdown [Enter]         **インタフェース/ポートを有効にする(shutdownコマンドを削除する) hostname(config)#interface gi0/1 [Enter]
https://seesaawiki.jp/w/ynm48538/d/%a5%a4%a5%f3%a5... - 2008年02月06日更新
Ciscoデバイスのヘルプ機能
*Ciscoデバイスのヘルプ機能 ** ? により使用可能なコマンド/オプション一覧を表示する hostname>? &color(Red){← ユーザモードからスタート} Exec commands:    Session number to resume access-enable   Create a temporary Access-List entry clear   
https://seesaawiki.jp/w/ynm48538/d/Cisco%a5%c7%a5%... - 2008年02月06日更新
Catalyst L3 Switch
*IPアドレス設定 **L3インタフェースにIPアドレス・サブネットマスクを設定する router-hostname(config)#interface gi0/1 [Enter] &color(Red){← インタフェースの種類と番号を指定する} router-hostname(config-if)#no switchport [Enter] &color(Red){← L3インタフェース(routed)として使用する} router-hostname(config-if)#ip a
https://seesaawiki.jp/w/ynm48538/d/Catalyst%20L3%2... - 2007年12月30日更新
Catalyst L2 Switch
ることもできる ***実行例 -L2スイッチ switch-hostname>en Password: switch-hostname# switch-hostname#show vlan VLAN Name Status Ports ---- -------------------------------- --------- ------------------------------- 1 default
https://seesaawiki.jp/w/ynm48538/d/Catalyst%20L2%2... - 2007年12月30日更新



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。