キャラクター

プロフィール

  名前:ν-No.13- (ニュー・サーティーン)
身長体重:155cm/45kg
 誕生日:12月31日
 血液型:不明
 出身地:第十三階層都市カグツチ
  趣味:ラグナのことを考える
好きな物:ラグナ
嫌いな物:すべて
ドライブ:ソードサマナー

 ※「誕生日」「出身地」は、素体として精錬完了した日と場所

概要

レリウスによって制作された第十三素体。
カグツチにて精錬され、ムラクモユニットとして完成した初の素体でもある。

黒き獣の心臓(コア)。躰であるラグナに対して執着しているが
彼以外に対しては素体として無機質・無感情に応対する。
彼女の望み通り二人が一つになったとき、黒き獣が生まれ出る。

ストーリー:暗黒大戦前後

(本来この時代に存在しないが、CTバッドで窯に落ちることでやってくる)
2199年末、ラグナと共にカグツチの窯に落ち融合。
黒き獣となって2099年末に飛び、暗黒大戦を引き起こすこととなる。
獣の中にニューとして存在していたが、2200年からやってきたCPラグナに倒された。

ストーリー:イカルガ内戦前後

レリウスによって素体No.13として制作される。肉体はサヤのクローン。
内戦時、事象兵器精錬実験の材料としてほかの無数の「素体」と共に使われたが
ココノエの魔法から唯一逃れていた。それを見たレリウスは「やはり十三が優秀か」と発言している。

内戦後に統制機構に回収され、調整のうえでカグツチへと運ばれた。
(設定資料集のSSによれば、彼女がカグツチへと運ばれる件にはハザマが絡んでいた)

ストーリー:カラミティトリガー

カグツチの窯から出現。精錬が終了し、ムラクモとして覚醒した初の完成品。
他の素体たちの記憶を共有しており、過去2回ラグナに破壊されたことを知っていた。

ループではラグナ諸共窯に落ち融合、黒き獣となって2100年へ飛ぶ。
トゥルーエンドでは、ノエルがラグナを救ったことで一人窯に落ちて消滅した。

製錬前の彼女

CTストーリーは、製錬前の彼女が境界(蒼)の中で見ていた夢として語られた。
白い世界で金髪に白い服を着た少女の姿(おそらくノエル。彼女の夢に出てきた鏡の中からの視点)
自由な猫と戯れたり、青空の下を散歩する。叶わぬ夢。

ストーリー:コンティニュアムシフト

窯に落ちた彼女の魂がココノエによってサルベージされ、ラムダに搭載されている。
ココノエによって記憶は消されており、ニューとして立ち振る舞うことは無かったが
ラムダとしてラグナを庇い死亡する直前、ニューとしての記憶を取り戻していた。

ファントムの魔法により作り出された異空間内にて、彼女の「影」が登場しラムダと相対している。
ラムダの死後、魂は境界へと還ったが、「冥王の剣(イザナミノツルギ)」として自ら再構築に入った。

ストーリー:クロノファンタズマ

冥王の剣として復活。
テルミの命令に従い再調整されながらも、ラグナを求めて活動する。

テルミの姦計によってノエルと同化することになる。
ノエルとの戦いを通して彼女を「観測。その後に白い部屋、白いノエルと相対。
彼女が鏡の向こうにいたニューを自分として認識した結果、二人は同化する。
同化によりニューは「蒼の継承者」としての力を手に入れた。

蒼の継承者として天ノ岩戸を開き、アマテラスを降臨させる。
更に帝の命令によりタケミカヅチの中に入り込む。その中にいた彼女はノエルの口調だった。
タケミカヅチの中でラグナと戦うも敗北。彼に庇われるも帝の指示により彼を攻撃した。

エンディング以降の動向は不明だが、帝(イザナミ)から「余の剣」と
呼ばれているため、彼女に付いていると思われる。

ストーリー:セントラルフィクション

タケミカヅチを取り込んでおり強化されている。
目的は「ラグナとの真の融合」。願望は「このくだらない世界を壊し続けること」。
そのために事象兵器を取り込もうとしていた。

創造主たるレリウスに逆らってでもラグナに会いたい。
彼女は素体の姉妹ではなく「個」として確立しており、レリウスも興味を持った。

ED後の新たな世界では、教会のベッドで絶望の眼差しを見せていた。
その理由は不明だが、大好きなラグナがこの世界ではいないためなのだろうか。


補足・不明点

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます