中症 (危険度40〜60%)

早めに健康院で独自のあごの治療を受けることにより、
口があけやすくなります。


<各健康院>

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

編集にはIDが必要です