Xcode6 Swift Wiki

コードを使わずに、StoryBoard上で設定するやり方

〜移アクションを起こすオブジェクトを選択(通常Button)

右クリック押しながら遷移先のUIViewControllerへ紐付けする



コードで画面遷移するやり方(Timerを使い一定時間後遷移実行する時等に便利)
let storyboard:UIStoryboard = UIStoryboard(name: "Main", bundle: nil);
        
let next:UIViewController = storyboard.instantiateViewControllerWithIdentifier("Storyboard ID")
    as UIViewController;
        
next.modalTransitionStyle = UIModalTransitionStyle.CrossDissolve;
        
self.presentViewController(next, animated: true, completion: nil);

上記のコードを各自編集するべき点

StoryBoard ID (必須)
遷移先UIViewControllerのStoryBoardIDを入力する。※関連付けされたクラス名ではない
Use StoryBoard IDにチェックを入れることを忘れないように

Main
標準ではMain.StoryBoardが生成されます。このまま使うのであればMainで問題ない
Sub.StoryBoard等だったら書き換える必要がある

CrossDissolve
アニメーションスタイル トランジションを指定する
種類は下部に記載している

animated: true
アニメーション効果を無くして瞬時遷移する場合はfalseにする
falseにした場合はトランジションで指定したスタイルはスルーされる

Segue種類
Push
Modal(標準)
Custom

Transition種類
Cover Vertical(下から這い上がってくるような)
Flip Horizontal(パネルがひっくり返るような)
Cross Dissolve(黒くフラッシュするような)
Partial Curl(ページをめくるような)

Animates
チェックを外す(false)と一瞬で切り替わる
遷移する際にアニメーションを有効にするか無効か

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!