キャラクター

プロフィール

  名前:テイガー(TR-0009)
身長体重:240cm/550kg
 誕生日:11月23日(改造された日)
 血液型:天然オイル
 出身地:不明(記憶にない)
  趣味:ボトルシップ
好きな物:ココノエ(生みの親) / 推理小説
嫌いな物:塩水
ドライブ:ボルテックバトラー

概要

巨大かつ赤い体をし、大きな牙を生やした男。第七機関に所属しココノエに付き従う戦士。
イカルガ内戦時代に活躍した存在で、統制機構の間でも有名となっている。

内戦時代、ある戦闘で重傷を負った際に、ココノエに改造されることで命を取り留めたサイボーグ。
傷を癒すために「鬼の遺伝子」を植え付けられ、またそれでも修復できなかった体の内外を機械で補っている。
重傷を負ったためか改造のせいか、それ以前の記憶を失っている。
また体内にはココノエ謹製の「模倣事象兵器」が搭載されており、限定的なココノエの「眼」としても活動する。

見た目に反して性格はBB世界でもトップクラスの紳士。
基本的にココノエの命令を遵守するが、女性に対する心遣いも忘れない。
意外とミーハーで、武人として六英雄であるヴァルケンハインと出会った時には思わず喜び、
手合せを申し込んだ。同じ六英雄のハクメンに対しては不遜なように見えるが、ココノエの命令を
除けば尊敬の念を持っておりハクメンも彼のことはは武人として認めている模様。

鬼の遺伝子を植え付けられる前の彼はけっこうなイケメンだったらしい。なにその完璧超人。

体に追加された機能

【模倣事象兵器】
 科学的に作られたアークエネミーの試作版。これにより彼はココノエの「眼」として活動できる。

【暗視スコープ】
 暗視モードがついているらしく、暗闇の中でも周囲を視認することが可能。
 イブキド跡地の窯にて、ゴミの山に埋もれていた第十一素体を発見した。

【自動認識システム】
 周囲にいる人間を自動的に認識・把握する模様。雑踏の中に紛れていたライチを発見している。
 恐らくだが、彼が「蒼」を検知しているのもこれだと思われる。

鬼の遺伝子

詳細不明。イカルガには「鬼」と呼ばれる異形の存在がおり、恐らくその遺伝子のことだと思われる。
人間にその遺伝子を埋め込むと、重症すら癒すと同時に外見も「鬼」のように変貌し、その力を得るのだが
力に耐えられないのか割とよく死ぬらしい。テイガーはたまたま受け入れられた。

ストーリー:暗黒大戦前後

(登場しない)

ストーリー:イカルガ内戦前後

ナオビにてニルヴァーナが発掘され、統制機構に輸送されるところを急襲する部隊に参加した戦士。
なおCTにてココノエは、記憶を失ったテイガーに対して「どこぞの調査部隊の隊長だった」と発言している。

その作戦は成功したが部隊は全滅。彼は唯一生き残るも重傷を負っていた。
そこをココノエの治療(改造)によって命を救われたのだが、それ以前の記憶を失っていた。
手術の際、ココノエに「自分を探すものが現れても、自分の情報は与えるな」と残した。
自分を追うもの、バレットが何も背負わなくて良いように。

自分を救ったココノエを「是」とし、以降は彼女の部下として付き従うことになる。
ココノエとレリウスによる事象兵器精錬実験(黒き獣の精錬)にも関わっていたが、テイガーとして稼働した
直後であったこともあり、また重傷を負って記憶域にエラーが発生したことで、その時のことも忘れている。

※CSストーリーでは、ハザマと「再会」したことにより、その時の記憶を取り戻しそうになっていた。
 『あの時私は何を見た、緑の影?いや違う、もっと重要な…事象兵器、そうか、アレはコレのために
 仕組まれたのか。貴様等、これは人のすることではないぞ、これは戦いではない生贄だ』と発言している。
 詳細不明。

その後は狭間(境界表層部)にいたハクメンを発見しサルベージしたり、イブキドの窯にて
放置されていた第十一素体を回収したりしている。なおCTアーケードのニュー戦で
「この感覚、覚えがあるぞ!あれは確かイカルガの―くそっ思い出せん!」と語っている。

また第七機関によるアズラエル捕獲作戦にも参加。
確保に成功したため、ココノエと共にアズラエルの標的となってしまっている。

ストーリー:カラミティトリガー

ココノエの命令により、脱走したハクメンを回収するためカグツチへ。
機械式転移装置をカグツチの各所に仕掛けていた。
道中、元同僚であるライチを発見するも、その紳士力で見逃してあげたりしている。

ストーリー:コンティニュアムシフト

カグツチでの指令を終えての帰還中、蒼の継承者となったノエルを確保したいと考えた
ココノエの指示によりとんぼ返り。
またラムダの動作試験確認&回収係としてラグナの前に現れている。

また統制機構内の協力者であるマコトと内通し、情報をやり取りする姿が描かれている。
結果としてマコトを通じ、ノエルを確保することに成功。二人を連れて第七機関へと向かった。

ストーリー:クロノファンタズマ

ノエル&マコトを連れて第七機関へ向かう途中、襲撃されたココノエからの指示によりイカルガへと進路変更。
マコトと親子のふりをしてイカルガ連邦の魔素濃度を調べたり、コロシアムで不可視領域を作るなど
相変わらず裏方として活動していた。

作中唯一の見どころは、3秒間だけ時間を貰ってアズラエルに腹パンするシーンくらいか。
滅日以降については語られていない。

ストーリー:セントラルフィクション

記憶が改竄されている。またバレットを部下として普通に扱っている。
テイガーの記憶では、ココノエに仕えたのは2185年から。
しかしココノエが境界に保存していたバックアップデータは2183年からとなっていた。

この世界では記憶を持たないが、部隊の隊長として今は部下のバレットと共にいる。
内戦で重傷を負い、ココノエによってサイボーグと化し、その後ココノエの部下になっているのは変わらない。

補足・不明点など

バレットとの関係

さて、果たして彼は「バレットの所属していた傭兵団の隊長」なのか。
結局CFにおいても、それが「確定」することは無かった。
(Acit.1で隊長と部下になっていたのは願望世界での話なので確定ではない)

それでもテイガーが、テイガーとしてバレットに語った言葉。
「もし私がその隊長だったなら〜」。
きっとそれが、彼らの真実なのだろう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます