キャラクター

プロフィール

  名前:ハクメン
身長体重:208cm/115kg
 誕生日:不明
 血液型:不明
 出身地:不明
  趣味:不明
好きな物:秩序 / なし
嫌いな物:黒き獣
ドライブ:斬神(ザンシン)

概要

暗黒大戦時代に黒き獣を倒した六英雄のリーダー。
アークエネミー:斬魔・鳴神の所持者であり、その体はオリジナルユニットの一つ「スサノオユニット」。

正体は2199年にラグナを追い窯に落ち暗黒大戦時代に辿り着いたジン本人。
また本編中のハクメンは「ノエルがいない世界。カグツチの窯でツバキを喪ったジン」である。

ストーリー:暗黒大戦前後

2199年末に窯に落ちたジンが、境界を通って2099年末(黒き獣出現の直前)に辿り着く。
直前に兄ラグナがニューと共に黒き獣と化したところを目撃、その殺害を決意するものの
境界を超えたことで記憶は混濁し、躰も重体となって僅かに右腕だけが動かせる程度となってしまった。

それでも「黒を殺す」という思いだけは残していたところ、クラヴィスより
「このまま安静に生きるか人を辞めてでも戦い続けるか」を提示され戦うことを選択。
スサノオユニットを受け取り融合、「白きスサノオ」ハクメンとなった。

黒き獣に単独で挑むも敗北。リベンジに向かう中で後の六英雄と出会うことになる。
常に最前線で黒き獣に立ち向かい、大戦後は六英雄のリーダーと呼ばれるようになっていた。

大戦後は二度と黒き獣を生み出さないために、獣兵衛と共に世界中の窯を破壊する旅に出る。
しかしそれは、窯を確保し活用したい統制機構の思惑と反することになるため
英雄と呼ばれながら密かに統制機構から指名手配されていた。

ある窯にてテルミと再会。
怨敵を封じるため、自分諸共テルミを窯に引き摺り込んで獣兵衛に封印させた。

ストーリーイカルガ内戦前後

(境界内に封印されていたため登場せず)

ストーリー:カラミティトリガー

何十年もの間、境界内部に留まっていながら「自分」を保ち続けていた。
ある日、模倣事象兵器を搭載したテイガーを経由し、ココノエによってサルベージされる。
以降、ココノエの命令にも従わず、独断でラグナとニューを殺すために活動を開始する。

長い間境界にいたことで、その力は全盛期の2割ほどになっている。
(ココノエはサルベージした彼が弱体化しているのは自身の観測力の弱さだと思っていた)

目的たるラグナを見つけるも、ココノエの事象干渉によって強制的に連れ戻される。
トゥルーエンドではココノエの事象干渉を跳ね除けラグナに襲い掛かったが、
蒼の魔道書を起動したラグナを倒すことはできなかった。

ストーリー:コンティニュアムシフト

CT後、ココノエに捕まり第七機関内に連れ戻される。
ココノエの虚数演算拘束陣に捉えられていたが、レイチェルに開放してもらう。
更に彼女がココノエより上位の観測者となったことで、少しだけ元の実力に近づいている。

アラクネと出会い世界に不信感を持たっため、刻を斬ってアラクネに負けた世界を観測した。
これにより、タカマガハラが動いていることや、確率事象の世界にあることを確認した。

テルミやラグナたちを倒すため。六英雄が世界に残した異常を消し去るため。
そしてツバキを救うためにイカルガを目指すことに。

昔語り・贖罪

カグツチにてまさかのツバキとの再会。
ハクメンのファンとして舞い上がる彼女を見て「そのような一面もあったのだな」と感じていた。

昔語り。共に歩んだハクメンと「彼女」。しかし、ある事件をきっかけに彼は彼女の元を離れる。
自分のことだけを考えて行動してしまった結果、「彼女」はハクメンのために命を落とした。
彼女がハクメンに遺したもの。誰かのために戦うこととその意味、その勇気。
故にハクメンは強くなれた。だからこそ彼は、彼女の名を刻んだ技と共に暗黒大戦を戦い抜いた。
その技の名は「椿祈(つばき)」。

ストーリー:クロノファンタズマ

黒き気配を追ってイカルガへ。
ツバキを殺そうと(もしくは救おうと)したラグナを「彼女自身が呪縛から逃れなければ意味はないと止める。
またジンによる秩序の力に呼び出さされ、彼に「十六夜」についての情報を与える。

帝の事象干渉に誘導され、レリウスとテルミに依る無限回廊に閉じ込められる。
しかしアマテラスの事象干渉を利用し脱出、ファントム(ナイン)との再会を果たした。

滅日の開幕。タケミカヅチの襲来。
急行したハクメンは、ラグナの依頼によりモノリスの基部を壊すことに。
テルミの二重存在(ドッペルゲンガー)と出会い戦う。
トリニティが隙をついてもう一方の存在を攻撃、生まれた隙にハクメンが奥義を解き放つ。
劫魔滅殺、虚空陣奥義、刻殺。

テルミを倒したハクメンは、ジンと共にモノリスの基礎を破壊。ラグナらに希望を託した。

ストーリー:セントラルフィクション

目的は「この世界を終わらせること」。
彼自身はイザナミを斬ることができるが、理の外の存在故に意味がないという。

ハクメンとなったその日から、たとえ全てを犠牲にしてでも悪を断つと誓った。
エンブリオを消すためにイザナミを倒す。そのためにはノエルを倒す必要があり
そのためならイザヨイをも利用すると。
それでも、自らの原罪である「ツバキ」を再び殺すことなど、できなかった。

ニューの攻撃からツバキを護り、在りし日の過ちを償う。
しかし直後に、ヒヒイロカネを持ったテルミによって、ユニットを奪われてしまった。


補足・不明点など

黒き者

ラグナのことを黒き者と呼び、彼の命を狙っている。「凶(まがと)に繋がりし縁(えにし)」
正確には「貴様等黒き者全て」と発言している通り、対象はラグナだけではない模様。

また「久しいな、黒き者よ」と言ったハクメンに対して反論するラグナに
「吠えるな小僧、貴様に謂(い)った訳ではない」と発言していることから
更に正確には、ラグナ自身のことではないと思われる。たぶん蒼の魔道書(黒き獣の躰)のことか。

ノエルがいない世界のジン

ハクメンは、ノエルがいない/ツバキが秘書官となる歴史のジンである。
この事実が何かしらのキーになる可能性が示唆されているが、今のところは不明である。

レイチェルは、ハクメンがノエルを知らないことを聞いて非常に驚いていた。
何か思うところがあるようだったが。、それが何かは語らなかった。

またジンも、その歴史に「ハザマがいた」ということに対して何らかの疑問を持っている。
「本当にあの『ハザマ』なのか?」「では『あの時』のハザマは誰だ。あれが『テルミ』なのか?」
「ならば『ハザマ』は何処に居た?」と語ったが、こちらも詳細は不明。

本物?偽物?

勘違いされがちだが、本編に登場するハクメンは「ハクメン本人ではない」。
ハクメンの定着に「サルベージ」という言葉が使われたため誤解されがちだが
実際にはあくまで彼は「ココノエ(ないしレイチェル)によるコピー」である。

CPにて、セリカと同様に「存在を転写されて現世にいる」と発言している。
言わば「模写」だからこそ、彼は全盛期の2割程度しか力を有していない。
(ちなみに全盛期の戦闘を知るセリカは、一見で「全快でない」ことを見抜いていた)

境界で生き延びるハクメン

基本的に境界は、「通り抜けられるものではない」。
溢れる知識の奔流により存在そのものが流され分解されてしまう。
しかしハクメンは、暗黒大戦後から本編に至るまでの数十年を、境界で過ごしていた。

これについて「生体活動を維持」できていたのは、スサノオユニットの力であるが
出ることはおろか身動き一つとれない世界で、揺るがぬ意思を持ち続けられたのは
「彼」そのものの強さによるものである、とCTで描写されている。

「冥府の王(イザナミ)が貴様を呼んでいる」

CTにて、ハクメンがラグナに対して放ったセリフ。
後の作品で冥王イザナミが登場しており、ハクメンは彼女との因縁も示唆していることから、
この発言には何らかの意味があるかもしれない。

単純に「死ね」「地獄に落ちろ」といった意味で使っただけとも考えられるが……?

このページへのコメント

>現在の資格者
主人公らのうち数名なのか、縁があるラグナ君指定なのかは不明。とりあえず過去の亡霊かつ分霊もどきであるハクメンには資格はないようだ。

>事象いろいろ
この世界は多元世界的構図を持つ。ただしそれらは強い実体や過去未来の伴った強化な構造を持たずにループしたりしているようだ。

>イザナミが貴様を呼んでいる
立場上ハクメンがラグナとサヤの相関を考慮するとは考えにくいが、とりあえず後作を見る限り冥王イザナミはサヤの記憶・認識の片鱗としてラグナを招待し弄る気満々なため、その意向をいくらか察していた率はある。
売り言葉買い言葉の一環であった可能性も確かにある。

1
Posted by   2016年09月11日(日) 02:12:07 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます