http://easeljs.com/docs/Container.html

概要

  • DisplayObjectをまとめるためのクラス。
  • Containerのプロパティが子のDisplayObjectにも影響を与える。
    • 例)x=100alpha=0.5のDisplayObjectを、 x=50alpha=0.7のContainerに格納する
      • →DisplayObjectのCanvas上での表示位置がx=150alpha=0.35になる。
      • ※DisplayObjectのプロパティ値が変わったわけではなく、Containerのプロパティとの合成結果がそう見えるようになる、というだけ。
  • Container自身もContainerに格納できる。DisplayObjectのサブクラスだもの。
  • Stageがこのクラスを継承してます。

コンストラクタ

  • 引数なし。

プロパティ

children - Array[DisplayObject]


メソッド

addChild( child ) - DisplayObject

  • DisplayObjectを追加する。カンマで区切っていくらでも追加できる。
container.addChild(shape1, shape2, ・・・);
  • 返り値は追加したDisplayObject。複数追加したときは最後のやつ。

addChildAt( child , index ) - DisplayObject

  • 指定したインデックス位置に、DisplayObjectを挿入する。指定した位置以降のDisplayObjectは後ろにずらされる。
  • 先に追加したDisplayObjectから表示されるので、表示順制御に使えるね。
  • ある特定のDisplayObjectのインデックス位置が知りたいときは、getChildIndexメソッドを使うべし。
var container = new Container();
container.addChild(shape1);
container.addChild(shape2);
container.addChildAt(shape3,container.getChildIndex(shape2)); // shape3をshape2の1つ前に突っ込む
  • これもaddChildと同じように、複数のDisplayObjectを突っ込める。最後の引数がインデックス位置。
  • 返り値は追加したDisplayObject。複数追加したときは最後のやつ。

clone( recursive ) - Container

  • コンテナのクローンを作る。
  • 引数にtrueを指定すると、子のDisplayObjectもコピーされる。

contains( child ) - Boolean

  • 指定したDisplayObjectが子に含まれているかを返す。
  • 子だけではなく、孫以降のDisplayObjectに含まれていてもtrue。
var container1 = new Container();
var container2 = new Container();
container1.addChild(container2); // コンテナ2をコンテナ1の子にする
container2.addChild(shape1);     // shape1をコンテナ2の子にする
var flag = container.contains(shape2);  // true

draw( ctx, ignoreCache ) - void

  • Stageに含まれない状態でもコンテナに含まれる子のDisplayObjectを描画できる。
  • DisplayObjectの同名メソッドとやってることは同じ。

getChildAt( index ) - DisplayObject

  • 指定したインデックス位置にあるDisplayObjectを返す。

getChildIndex( child ) - Number

  • 指定したDisplayObjectがどのインデックス位置にあるかを返す。
  • 使い方はaddChildAtメソッドのところで書いたサンプルで。

getNumChildren( ) - Number

  • 子のDisplayObjectの数。

getObjectsUnderPoint( x, y ) - Array[DisplayObject]

  • 指定した座標の位置にある、子のDisplayObjectの配列を返す。この座標はコンテナの左上座標が原点。
  • 配列の順番は、上に表示されている順。
  • 子のDisplayObjectのmouseEnabledプロパティがfalseなら配列に含まれない。
  • 負荷が高いそうなので取扱注意。

getObjectUnderPoint( x, y ) - DisplayObject

  • getObjectsUnderPointメソッドに似ているが、これは一番上のDisplayObjectのみ返す。

hitTest( x, y ) - Boolean

  • DisplayObjectと同じ。チェック対象が子のDisplayObjectになる。

isVisible( ) - Boolean

  • コンテナが表示されているかどうか。visibleプロパティがfalseだったり、alphaが0だったりするとfalseが返る。
  • 子の表示状態は関係ないようです。

removeAllChildren( ) - void

  • 全ての子を削除する。

removeChild( child ) - Boolean

  • コンテナから引数の子DisplayObjectを削除する。
  • カンマで区切っていくつでも指定可能。addChildメソッドの例参照。
  • 引数のDisplayObjectが全て存在すればtrue、存在しないchildが1つでも指定されていればfalseを返す。

removeChildAt( index ) - Boolean

  • コンテナから引数のインデックスの子DisplayObjectを削除する。
  • これもremoveChildと同じく、カンマで区切っていくつでも指定可能。返り値もremoveChildと同じ感じ。

sortChildren ( sortFunction ) - void

  • 子DisplayObjectを、引数の関数の方法でソートする。
  • Array.sortメソッドに渡す関数と同じような書き方でOK。
container1.sortChildren(function(obj1, obj2){
    return obj2.x - obj1.x; // X座標が大きい順にソート
});

toString( ) - String

  • 文字列化する。DisplayObjectの同名メソッドと同じ

イベント

このページへのコメント

Lixt5s <a href="http://tcjqigttaslz.com/">tcjqigttaslz</a>, [url=http://yosfhxreuuyw.com/]yosfhxreuuyw[/url], [link=http://bormwjobyjwb.com/]bormwjobyjwb[/link], http://fgsqltwczbmp.com/

0
Posted by fdlmadlnu 2013年11月14日(木) 12:07:20 返信

T4AW9R This is one awesome blog post.Really thank you! Cool.

0
Posted by smashing top seo 2013年10月26日(土) 02:32:18 返信

Thanks for your write-up on the vacation industry. We would also like to add that if your senior taking into account traveling, its absolutely crucial to buy travel cover for older persons. When traveling, elderly people are at high risk being in need of a health-related emergency. Receiving the right insurance coverage package for ones age group can look after your health and give you peace of mind. insoles http://www.deelsonheels.com/$3699_Orthotic_Shoe_Insoles_Arch_Support_Inserts/p133745_317584.aspx

0
Posted by insoles 2013年05月24日(金) 19:30:44 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます