Xcode6 Swift Wiki

CoreData保存
(Documents/sample.dat)が存在しない場合新規作成される
既に存在している場合は内容が上書きされる
//CoreData-Document/sample.datにtest1~3を保存
//保存先
//Documentsまでのパス取得
let paths1 = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(
.DocumentDirectory,
.UserDomainMask, true);
//Documentsまでのパスにファイル名"sample.dat"を付与
let path = paths1[0].stringByAppendingPathComponent("sample.dat");
// 保存するデータKey:Valueの形式
//Keyには判断元となるテキストを入力しValueには保存しておくデータ
var user = [
"test1": "A",
"test2": "B",
"test3": "C",
]
// NSKeyedArchiverクラスを使ってデータを保存する。
// 第一引数に保存するデータ、第二引数にファイルパスを渡します。
let success = NSKeyedArchiver.archiveRootObject(user, toFile: path);//保存
if(success){
//保存成功
}


CoreData読み込み
var val1 : String = "";//読み込んだ値を格納する変数
var val2 : String = "";
var val3 : String = "";
//Documentsまでのパス取得
let paths1 = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(
.DocumentDirectory,
.UserDomainMask, true);
//Documentsまでのパスにファイル名"sample.dat"を付与
let path = paths1[0].stringByAppendingPathComponent("sample.dat");
//println(path);
var isDir : ObjCBool = false;
if NSFileManager.defaultManager().fileExistsAtPath(path, isDirectory: &isDir){
}else{
//ファイルが見つからない
return ("null","null","null");
// println("not found");
}
// NSKeyedUnarchiverクラスを使って保存したデータを読み込む。
let userData = NSKeyedUnarchiver.unarchiveObjectWithFile(path) as [String:String]
for (key, value) in userData {
if(key == "test1"){val1 = value;}
if(key == "test2"){val2 = value;}
if(key == "test3"){val3 = value;}
}
return (val1,val2,val3);
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!