キャラクター

プロフィール

  名前:シシガミ=バング
身長体重:192cm/105kg
 誕生日:01月01日
 血液型:B
 出身地:燈の国
  趣味:修行・必殺技名を考える
好きな物:正義、殿の形見の五十五寸釘 / 温泉
嫌いな物:悪
ドライブ:バーニングハート

概要

イカルガ忍者の頭領。名前は漢字で「獅子神 萬駆」と書く。
鳳翼・烈天上をテンジョウから譲り受けて所有者となっているが、事象兵器であることは知らず
そのため外観からそのまま「五十五寸釘」と名付け、普通に鈍器としてのみ使用していた。

イカルガ内戦に当事者として参戦しており、統制機構と戦っていた。
内戦に敗北し故郷を失ったのち、被災者であるイカルガの民を連れてカグツチに辿り着き、街を作り住み着いた。
カグラは兄弟子であり、内戦時に統制機構側についた彼に対して並々ならぬ感情があった。

タオから「むさい人」と呼ばれるとおり暑苦しい男だが、裏表が無くまっすぐな好漢で
部下やイカルガの民からの信頼は深い。

ライチだいすき。その最大の魅力は「胸」らしく、同じ巨乳のバレットとは明確な区別ができるらしい。

その他プロフィール

「酢豚にパイナップル」「ドライカレーにレーズン」「生ハムメロン」は認めない派。
ただしライチが認める派だった場合は、それらを食べた後で切腹して果てる、らしい。


ストーリー:暗黒大戦前後

(登場せず)

ストーリー:イカルガ内戦前後

帝(テンジョウ)直属の近衛兵。
イカルガ内戦には最初から反対しており、ホムラを護るためにイカルガ忍軍に志願した。
イカルガ内戦ではテンジョウの指示により、城やテンジョウの守護ではなく民を護るために戦っていた。
戦争が激化したころに、テンジョウから烈天上を譲り受けている。
兄弟子であるカグラが統制機構側につき、また戦争の途中で行方を眩ませたことに思う所があったらしい。

戦争終了後に生き残ったイカルガの民を連れて逃走、カグツチ下層に住処を作る。
イカルガ復興、そして一族再興のために資金を稼ごうと、咎追いとして賞金を稼ぐようになった。

メインストーリー

内戦末期、城が落ちると聞きテンジョウの元に向かうも、彼がジンに殺された直後の場面に遭遇することとなる。
仇であるジンを狙うも返り討ちに会う。額の十時傷はその時にできたもので、その時に意識を失う直前に
第三者の「レリウスの計画通りじゃねぇか」という言葉を聞いていたが、しばらく忘れていた。

ノエルのいない事象

ジンがイカルガの英雄にならない歴史においては、当然ながらジンのことは知らない。
顔の傷は、イカルガが消滅した原因である謎の爆発の余波を食らったため、とのこと。

ストーリー:カラミティトリガー

メインストーリーには殆ど絡まず、ライチを追っかけたりジンに返り討ちにあったりしていた。
また咎追いとして、正義に殉じる男として、大悪党ラグナがカグツチに来たと知り打倒しようと頑張ったりも。
ノエルを少年扱いしてしまい逆上させてしまうが、その戦いに情熱がないことを知り見守る姿も見せる。

さり気にレイチェルが「アークエネミーを所持していたはず」、ニューが「事象兵器との衝突実験終了」と
発現しているなど、彼が事象兵器を所持していることはCTアーケードの時点で示唆されていた。

ストーリー:コンティニュアムシフト

変わらずカグツチで暮らす。
再度出会ったジンが傷ついていることを知り解放したり、カルルやタオカカ、プラチナを
(勝手に)弟子にして導いたりとそのまっすぐな性格が前面に出ていた。
特にアニメでは暑苦しい描写が殆どなく、まじイケメンになっている。

プラチナ(の内にいるトリニティ)から、イカルガ内戦には裏があったこと、
五十五寸釘が事象兵器であること、イカルガの地に「テンジョウの遺産」があることを聞かされ、
その遺産を「どう使うか」決めてほしいと依頼された。
さらにレイチェル/ヴァルケンハインから、殿下が生きていることも伝えられている。

内戦の真実を知るため、殿下を探すため、自らの故郷でもあるイカルガの地に戻ることを決意した。

ストーリー:クロノファンタズマ

イカルガの地にてカグラ、そして殿下と再会を果たす。
自身がテンジョウから五十五寸釘を託されたように、彼も殿下を託され護っていたことを知った。

五十五寸釘、事象兵器:烈天上が櫛灘の楔のコアであることを知る。
レリウスから楔は世界の魔素を止めるものであること、つまり下手をすれば世界を崩壊させるものだと知る。
またカグラから、それを託せるものを待つ役目を受けて、ワダツミ城下に潜む。
そして、烈天上と楔を託せるに足るものかを見定めるため、ラグナと戦った。

烈天上は現在稼働していないこと。中にはテンジョウの魂があり、それを起動できるのは
自分だけであることを理解し解放された世界中の窯から溢れる魔素を止めるため、
櫛灘の楔を起動させることに成功した。

ストーリー:セントラルフィクション

記憶に異常あり。カグラを裏切り者と思っていたり、テンジョウからの言葉も忘れている。
願望は「内戦のない世界」。
ただし、その願望を叶えるために誰かを犠牲になどしないと語りノエルを守ろうとしている。

またアラクネを破壊しようとするライチを止め、自身がそれをなそうとする。
愛するものを我が手で殺めるような悲しみは背負ってほしくないと。


補足・不明点など

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます