キャラクター

プロフィール

  名前:冥王・イザナミ
身長体重:不明
 誕生日:不明
 血液型:不明
 出身地:−
  趣味:ジグソーパズル
好きな物:世界
嫌いな物:ラグナ=ザ=ブラッドエッジ
ドライブ:エクソダスアーク

概要

統制機構のトップである帝として登場。

その正体は冥王イザナミ。この世界の「死」が具現化したもの。神の座に名を連ねるもの。
存在自体が「死」であるため殺すことは不可能。永遠に「在り」続け、世界を死へと導く存在。
その実力は強大で黒き獣レベル。全盛期の六英雄全員で挑んでも「希望が持てる」程度でしかない。

アマテラスのドライブ。
アマテラスが持つ創造の力に相反する力として生まれた「死」。
故にアマテラスが作り出したこの世界を破壊し、全てに死を与えることが目的。

サヤ

イザナミは「あの日」テルミによって拐かされたサヤの肉体を器としている。
その体は「魔素の結晶」であるため、クシナダの楔で「肉体を滅ぼす」ことは可能。
ただしイザナミ自体は「死」であるためを「殺す」ことはできないとされている。

サヤの魂の半分が器に残っていたこともあり、ラグナに対するサヤの執着を残している。
外見はラグナたちの妹としての「サヤ」よりも、ナオトの妹の「サヤ」に瓜二つ。
ついでに料理の腕は、マイが認めるほど「ノエルと同等」だとか。


ストーリー:暗黒大戦前後

(登場しない)

ストーリー:イカルガ内戦前後

「あの日」にテルミが拉致してきたサヤの体をレリウスが「器」とする。
統制機構が秘匿している場所にて、内戦の犠牲者たちを取り込む棺の中で眠っていた。
その目覚めのために大量の「死」を生むことが、イカルガ内戦の目的だった。


ストーリー:カラミティトリガー

(登場しない)

ストーリー:コンティニュアムシフト

ストーリーの最後に登場。
ファントムを侍らせ、光を失ったツバキを拾い、カルルやライチらと共に姿を消した。
後にテルミから「この時にラグナを殺せたはず」「なぜ殺さなかった」と追及されている。

またテルミがタカマガハラシステムを無効化したことにより、タカマガハラを掌握。
蒼の継承者以上の事象干渉を可能としている。

彼女の外観は確かにサヤにそっくりだが、髪や眼の色などが異なっている。
にも関わらず、ラグナやジンが彼女を妹だと確信していた。その理由は不明。
(小説では「何故かは分からないが確信できる」と描写されている)

ストーリー:クロノファンタズマ

ついに前線へ。干渉領域を変え、イカルガ全体を自身の事象干渉下に収めている。
この事象干渉により、イカルガにいる人は攻撃的になっている模様。

ラグナに執着しており「"兄さま"が自分の下に来るなら、テルミの首をくれてやる」と発言している。
それが肉体の影響であることは帝自身は理解している模様。

アマテラスを殺すため召喚したタケミカヅチを利用しようとしたが、レイチェルたちに阻まれた。
しかし帝の本来の目的である「エンブリオ」を、タケミカヅチを依代として精製。
ラグナの「獣」を暴走させたのち、再度姿をくらました。

ストーリー:セントラルフィクション

「蒼の欠片」を持ち、願望を叶えようとする資格者たちを待ち受ける。
辿り着いたものにその蒼を与え、その願いは叶わない元凶の存在を告げていた。

彼女自身の願望は「ラグナがノエルを殺して新しい世界を作ること」だったが
どうあってもラグナがそうしないため諦めてしまった。

これまでにタカマガハラを使った干渉、タケミカヅチの召喚、エンブリオ起動など
並外れた術の行使を続けた結果、その器は限界に来ているという。


補足・不明点

謎の能力

「速度」を早める能力を使う模様。
同じ技をレリウスにも授けているらしく、レリウスはそれを使ってジンを圧倒した。
その他、様々な能力を行使するが、ジンによればそれは「魔法じゃない」らしい。
当然ながら術式や科学でもないと思われるが、その詳細については語られていない。

呼称

タケミカヅチを「忌まわしき死の杯」と呼ぶ。
またミューのことを「余の剣(イザナミノツルギ)」と呼んでいた。

いずれも、なぜそう呼んでいるのかの理由については語られていない。

ヤサカニノ禍魂(まがたま)

CFにて参戦した彼女が持つ特殊ユニットが「ヤサカニノ禍魂」だとされている。
元ネタはもちろん、日本神話における三種の神器のひとつ「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」だろう。

三種の神器は、神話においては天照大神が邇邇藝命に給わしたとされるもの。
BBにおいても同じ神器であるクサナギノツルギは「アマテラスに到達できるもの」とされているが
彼女の勾玉もアマテラスとの関係はあるのだろうか……

このページへのコメント

基本的には某王道作品の重要敵対者たる(カー○ィス+魔神王○ィーナ)/2に見えなくもないが、どうやら何者かにより作られた存在であるようだ。実力ヒエラルキーも含め詳細不明だが人類上限列よりは明らかに上のほうにいる。

>忌まわしき〜
予測としては、単にスッキリ終末に対応するイザナミにとって、破壊的にそれらを撒く化け物は本来は流儀の違い的に鬱陶しい代物であるとか、そんなところではなかろうか。もう少し細かい話は出てくるかもしれないが。

>イザナミノツルギ
予測としては、自身の「肉体の」クローンかつ丁度外部で仕事するための端末であるため、その様(復活後の対輝神適正も考慮)をして洒落た表現で「余の剣」と呼んでいただけという辺り。正確には「クサナギノツルギとしての役割をイナザミ自身のためにハッキング活用する気満々」であることの提示だという予想。

0
Posted by   2016年09月11日(日) 02:36:52 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます