Xcode Wiki - アラートの表示
var alert = UIAlertView();
alert.title = "タイトル";
alert.message = "メッセージ";
alert.addButtonWithTitle("OK");
alert.show();

alert.addButtonWithTitle("OK");
これが無いと、消えないアラートとなりますので注意が必要


エラー文サンプル
var alert = UIAlertView();
alert.title = "Error";
alert.message = "その名前は既に使用されています";
alert.addButtonWithTitle("OK");
alert.show();


アラートアクション

func showAlert(){
var myAlert: UIAlertView = UIAlertView();
myAlert.delegate = self;
myAlert.title = "Error";
myAlert.message = "データの読み込みに失敗しました";
myAlert.addButtonWithTitle("キャンセル");
myAlert.addButtonWithTitle("リトライ");
myAlert.show();
}
func alertView(View: UIAlertView!, clickedButtonAtIndex buttonIndex: Int){
switch buttonIndex{
case 0:
NSLog("キャンセルが押されました");
break;
case 1:
NSLog("リトライが押されました");
break;
default:
NSLog("Default");
break;
}
}
押されたボタンのインデックス(buttonIndex)で判断して分岐処理をしている