キャラクター

プロフィール

  名前:レイチェル=アルカード
身長体重:145cm/31kg
 誕生日:10月31日
 血液型:不明
 出身地:トランシルヴァニア
  趣味:お茶(好きなお菓子はミルクレープとフィナンシェ)
好きな物:時間、マイセンのティーカップ / ミルクレープとフィナンシェ
嫌いな物:退屈、ピーマン
ドライブ:シルフィード

 ※トランシルヴァニアは西欧の地方国で、ドラキュラのモデルとなったヴラド3世の出生地。

概要

世界の傍観者。外周因子であり、元・境界の観測者(アマツムギ)にして、ツクヨミユニットの継承者。
クラヴィスが生んだ吸血鬼でアルカード家の現当主。
魔法を使うこともでき、特に転移魔法は十聖すら驚くほどの実力を持つ。

世界の「ループ」や「初期化と再構築」を知る数少ない人物の一人。
傍観者であるため、世界に直接かかわることは無く、ただ周囲にいるだけの「観客」だった彼女も
浅からぬ因縁のある帝の出現に伴い自身も「役者として舞台に立つ」決意をする。

ストーリー:暗黒大戦前後

元々幼い外見ではあるが、この時代では更に幼い姿で登場する。
初対面であるはずのラグナにウサギ呼ばわりされ不快感を示すも、窯の近くでは未来の知識を得て
いつもの彼女のようにラグナに接した。これは境界を通じて未来の知識を得たためだと思われる?

大戦中においては傍観者として、たとえ請われても人類の助けになるような行動は起こさなかった。
ただし、その時代に本来いない存在であるラグナに対しては、
助言を与えたり元の次元に返す手伝いをするなど干渉している。

大戦末期には父親であるクラヴィスが死亡したらしく、アルカード家の当主となっている。
彼女が当主となったことでアルカード城も薔薇庭園としての姿となり、昔の城を知る獣兵衛などは戸惑っていた。
またテルミを殺すため、獣兵衛にヒヒイロカネを渡すと共に、トモノリの眼球を義眼化して移植している。

大戦後、「未来の戦いに備えて」長き眠りにつく。

ハクメンとの関係

ループを超えられず、ラグナを負ってカグツチの窯に落ち、この時代に飛んできたジン。
境界を通ったことで体が破壊されていた彼に対し、スサノオユニットを渡してハクメン化させた。
(その理由は「そうでもしないとラグナが"再び"生まれないから」だとか。詳細不明)

この時のCGを見る限り、暗黒大戦時代のような「より幼い」姿ではなく、2199年時点での
レイチェルと同じくらいの姿に見えるが…?

ストーリー:イカルガ内戦前後

長年の眠りを超えて目覚める。
傍らには眠る前と同じく、しかし老齢となったヴァルケンハインがいてくれた。

あの日

テルミに腕を切断され死に瀕したラグナに「蒼の魔道書」を与え命を救った。
CT設定資料集では、ループの初回の頃に一度だけ彼の血を吸ったことと
その時と思われる話(吸血の提案後、蒼の魔道書入手前にラグナの右目が赤く染まった姿)が描かれた。

ラグナを獣兵衛に託すとともに、ときおりやってきて彼をからかうなど、その様子を気にかけていた。

ストーリー:カラミティトリガー

ラグナにカグツチを目指すよう示唆
以降は傍観者として世界を俯瞰し、たまにラグナにちょっかいを掛ける程度の関わりを見せていた。
またラグナがニューと共に窯に落ち、黒き獣となって世界がループするところを何度も何度も見届けている。

CTトゥルーエンドにて、ノエルによってラグナが救われた後、タケミカヅチからの砲撃を
ツクヨミユニットで防いだ。これにより世界はループを脱出、確率事象の世界へと進むことになる。

ツクヨミ

「ツクヨミユニットを使う」ということは、かなり重大な事象である模様。
ハクメンは「無茶をする。それがどういうことか解っているのか」と発言。
「やっと覚悟を決めたようだな」とも。
タカマガハラも「理由を求める」「ラグナにそれだけの価値があるとは思えない」という発言をしている。

ストーリー:コンティニュアムシフト

テルミに唆されたライチを諭したり、ノエルに説教するなど少しずつ表に出始めている。
またココノエが観測・捕縛していたハクメンの上位観測者となることで、彼の力をより引き出してもいた。

クサナギ製錬後、ファントムによって囚われるもラグナに救出される。
その時の帝との会話にて、二人は何かしらの因縁があることが示唆されている。

タカマガハラのループとは異なる「終わり」

バッドエンドにて。黒き獣となりハクメンらに打倒されたラグナの最期に対して
「私はまた、何もできなかった」「こうして終わりを見届けることしかできない」
「貴方が忘れていても私は覚えている」「次の世界で会いましょう」と話しかけた。

カグツチでのループとは異なる「世界の終り」があること。
その「終わり」を何度も見届けたかのような発言。


ストーリー:クロノファンタズマ

帝の出現を知り、傍観者の立場から役者として舞台に立つ決意をする。
ノエルの蒼の継承者としての力を覚醒させ、ラグナを過去に送ることで干渉合戦となっていた時間軸を
固定するなど派手に動き出す。またコロシアムでの戦い前夜の食事会に顔を出すなど、
堂々と「表」で様々な「役者」と触れ合っていた。

しかし、アマネの言うとおり「関わりすぎた」ことへの「しっぺ返し」を喰らった模様。
物語後半には得意の転移魔法すら扱えなくなるほどに弱っていた。

帝たちによる滅日、世界の初期化に対して、レイチェルは「ツクヨミでアマテラスを護る」ことを選択した。
その理由は、神還りとなり資格者が全て消えて世界が無に戻っても、
アマテラスの記憶から世界を再構築できるため、とのこと。

ストーリー:セントラルフィクション

記憶に異常はないが、舞台に立ったことで衰弱している。レリウスによれば「衰退期の吸血鬼」。
いずれ消滅してしまうことも覚悟の上で、残された時間でやるべきことをやると決意。

ナオトとラグナを見間違う。そのドライブ「ブラッドエッジ」を見て驚愕。
ラケルのことは知らないが「1分間だけ」体を貸して、ナオトと話をさせた。

新たな世界ではラグナの記憶は無いものの、その「誰か」を探している模様。


不明点・未解決事項

ラグナとの関係

ラグナをイブキドの窯から「ゼロ」に送った際、帝は「自らの観測対象を過去に送ったか」と語った。
またレイチェルはツバキに、ラグナが「殺されず」に「死んだ」場合は、自分を殺せば「悪」を止められる
と語った。このことから、ほぼ間違いなくレイチェルはラグナ(が内包する悪?)の観測者だと思われる。

またCT設定資料集にて、レイチェルがジンにスサノオユニットを渡したのは
「そうでもしなければラグナが再び生まれないため」と記載されていた。
たとえそれが「黒き獣が再来する」ことになろうとも、ラグナを望んでいたという。
なぜこの行動とラグナが結びつくのは不明だが、やはり彼女とラグナには何か深い関係がある模様。

生誕とその後

アルカード家の前当主であるクラヴィスによって「生み出された」存在であると小説によって語られているが
何のために生み出されたのかは不明。

また「外周因子」や「アマツムギ」となった経緯等については一切説明されていない。
また「傍観者」であった理由、ツクヨミユニットを「継承」した理由、イザナミとの関係。
そして彼女の目的……多くの不明点を持った、謎の深いキャラクターとなっている。

永き眠り

暗黒大戦後、彼女は「未来の戦いに備えて」長き眠りについた。
なぜ、そのような眠りが必要なのかについては語られていない。

ラケルとの関係

レイチェル自身はラケルを知らないことがCFで語られた。
しかし、そのドライブ「シルフィード」は、ラケルのドライブ「テンペスト」と同じだとナオトは語る。

ラケルに体を貸してナオトと語らせているが、これが誰でもできることなのか
それとも相手がラケルだから(&レイチェルだから)できることなのかは不明。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます