381 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 13:44:39 ID:J0jsMjMo0
 
               /i、     ,ィ!
              // ヽ   /,イ|{
               //  ヽ_.//  }|
            //ィ≦:::::{i:::!/ミx、 ||       はい、こんにちわ。
           マ∨.::::::::::::マ::リ:::::::ム}.|ィ
          /彡.::::i:::::::::::::マ:::::::::::::|リァ
          〈 リ{:::::::|::::::::::::::::::::}::::i::::}!ヽ、     ルール纏まったよー。 張っておく。
          \从::::|:::;:::::::::::::::::|}:::}‖/
           {从:::i:::';::::::::::::::j:j:::/ィ
            ゙、从::::':::::::::::/:‖
             ーi マ:::::::::/ノ{!ヽ
             ,,ィ≦三三三≧
           _,,ィニニニニニニヽ
        _,,、イニニニニニニニニヽ、
        {ヾニニニニニニニニニニニ}i、
        }ニ≧ヾニニニニニニニニニ/イ
        i|ニニニiニニニニニニニニ/ニ!
        !ニニ}ニニニニニニニニ{ニニ{
 
382 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 13:48:25 ID:J0jsMjMo0
 
     ▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──────――▼
 
       基本的な判定方法について
 
       1.トリップに数字を仕込みます
 
       2.安価先で数字を提示して貰います
 
       3.その数字とトリップの数字を足した後の下二桁の数字が、判定の成功率以下ならば成功、
         それより上ならば失敗となります。
         00の場合はファンブル、01の場合はクリティカルです。
 
     ▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──────――▲
 
383 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 13:49:40 ID:J0jsMjMo0
 
     ▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──────――▼
 
      ◎基本的な進行ルール
       1日1ターンのターン制で進行します。
 
      (1)基本的なターンの流れ
       1ターンの流れは次のとおりです。
 
        ランダムイベントターン・・・ランダムイベント表を処理します。
            ↓
        準備ターン・・・任意の行動を1回行い、結果を処理します。
                  主人公以外の組も何かしらの行動を行います。
            ↓
        コミュターン・・・知人と情報交換や交渉、場合によっては戦闘を行います。
                  主人公以外の組も場合によっては何らかの接触を行うこともあり得ます。
            ↓
         以上で一ターン終了
 
 
      (2)準備ターンの行動
       準備ターンに出来る行動は、次のとおりです。
        1 情報収集
        2 使い捨て礼装の作成
        3 霊地休息
        4 魂喰い
        5 他陣営の襲撃
        6 移動
        7 その他
 
 
      (3)各行動について
 
       1 情報収集(基本成功率50%)
         ライバルの動きや拠点等の様々な情報を入手する。
         情報収集の基本成功率は50%。収集項目は以下──
         A 全て陣営の居場所のみ。居場所だけなので【隠蔽スキルの対象外】となります。
         B 特定の陣営一つに絞った調査
         C その他 (何を調べるかも記述)
 
       2 使い捨て礼装の作成(1ターンごとに下記の礼装をいずれか1枚)
         基本成功率は「マスターの【魔】」×2です。
         1ターンの符作成で4種類のうち任意の一枚の礼装を1回分増やします。
 
        A 魔宝石・・・MPを「20点」回復します。使い捨て。
        B 必勝符・・・自陣の最終勝率に「+5%」の補正を与えます。使い捨て。(重ねがけは6回まで)
        C 水晶球・・・情報収集に「+15%」の補正を与えます。重複可。ただし、情報判定に失敗すると一つ破棄されます
        D 透視鏡・・・消費することで戦闘結果以外の%判定を1度だけ振り直す事ができる。
 
       3 霊地休息
         何も行わず、霊地で「MP」を回復させます。
         回復量は霊地の格に準じます。
 
       4 魂喰い
         人間を襲い、その生命力=魔力を喰らい、魔力を大幅に回復します。
         魂喰いに成功すると、MPが「100点」回復します。
         魂喰いを行う場合、各陣営は50%の確率(情報収集判定扱い)で察知します。
         察知した陣営は任意で介入を選択することができます。
         誰も介入しないか、介入された結果勝利した場合に限り、魂喰いは効果を発揮します。
 
       5 他陣営の襲撃
         他陣営を襲撃し、戦闘を行います。
         ただし、特定の陣営を襲撃する場合は所在地を割り出している必要があります。
         なお、ランダムで適当に襲撃を行うこともできます。
 
       6 移動
         読んで字の如く、任意の拠点に足を運び移動することができます。
         誰も居なければそのまま霊地を確保し、自身の拠点にしても構いません。
         ただし、先客がいた場合は交渉や戦闘が発生するかもしれません。
 
       7 その他
         1〜6に該当しない行動はこちら。
         GMが可否を裁定します。
 
 
     ▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──────――▲
 
384 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 13:49:53 ID:J0jsMjMo0
 
 
          【準備ターンの補足、敵陣行動、行動順等】
 
 
     ▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼
 
        他陣営の行動は、自陣営の行動後にスレ主が処理します。
        判定に関しては魂食いの隠蔽など、重要なもののみトリップ判定。
        残りはスレ主が手元でダイス判定をして行います、時間の簡略化の為です。
 
 
        「襲撃」や「魂喰い」が行われた場合の行動順としては、
        「主人公の襲撃以外の行動」→「他陣営の魂喰いが露見した場合の介入」→
        「他陣営の行動」→「自陣営の襲撃」→「他陣営の襲撃」の順で処理を行うものとします。
 
        また、歯抜していたらしき「戦闘敗北後、敗北した後に撤退に成功したケース」
        これについては撤退した側が、敗北した場所以外の霊地一つを選び、そこへ移動という形になります
        尚、その場所に他陣営が入れば「交渉が開始」、その結果次第では戦闘もありえます
 
     ▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲
 
385 :名無しのやる夫だお:2014/03/02(日) 13:54:37 ID:P1rnSYIY0
  夢見はターン始めなのかな?相手指定とか必要ないのだろーか?
 
386 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 13:54:48 ID:J0jsMjMo0
 
     ▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──────――▼
     【戦闘ルール】
 
 
     <戦闘に使用するデータ>
 
       基本的に戦闘には【メイン一名】【サブ二名】の最大三名までのキャラクターが参戦することになります。
       「メイン戦闘キャラの数値+サブのキャラの数値合計/2(切り上げ)」が戦闘で使用する『戦力』となります。
       戦闘に参戦しないキャラクターは「タイミング:常時」のスキルのみ、使用することが可能です。
 
       戦闘の基本は、彼我の「『戦力』の数値差+スキルの効果」を加味した上での【ダイス勝負】となります。
       使用するパラメーターは【筋】【耐】【敏】【魔】【運】【宝】の6つのうちから、3つを相互に決定して使用します。
 
     <戦闘の手順>
 
       『セットアッププロセス』
       1.双方のステータス確認後、メインサブの決定。
       2.「タイミング:セットアップ」のスキルを使用。
        (GM操作側陣営が使用→安価操作側陣営が使用の順で行うこと)
 
       『メインプロセス』
       1.【使用パラメーター】1つをプレイヤー側が決定。
       2.【使用パラメーター】1つをGM側が決定。
       3.最後にダイスでランダムに使用するパラメーターを残り4つから1つ決定。
       4.彼我の3つの【戦力値】を比較し、<戦闘結果表>から勝率を計算。
       5.各メイン発動スキルの効果を確認。
        (GM操作側陣営が使用→安価操作側陣営が使用の順で行うこと)
 
       『クリンナッププロセス』
       1.「タイミング:クリンナップ」のスキルを使用。同時に令呪によるブーストの有無を確認。
        (GM操作側陣営が使用→安価操作側陣営が使用の順で行うこと)
       2.以下の<戦闘判定表>にのっとり勝率を計算。
       3.最終的に勝率が0%以下または100%以上でなければ、ダイス判定で勝敗を決定します。
 
 
     <戦闘判定表>
 
       3戦力の劣位 =確定敗北
       1引分、2劣位 =1〜20 で勝利(=20%)
       1優位、2劣位 =1〜30 で勝利(=30%)
       2引分、1劣位 =1〜40 で勝利(=40%)
       戦力引き分け...=1〜50 で勝利(=50%)
       2引分、1優位 =1〜60 で勝利(=60%)
       2優位、1劣位 =1〜70 で勝利(=70%)
       2優位、1引分 =1〜80 で勝利(=80%)
       3戦力の優位 =確定勝利
 
      ※合計戦力が1大きいごとに、勝率+1%、低い毎に−1%。
      ※両陣営の最大レベルを比較。高い方に「高い方のレベル−低い方のレベル」%の勝率補正が付きます。
 
     ▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──────――▲
 
387 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 13:55:13 ID:J0jsMjMo0
 
     ▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──────――▼
      <消費魔力の確認>
        各英霊(サーヴァント)は強力な力を有する代償として、活動に要する消費魔力が存在します。
        ターン終了時および戦闘終了時に消費魔力を確認し、供給不足があればキャラクターシートに記載します。
        計算方式については以下の記述を参照。
 
      <貯蔵魔力>
        サーヴァントにはそれぞれ「貯蔵魔力」が設定されています。
        「貯蔵魔力」は「一律100」点を上限として、最大まで保有した状態で召喚されます。
        サーヴァントは戦闘や宝具の使用、あるいは現界を維持するだけでこの「貯蔵魔力」を消費していきます。
        消費魔力の計算、及び供給不足によるペナルティに関しては以下を参照。
 
      <消費魔力の計算方法>
       サーヴァントがターン中に【戦闘を行わなかった場合】は、ターン終了時、
       「マスターの【魔】+【聖杯からの供給:20】−契約しているサーヴァントの【レベル】」の計算を行い、
       その計算結果をサーヴァントに設定してある「貯蔵魔力」に加算します。
       (つまり計算結果が正なら貯蔵魔力は増え、負なら貯蔵魔力は減っていきます)
 
       【サーヴァントがターン中に戦闘を行った場合】は、
       戦闘終了時に「英霊のレベル−20」だけ「貯蔵魔力」から消費されます。
       別途宝具/スキルを使用した場合は更に「MP」から差し引いていきます。
 
 
      <「魔力供給不足」によるペナルティ>
       「MP」が「−20」蓄積するとごとに、英霊のレベル以外の各パラメーターは「−10」されます。
       このペナルティは累積します。(ただしパラメーターは0以下にはならない)
       この「MP」のマイナス値が「−100」に達した場合、その時点で英霊は消滅します。
       なお、消滅タイミングはターン終了時か戦闘終了後となるため、相討ち覚悟の全力戦闘は可能です。
 
 
     ▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲
 
388 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 13:59:27 ID:J0jsMjMo0
 
     ★特殊ルール:【理解】について
 
     基本的に使い魔による透視・サーヴァントの視界を使用した透視でも真名・スキルの看破は可能です。
     但し、【自分の視点で行わない透視(上記やその他)】の場合、成功率は【10%】固定となります。
 
     ○理解 によるスキル決定は準備ターン開始時に行い、それまでは【以前のターンに装備していたスキル】のままとします。
 
     対象との遭遇・コミュによる判定は【遭遇・コミュ終了時】に行い、この判定後+【10%】されます。
 
     Q:つまり?
     A:引きこもってもいいけど確率は上がらないよ!
 
389 :名無しのやる夫だお:2014/03/02(日) 14:00:25 ID:VwvyyRsY0
  ひきこもりでも10%確保されてるのは色々やべえw
 
390 :名無しのやる夫だお:2014/03/02(日) 14:01:50 ID:P1rnSYIY0
  ひきこもりプレイしたいな〜
 
  隠れて斥候とかできる組み合わせなのだろうか?
 
391 :名無しのやる夫だお:2014/03/02(日) 14:02:33 ID:VwvyyRsY0
  そうか、鯖が接触しても+されるなら鯖に斥候させりゃいいのか
 
393 :名無しのやる夫だお:2014/03/02(日) 14:10:05 ID:WAqOoVj60
  ヒキコモリ健康法
 
394 :名無しのやる夫だお:2014/03/02(日) 14:10:14 ID:P1rnSYIY0
  理想としては一回勝って優勝やなw
 
392 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:09:26 ID:J0jsMjMo0
 
                  .∧    |ヽ.
                 /  ヽ   |  ヽ.
                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、. |    後は……黒髪か金髪か、か。
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::\ゝ
              //, '/厶イ ト、:::ハ::::::::::::ヽ
              〃 {_{'´ |:::/ `ヽリ| l │ i|ヽ 被るとアレだしどっちでもいいけどどうしよう。
              レ!小l● .}/   ● 从/ ̄゛i/
               ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃|   |
               v.ヘ         |___/
                /⌒l,、 __, .イァト|/
     .          /  /::iv--v'i::i::i::i::i::iヽ
               |  l::i::i::i::i::i::i::i::i::i::i::i:::i
 
395 :名無しのやる夫だお:2014/03/02(日) 14:11:55 ID:P1rnSYIY0
  >>392
  先生!プレイヤーとしては意味不明ですw
 
396 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:17:08 ID:J0jsMjMo0
 
                  .∧    |ヽ.
                 /  ヽ   |  ヽ.
                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、. |
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::\ゝ     だろーね。
              //,'/厶イ::::ト、:::ハ::::::::::::ヽ
              〃 {_{ ノ |:::/ `ヽリ| l │ i|ヽ   どうするかな。 軽く導入だけやっておくか。 安価は無いし。
              レ!小l● .}/   ● 从/ ̄゛i/
               ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃|   |
           /⌒ヽ__v.ヘ  ゝ._)     /⌒i !
           \ /::i::i::i::i:ヽ,、 __, .イァ/  /
     .        /::i::i::i::i::i::i::iv--v'::i:{ヘ、__∧
            `ヽ::i::i::i::i::i::i::i::i::i::i::i::ヾ:::彡'
 
397 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:20:51 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄? `ヽ
                           |   ―――――――それは、今から七十年ほど前の話だ。 |
                           ヽ________________________ 乂_
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     .
 
398 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:24:14 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                     |  斜陽の時代、後に「第二次世界大戦」と呼ばれる事となる地獄、その前夜。 |
                     ヽ_______________________________ 乂_
 
 
 
                    ,:'‐:- ..,_,:'"     """   _,:'‐:- ..,_,:'" ヘ,__ \ ,-`‐:、l :|^(,)| ・ ̄・ ̄・:|\..,,:::::::'''
                    ,'::=:'' :=:;'         /ii三ニ:ヘ ,:=:;'    !_|\ \ヾ 、ヾ、!^_,r―‐、―、―‐:、.\     ""
                   :i::=:: ::=::i;       __r(C), ・−)、 :i     ',:!:;!;|\ \l‐‐く\` ====='\.\
                   __ ,,..、-‐、=," ̄ ̄,i` ‐ -- ‐'' ;i.、.._..   ヾ゙ '!:;!;|\ \‐ \\__\__\__\.\ """
          ゙        ""  |:,:-‐:r' i''ii´ ̄`ii`!:    '、`_'' ― ''",!  `:,  ゙  ヾ゙ '!:;!;|\ \__`く_| ヾミミミミミミミミヽ,_\
         """  ""      |:|   l ヾ‐¨‐¨‐''         ̄      ::i       ヾ゙ '!:;!;|:ヽ.:',. ̄ ',' l~r;‐; ̄‐ ̄― ̄i: ̄ ',
                    |:| o:i、__ ̄   ̄  ̄  ̄      ̄   ̄ _/|:,       ヾ゙ '!:;!:ヾ',_,_',:!i'i:!`;ll"´_-``ll´゙il',_,_',
                     |:|8_/iヾ┘                └.‐゙、:o       'ヾ゙ ',,/三;/―`"'"‐`' ー '"`,:"三;/
                 ,/|:|.|:l:`|` ヾ、___________,/  := ヾ8   ""   ~ - ''"  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~ - ''"
                 |: |:l‐:| | ,、.!:!´: ,. //~,. :‐ :、~ヾ:,  ゙̄:`:!:!  |゙,::',ヘ           ヾ=゙ヽ          ヾ=゙ヽ
                  |: |:lll|:l '、 :リ|:l : ゙ l i i,i;"‐`i,!i i l' ゙'. : !:!  ,,l ',::', ヘ      ""     ヾ=゙ヽ     ""      ヾ=゙ヽ
        ""         |: li:llll:l  `、|:|__:__'、:、,,l'´`l.,ノ,,:'/,,_,:__|:|/'":, :i:i:':、ヘ.   ""        ヾ=゙ヽ            ヾ
        .         |: (;ッ(;ッ ヾ  ::::::::::::::: ̄ i'´-`:i ̄_‐_r‐:.、 :::゙ ',__',(';シゞ' ヘ     ´´      ヾ=゙ヽ
        .          |: |   ,r ¬:、、 :――ヾ'=' ' ‐:、 ~_−' ,r ¬:、、    ヾ:ヘ                ヾ=゙ヽ "" "
                |: |   `_=‐"'__l二二二i_'、_--_',!Li_‐__` _=_.''__  :ヘ,                ヾ=゙ヽ
                 |: !"(-) ̄     ,. _-_.、       ,-:――:-、        ̄(-):、               ヾ=゙ヽ
            ""     |: | t:ュ       i :l_・,l: !       | :|三三|: |       _rュ! ',                ヾ=゙ヽ
        .         |/l:‐ヾ!―――― ゙'‐,._'"――――',r―― 、' ,::,―――=i/i ヾ,                 ヾ=゙ヽ
                 i::|       i_´_,''ノ‐~-=r;======r;===  ',:',        ',=',                   ヾ=゙ヽ
                :i::i_____| |ニニニニニニニニニニニニ| |______',=',  """     """        ヾ=゙
       ヾ〃       i;=====ill| |                  | |i ',=====',                 ,,,  ヾ
                 i:=====lr| lュ                   r| lュ i:=====i       """"
                 i ニニニニニ:i|lU,! ――――――――――/lU,! i ニニニニニ:i
                 i:三三三三三i __i'               ヾ,! ,!,゙三三三三三リ
                '、:三三三三:シ                  ヾ'':;三三三三::シ
 
 
     .
 
399 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:25:08 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
 
                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                   |   “冬木”と呼ばれる地で、人知れずある「魔術的儀式」が行われようとしていた。 |
                   ヽ__________________________________?乂_
 
 
 
 
 
 
 
                                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ?`ヽ
                                     |   “万能の杯”を目指し、英雄達が殺し合う魔術師達の戦争。 |
                                     ヽ__________________________乂_
 
 
 
 
 
 
 
                                , - 、
                               ノ{;;;;;;}ヾ、
                            .γ´ : p}{q: : `ヽ
                         、、ヘ、_ノ : : : : ハ: : : : : `ヾノノ7
                        ノゝ-ゞk- _: :ノ: : :ゝ_/⌒ゝ-メ、
                       ソ::::::::::::::::::::::`}: : : : : {::::::::::::::::::::::ヽ
                       /:::::::::::::::::::::::::メミニ===ニミ:::::::::::::::::::::::::ヽ
                      ゝ ⌒ヽヘ_::/: : :/ : : : : : \ゝ- ⌒ゝ-ヘ
                           / : : : /: : : : : : : :. \        為、
              心          / : : : : / : : : : : : : : : : : \       ,攷心       為
      k       為心        ,ィ劣心: : : /: : : : : : : : :,為心 : \   刈圭心、     為丞
      圭      為圭心     ,ィ劣圭ミ心, /: : : : : : : : ,為圭心: : : :\ 炸淤圭心    ,劣圭心
     代l圭     為圭圭心、  ,ィ劣圭圭圭圭心、   ,為圭圭心、_,ィ劣圭圭圭心、 ,ィ劣圭圭心
     圭l圭垈、 /淤l圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭心
     圭iア代、心圭圭圭_ ,,... -‐心‐ ー ----──,.-- 、──----- ‐- ...,, _圭圭圭圭圭圭圭圭 l{。.
     圭ミi圭llミ  >''__´___為ll心_____,.__'´___`__、________`¨ ''_<_圭圭圭,ィ劣
     圭ミl|l圭ミ´    ゛ '' ‐-為l圭心   ,. '´        ` .、    _ ,,... -‐ '' "´   `丶、,ィ劣圭
     圭圭圭圭        為lll圭心゛'' ‐- ..,,_      _ ,,... -‐ ,'' "       ,ィ劣心    ),ィ圭圭ミ
     圭圭圭淤t      /淤l圭l丞/      `>‐<´_     \      刈圭り心、,ィ劣圭圭圭
     嵯酬酬愁悄   /淤圭圭圭圭_,..-‐'''"~     ,ィ劣"'' ‐- ,,.._\  代 /淤圭圭圭圭圭圭圭III)
      `寺圭圭圭><圭圭圭圭圭圭圭心、_     ,ィ劣圭圭ミ、   ゛''為圭圭圭圭圭圭圭圭リ臓
        `''寺圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミゝ、 ,ィ劣圭圭圭圭圭圭圭リ臓
          `゙''寺圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭リ臓
             > 圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭斧:臓
 
 
 
 
 
     .
 
400 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:25:31 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                   |i|i}!、     以〔 `¨¨¨^~^レ'}    ――――そう、「聖杯戦争」だ。
                                     乂}、,゙'ー= __j{__ ` -==イソ/
                                    〕~`ー==≠= ..,_,rァ' リノ
                                 __jY´∧  、`¨ここ¨´  ∧、                     r=‐ 、
           , ⌒ヽ                 _,. -=≦/乂/| \          イ}i∧\..,_                     }
          i{              . -=≦^≧// / | \ > __  < 乂{ ∧ Y蓮=- .,__          .′  ;
           ,     .      /¨¨´     ノ´/  i}  |    r‐ヘ  / / /i}! ヽ‘,       `¨^ミ 、       .′   _j}
             }    ,     / /        /   ij!  |   i|!j|i   .′ ij!   ;         `! ’       .′ ァ〔ソ{
            {i_  ‘,   .′ ,         /   i{!  i}   リil|!八 /  i{!   }!        | ‘,      ぐj|
     \     <j>   、  ,  i!       /    ij!   i}-=イ  / ∧_{   ji}!   八        .::|  ‘,   /     `Y       /
     :. \     }    { . .: |!         /     i{!   ‘,   レ=介=v′   / i{!     \       :::|  ‘, /     j    /
         >-==-jx,    ∨ .::::. |!             i}!   ‘,   /!|!|i|!|    / ,i}!      \     .:::|   ∨   zァヤレ'蓮
          ::  ~`j    ∨::::::.}!    /     i{!     ‘, }i!l|i|j!i|   / / i{!       \  :::::|   /   く!j/   :.
       .:   .:: :        } ::::::.}!  xく        _j{}!      \}!|l;li|i!lj / / {¨¨゚'ー'⌒ヽ、     \:::_|   ,′    〕!i{^i   ::..
       .:::     :.         ‘,:.. ∧V′ \  Y´/{/′       j|i/     \    \ ゚'ー--=イ::厂\/      {j!i|{   ::::::... `::...
     ..:::::::  .: :::..       ‘,   /     `メ /{/{           v'´   /      \    \     |ソア  :{        `Y\  ::::::::::. ::::
 
 
 
 
 
     .
 
401 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:25:59 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                        |                               .・ ・ .・ .・ .・ ・ .・ ・ ・ ・ ? |
                        |   当時の『我々』は、そんな誇大妄想じみた話を本気で真に受けていた。 |
                        ヽ______________________________ ?乂_
 
 
 
 
 
 
 
 
                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ?`ヽ
                           |  『ユグドミレニア』を名乗る怪しげな魔術師と共に、『我々』はその「聖杯戦争」に介入した。 |
                           ヽ_____________________________________ ?乂_
 
 
 
 
 
 
 
            __/.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.
          _ ノ.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.
          i.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.,入.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.
     .     |.:..:..:..:..:..:..:..:..:/  ヽ、.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.
           |..:..:..:..:..:..:..:..:.|    ヽ.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.
     .      |.:..:..:..:..:..:..:..:|      \.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.._,,. -‐'7.:..:..:..:.
           | :..:..:..:..:..:..:.|     _ _,ヽ、.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./ , ' ̄/.:..:..:..:..:.
            }j.:..:..:..:..:..:.| it _,イ´_ _,.  ヽ.:..:..:..:..:..:..:..:..:.く  f  //.:..:..:..:..:..:..:.
            |.:..:..:..:..:..:.ヽ、 < ィ=t:;ォ‐ァ 》.:..:..:..:..:..:..:..:..:.ヽ、〉 /.:..:..:..:..:..:..:..:.
            }.:..:...:..:..:..:..:.j ヽ` _´ ̄ ´ ィ´.:..:..:..:..:..:..:..:.jヽ.:..:〉 /ヽ、.:..:..:..:..:.
          __ノ.:..:..:..:..:..:..:./         ノ.:..:..:..:..:..:..:..:./ イ:/@   〉.:..:..:..:..:.
         /:..:..:..:..:..:..:..:..:./         /.:..:..:..:..:..:..:..:./ /:/    |.:.,イ.:..:..:.
        /.:..:..:..:..:..:..:..:..:./         /.:..:..:..:..:..:..:..:.《 f.:〈 .     l.:.| |.:..:..:..:..:.
        {.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:`ー-、-     〈.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.ゝl.::t     |.:.| |.:..:..:..:..:.
        \.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.i      `ーへ、.:..:..:..:..:..:..\     {:.f  \_.:..:..:.
          >.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ゝrニニ‐v一'   \.:..:...ト..:..:..:..:\    t_    \.:..:..:.
        /.:..:..:..:..:..:..:..,イ.:..:..:..:..:.>--‐'        )..:.j 〉.:..:..:..:..:..:.>  く ̄ 二/
        .:..:..:..:..:..:..:..:./ |.:..:...:..:./l|.:..:..:.{     /://.:..:..:..:..:..:./ /二二/
       .:..:..:..:..:..:..:..:../  |.:..:.:..:..:i j}.:..:..:.`ゝ_,≠.:/ /.:..:..:..:..:..:../∠二二/ /
     .:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.{   ノ.:.:.:..:..:..| /.:..:..:..:._,.-/:/  /.:..:..:..:..:..:..〈∠二二二/
     \.:..:..:..:..:..:..:..:..メ´.:..:..:..:..:..:./.:..:._,.-'´ {.:..:f 〉 (.:..:..:..:...fヽ.:..:\二二//
        ̄ ̄\.:..:..:..:..:..:..:..:..:./ ̄     ヾニニ≧ ヽ、.:..\ヽ、.:..〉
            }.:..:..イ´j.:...:./      ∠二ノ   〃  /.:..:..:..:..:| /.:./
          /.:..:..:.∨.:..:..:.\ ∠二二/    ヾ  ヽ.:..:..:..:..:\.:.ヽ
         /.:..:..:..:..:..:..:..:.∠二二二二∠二二二二ヽ、 \    |\
 
 
 
 
     .
 
402 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:26:21 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
 
                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄? `ヽ
                         |  結論から言えば、その誇大妄想は全て真実だった。 |
                         ヽ______________________? 乂_
 
 
 
 
 
 
 
                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄? `ヽ
                     |  そして『我々』は、聖杯戦争の基幹部である“大聖杯”を強奪する事にも成功した。 |
                     ヽ__________________________________?乂_
 
 
 
 
 
 
            .l;;i′      /     .!圭/ .イ、圭圭圭/ |圭/       ィ幺才     ,イ゙ .,〃      ィ幺才
            .|/       ノ      .l圭!  l圭圭圭ゝ !           ,,ilr'"     ,i'./        ,ィ幺才 .,.
            :l゙                 | !  /圭圭検 /         '″      .,l./        ,,ノ才  ィ幺圭
                   _,,          !゙.,,.,i圭圭  .iУ                             ,i'臓rィ幺圭圭
        .i}′        / 検.,      /圭圭   .l″            ,ν         /_ィ幺圭圭圭圭
        `           i"検/      /圭圭検               il l′         ィ幺圭圭圭圭圭才
                l  ."、    /圭圭検            _    ,,i!!″     . ィ幺圭圭圭才ー'″
               /./    l「    ../圭圭検            ,,il″   .´      ィ幺圭圭圭才'"
          .,i''l   .,〃    .〃 /  ./圭圭     .,.     _ /″           ィ幺圭圭圭才 ´        _ン'
         ,l検  掘  .,〃 ./  ,/圭圭/     ./     ,r'./     .,    ィ幺圭圭圭才゛        . _,,-へ.iii
        .〃   ./l   、〃 ,ir /圭圭/    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  ィ幺圭圭'″      ィ幺圭圭''圭圭
        〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ /圭圭検.,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'イ圭圭検   ___i才"       `'''″
       .il″ /圭検,ィ彰i彡'゙i/'"圭圭圭込才検   ,-/'" ,.. ;;/!"._.刈圭圭圭_..-、.,才'"゛
     . ,i|′ ,/圭圭レ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|  ,il!ン''/...-彡 '',゙..ィ幺圭圭圭,ィ幺圭才"'"
     // 幺圭圭レ゙圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭. |/‐才ンィ幺゙‐'゙圭圭圭圭才゙‐'''^゙゙''″         _..i
     /幺;圭圭〃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭込ィ幺,iテア´圭圭圭圭圭圭才"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
     圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才  __..;;メ`-ー'"゛            _,,..ィ幺圭圭圭圭λ
     圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭i彡ィ幺圭才               ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭
     圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'´             _..- _ィ刈圭圭   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
     圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才″_____.圭圭彡''彡丞'"゛        ‐‐‐'"
     圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才_,,ィ幺圭圭圭圭才 ゙゙゙̄‐'"゛
     圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'"
     圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才臓,,
     圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才 '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
     圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭_.-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´
 
 
 
 
 
     .
 
403 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:26:51 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
            ?f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄?`ヽ
            ?|  ――――しかし、その直後に『ユグドミレニア』の魔術師は我々を裏切った。 |
            ?ヽ________________________________?乂_
 
 
 
 
 
                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄? `ヽ
                     |  奪ったはずの“大聖杯”を、さらに彼は『我々』の手から掠め取っていったのだ。 |
                     乂_________________________________?ノ
 
 
 
         ー┼‐,   l __|_   l __|_ .  l __|_  l __|_    l __|_   l __|_
         /|7ヽ  |   __|    |   __|    |   __|    |   __|     |   __|     |   __|
          レ'l ノ   し(_丿\  し(_丿\   し(_丿\  し(_丿\ .  し(_丿\   し(_丿\
         ___,         −ァ-、 --..._
      ̄´      `ー 、     _  \   `ー 、           _
     ―冖ー 、     ヽ    /  `ヽ,__}     ヽ         /ヽ `ヽ_/ ̄ ヽ、
     \    }      │  !              i        ,′ l   fl     \
       `ー、 ノ       l   ヽ            │       /   ヽ   │      ヽ、
         ヽ、      {   j            │       j    l   !       \
          \      ` ̄´               \ _   /    ji, -‐'l        ` ー 、
            \                         ̄´     ノ _ノ__亅           ヽ、
             `\                       ,ー-一' ィ'´。ブ             ',
                ヽ、,      , -‐ 、                j      ̄/              l
                 `ー ,,,,‐ 、/ l   \  __       <__      │         !       l
     ..、              |    il  /´ ̄    ̄` 丶. ├--`‐vナ !        |       |
       ~\            |l   /  l             _/   _-'´  ヘ、       |.      │
     ,   丶、           t  , ′  〉           t__`ニ´      ヽ     └ニ7   │
     丶    \       _/__l    │       ゝー-''"´ <´       ノ      |う´    t.._...__
       `ー-..-‐´ \    /    `ー..__,;     / ` ー─-ニ‐、_ _ , -‐ ' ´     _/            `
              \  !              !イ‐- 、     |    `/       /´
     、          \ \  />          丶   \    !   !       !
      ヽ、_        \ > f 丶    ,--−‐‐'  ̄ ゙−-..:_゙ヽ   l!    |        \
        /´ ̄        `j/  `> / \_,         `ヽ j|   ,-ゝ         ` ー 、
     ー -'            ゙‐  ノン′  l   ..-‐'" ̄ ̄ `っ v┬ ' __, 丶、          ヽ
                      l     /         / ̄`=', i 乂    l            ∧
     ヽ._ , .-‐ー 、__         l           /    │ ゙; /ニイ     │    /  `ー 、
             〉\        l     \    /ハ....__....、  !  t/      __..r'.j   l        \
             ー┼‐,   l __|_   l __|_   l __|_   l __|_   |  |  |  |
             /|7ヽ  |   __|    |   __|    |   __|    |   __| .     |  |  |  |
              レ'l ノ   し(_丿\  し(_丿\   し(_丿\  し(_丿\    ・ ・ ・ ・
 
 
 
     .
 
404 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:27:13 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄?`ヽ
                    |  ―――――それからまた月日は流れ、『第三帝国』の野望は夢と消え果て。 |
                    ヽ________________________________ 乂_
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ?`ヽ
                          |  世界の裏側では、今日も紛い物の聖杯を巡る血腥い暗闘が何処かで続けられている。 |
                          ヽ____________________________________ ?乂_
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     .
 
405 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:27:36 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
 
     丶    __?      丶         /        / r'     ?',          \
       \__,斗 .?:i:i:i:i:...   }\      /.:i:i:i:i:      / ,イ 丶   ?', ',          `ヽ
        ?〜~゙?:i:i:i:i:i:i:.  八_ \   ,イ:i:i:i:i:i:.      / f´⌒ヽ、ヽ \?゚, ':,           ゙ー
         }   :乂:i:i:i:i:i:i:i>'   ヾY/、 :i:i:i:i:i:.   / .r'─‐- ミ、∧ 、:?ム ',  ヽ
     :i:i:i:i:i:i:i.}:i    `゙""´   ,斗'”ア’  ヽ:i:i:i:i:  ノ    j ̄二=ァ'"⌒゙゙゙゙`?ム i   l l ll  l               .・ ・ ・ ・ ・
     :i:i:i:i:i,イノ       ,斗'”   ,'.:i:i:   \: r'´     }'´ ,イ"           ?i、  l l ll  l l      ―――――素晴らしい。
     =彡' '      //     {:i:i:i:i:.      7       ?//          |l |l   l l ll  l l
            _,イ'’,ィ'     ヽ ?:i:i:i:    /        _V/{            lハl l   | l ll  l l
         ,斗':i:斗'”,{:      丶?:i:i:  ,イ=ミ     {ト:?,ィ斗芸ミヽ、     } l| |  l l_l,斗‐ll ll     ああ、こんな素晴らしい時代に
        ,イ:i:'"   /:{:.       ヾ、:i:i__,イ丿V廴__    { n}ト、r'¨¨¨_二ニ`寸)/__l| ,l|斗芸zzl||「|「|ト/
       ,:'     .:/:i:{:i           ` ´ { }  ?、__≧==?{?  ,ィ'弋uノミ、゙Y⌒゙7/¨¨    `寸/,イ                      ・ .・ ・ .・ ・ ・
      .,:'   .:i:i:/:i:i:i:{:i..           i }\ }i:i:. (_/∧:', {   ゙≧━=彡' }____ji'         ?:,     我々だけ取り残されるなんて我慢ならない。
     、/  .:i_iノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.. .       .:   !∧ ゚,乂_/:i:i:∧l 乂      ノ゙ー‐'{         /} /
     :i:  .:i:i: .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. . . . .:i:i:  / ∧ ',:. ?/:i:i:i:i:i:{ {^ト、ー─‐ '’  ::! `ー=二___.。s':,'~
     ノ:   ..:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: /    l  N ∨:i:i:i:i:i圦 ``?、_   ‐-、:j_,斗: : : :.ァァフ: : :∧、_
       ...:i:i:i:i:i:\:ヽ、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. ノi:. . . . :l  ?/:i:i:i:i:i 八   ゙寸゙ェェェェェェェェェェェイ": : : : /::. ?
     :i:i:i:i:i:i:i:i:i:,斗芸、込、:i:i:i:i:i:i:i__,斗'”' }:i:i:i:i:i:i:i:}:. i V:i:i:i:i:i:i:   |へ  \`ー'ー'ー'´二二 ノ: : : :,イ::::::: V
     r…━='”ー…━…'¨¨¨¨¨  //:i /:i:i:i:i:i:i:i:i}i: i. {:i:i:i:i:i:i:  |:::::≧。.  `¨¨´ ̄:::::::::::: : : :.//}::::::::: {::
     ?:i:i:i:i. /l    :i:i:i:i:i:i:i:i://:i /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}i:i: }:i:i:i:i:i:i:  }:::::::::::::≧s。.______.。s≦イ /:::::::::: N
 
 
 
 
 
 
     .
 
406 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:27:48 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      ヽ| |!||/! ! / {! /|/|/─ 一| |// ///              ハヘヽ〉
      ヽヘ ト!||、| l | /l/ /´      |// ///                 | | |/
       /〉|^| | l! |`|/ ト/、y/         //   \\;;,       ィ三ミ| |/
     . // {/l |/! |      |!               !;;;    //^'⌒ヾj/
             |/     {!               | }「jー-ry'7r≦一-、/       ―――――故に『我々』は探求を続けた。
                 }i               //´  ̄ 7√ `ミi、   \
                 ヽ               _//   _// (rリ {!| /   |!      愛すべき祖国が瓦礫の山に変わっても、それでも
      、               \ __     / ̄_ -一{∧ ^¨ ノ′   ;}
      、}/      |\             て三シ ̄    ; ; ;l|}   ̄      /′      .私は諦めなかった。
       i         |\                 ; ; ;;ハヘ      /
       l           \         ー─‐一、    ∨ヽ____/         .世界のありとあらゆる場所から掻き集めた知識と
                 \__       \  つ\____ゝ   ′
       八               \二ニニ=-       / ̄   ァ7 ,′           .聖遺物とで、七十年の時を経てようやく辿り着いたのだ。
     \  ヽ            `  二二ニニニ=-x__ フ/
       \  ヽ               \   ` ー 二ニニ=‐´    /
        \ \              >一- __/     /
     .      \ \                          /
     .      \ \                   /
 
 
 
 
 
 
     .
 
407 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:28:06 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄? `ヽ
                               |   我々の“聖杯”に―――――――! |
                               ヽ________________ 乂_
 
 
 
 
 
                                 _______________
                                 / ______________ \
                                / ,ィニ=-  ̄¨`?二三三二?"¨ ̄ -=\ \
                              / ,ィ三二ニ=-     ̄ 二  ̄     -=ニ二三\ \
                             / ,ィ三二ニ=-    -=ニ三三ニ=-     -=ニ三\ \
                            / ,ィニ=-      -=ニ二三三三三三二ニ=-       -=ニ\ \
                      / ,.イ?     -=ニ二三三三三三三三三三二ニ=-      ‐=\ \
                     /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ヽ
                       f―――――――――――――――――――――――――――――i
                       |  __________________________   |
                       |  |.      -=ニ二三三三三三三三三三三三三三三二ニ=-      |  |
                       |  |ニ=-      -=ニ二三三三三三三三三三三三二ニ=-       -=ニ|  |
                       |  |三二ニ=-      -=ニ二三三三三三三二ニ=-         -=ニ二三|  |
                       |  |三三三三二ニ=-      -=ニ二三二ニ=-       -=ニ二三三三三|  |
                       |  |三三三三三三三二ニ=-   _.二 ̄   -=ニ二三三三三三三三|  |
                       |  |三三三三二ニ=-      -=ニ二三二ニ=-       -=ニ二三三三三|  |
                       |  |三二ニ=-      -=ニ二三三三三三三二ニ=-         -=ニ二三|  |
                       |  |ニ=-       -=ニ二三三三三三三三三三三二ニ=-        -=ニ|  |
                       |  |.      -=ニ二三三三三三三三三三三三三三三二ニ=-      |  |
                       |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 
 
 
     .
 
408 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:28:22 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
                          ∠`ヽ    \\\  \
                        ∠ミミvWヘ ヽ  ヽヽヽ ヽ   ∧         サカズキ
                         ムニミ`````ハ l l l } } } } l| l|ハ      この“ 櫃 ”に魔力は満ち、奇跡を求める者達は集うだろう。
                     {///' , -‐=- }ハハハハ二ヽハハl| l| |
                          V//〃'´ ̄ `Y二 く(?Yリリリリリリ      “座”から招かれた英雄達と共に、「聖杯戦争」は始まる。
                      jニ}'^i{{     ノY⌒ヽ`ニ彡''ルムイ
                       〃う} ` ニニ彡rゝ‐ _ー- 、 「リ
                         { ( ハ  r、_,.tt=ニニニ=ァx_フ丿 ル′       ―――――そう、アシカは今まさに歴史という大洋を渡り、
                     \从  マ、ェェェェェェェェァ'   /´
                        `込  `ニニニニニ´  イ__         待ち焦がれた戦地に上がるのだ。
                       _/ {\>、 、 ___ . '/ノ }ト、
                       / /{ {  \≧=‐--‐=≦ ´ /| }ト ._
     .       _____ 。≠/ / リ 八   `7/{//{     / l| {{   {{ニ=‐- . _
         __〃〃二ニニ≠^7 / / / ∧  〈 {⌒} 〉.   / | {i   ヽニ=‐-=ニコi¬、
        / //7    ´ //     /i { ∧_/∧,.=、/∧ /   l  ',     \ }  } }}  |i
     .  / // {       /     / i {   く {{合}}/∧'    l         \リ リ ノ|
       「{ { !  ',    /  /  /{   i八 \ヽ/777 /`ヽ   l           \〃  ト、
     /| { ヽ  ヽ/     / ',  ヽ ヽ\/ //厶ィ   ヽ  l            ∨/ ノ \
      人ヽ. \/     /    / ヽ/ /´      {\ト、            ∨/,   \
        ヽヽ/     /     /    }i/         }}\/\           \ムイ    \__
        /       /l|   /}}   /             」}     ヽ         \\   } }ト、
       /      // ー=彳 〃  /      _ . -‐=ニ二     }\   _. -‐=ニ二. _ \   j
      ー-=======ミ∧     i〃__∠ . =-‐=ニ二              丿  ヽ〃         \ \_j
      -‐=ニ二  ̄`7{ {i、 /´ ̄ -‐====ニニ二二           }〈         {ヽハ\
              /八 ハ∠二ニ=-‐==                       }ハ、         ∨\\
          /i{ {_{/二ニ=-‐==                     ノノ}  }}\        ∨/,\
         〃{八 {{ ⊆⊇ニ=‐               -‐=ニ⊆⊇≠彡 ノ}  }}  }ト、       ∨/
 
 
 
 
 
     .
 
409 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:28:40 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
 
                 >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\
                /           ヾ ノ l   i i |
              /            ∨ / ノ| l |ハ
          /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |
        / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ  /// ||
        / //^l |  ̄  ─  y; -‐=ミ、_;ノ|//// / ,′
     .  |  |;'r‐{           |{   \{{i;jメ}zt|/// /|/       私を含めた七人のマスターに、七騎のサーヴァント。
     .. 八 ヽ! /     _    {l   ⌒`ミ1厶7i^V|/
        〉、 Y      { r‐、    ヽ __ ノ¨⌒{_ノ                        .・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
     ..  彡 }_j        \            ヽ           .――――――そして、もう一人と一騎。
      ̄                   ‐t=‐-    ー─一〉
     ─、    i           \ ` ‐=ニ‐   r  ´
       >x、八          \ `‐=ニソ__」
     \    `>、          `ー‐ {´
       \     `  、         √
        \       `  、     /
          \         ` 、 ィ´
 
 
 
 
 
 
 
 
     .
 
410 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:28:59 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
 
                         _ ___ _
                       , '´ミ:.、 、 :.、` :. 、
                        /´三`ヽヾ  \ヾ:.   ヽ
                     ,'三ニ ヾ、 :.ミ、\\_ヾ:、 }
          / ̄ `ヽ     /≦三:.、  ミ:.、\ ヾ:、 `ヽ.:}、           運命はカードを混ぜた。
         ノ ー‐、'´ ̄ )   ヾ.>ー- ミ:.、 ミミミ、ヾヘj |::Y}、
     .   イ .::::彡'/ ̄      ∨!  `ヽ>≦>/   Y:::' :::::.、          どのような結末に至るかは神すら知り得ぬ事だろう。
        } i>=ミ、_ノ´`Y  _{ii:、   r彳´,.:ゞ:仁=、  !,' : : '. i\
        { ̄  ー-、_Y:/.  ム/>、r- <ゝ,、____.ノ ノ!' ,::'.     |}、 \             . コール
        | `i ::::::::::::::/.   ,'/////,ヘ.__八__,.: ,.:±'゙ ノ〃.    !、\:.\      故に私は「勝負」と叫ぼう。
        |   ! .::::::::::ノ   {/////>:::`::.、:::._ ゙´  .,イ::,'       | \o\ \
        |  ! :::::::〃   //> ' : : :::::::// /⌒ヽ.〃     !  \_ノ '
     ..  }、 ._jソオ´{  > '     >{´ レ;ノヘ   〉      ハ'´ ̄
        |ミ=彡'´ ム}'´     ,.: '´>ム> ´〃 ,:ゞ=/      .' {.,
     .   〉>'´ ̄z彡、    ///:´,.イ彡' ,イ 〃        '/´
       /´ ,イ ̄ ̄ヽミ}、>ヘ∧  } ゝ . _/--,_'       ,'
     . ∧  /     .::::::::/ハ > ' ゙ ´   ,イ  \     ,____
       ∧/     .::::::::::/> '゛        ., '     \  人    `ヽ
     .  ,'  ...:::::::::::::::::/ー―――――/      > ミ.、//>.、   ∨
       / .::::::::::::::::::::::/´       /  ,. - 、   i   ∨////}    }
       } .:::::::::::::::::::::/         ,'- 、:  ,    }  ム   ∨///    /
       | :::::::::::::::::: ,'       ,:ハ  ヽ/   j.   ム   .∨/     /ヽ
       | :::::::::::::::::.ノ      ,イ  }.  ,ヘ`ー ヘ    ム   ,ヘ:..   / /
       | ::::::::::::/ 、     / /∧´  .∨  :. `ー--ミ=彳::::ヘ ,イ . /
       | ::::::::::{{::::::.、\  / /  .ハ    :、  `  ̄::::.ヘ:::::::::::::::/: : :/
 
 
 
 
     .
 
411 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:29:16 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄?`ヽ
                             |   さて、君はどうする――――――――? |
                             ヽ__________________?乂_
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     .
 
412 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:30:16 ID:J0jsMjMo0
                              ┌──────┐
                              │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                              │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                              │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                              │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                              └──────┘
 
 
                                ┌───┐
                                │::::::::::::::::│
                                │::::::::::::::::│
                                └───┘
 
 
                                  ┌─┐
                                  │ :: │
                                  └─┘
 
 
                                    ┌┐
                                    └┘
 
 
                                        □
 
                                    ・
 
413 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:34:36 ID:J0jsMjMo0
 
     /| ̄ ̄ ̄| ../| ̄ ̄ ̄|                                                 │| l十十十十十
     ||| | 「「「「 | |||| | 「「「「 |                                                 │| l十十十十十
     ||| | 「「「「 | |||| | 「「「「 |                                                 │| l十十十十十
     ||| | 「「「.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ ───--.┐-─┐                         │| l十十十十十
     ||| | 「「「.|.  ――――――昨日と同じ今日。..「 「 「 「 「 | lllllllll |                          │| l十十十十十
     ||| | 「「「.ヽ_____________ 乂_..「 「 「 「 | lllllllll |                          │| l十十十十十
     ||| | 「「「「 | |||| | 「「「「 |       | 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |                          │| l十十十十十
     ||| | 「「「「 |_||||| 「「「「 | r───┤ 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |                          │| l十十十十十
     ||| | 「「「「 |「「「「| 「「「「 | | ロロロ.| 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |                          │| l十十十十十
     ||| | 「「「「 |「「「「| 「「「「 | | ロロロ.| 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..`ヽ  │| l十十十十十
     ||| | 「「「「 |「「「「| 「「「「 | | ロロロ.| 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |          |  . 今日と同じ明日。   ..│| l十十十十十
     ||| | 「「「「 |「「「「| 「「「「 | | ロロロ.| 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |          ヽ________. 乂_. │| l十十十十十
     ||| | 「「「「 |「「「「| 「「「「 | | ロロロ.| 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |                          │| l十十十十十
     ||| | 「「「「 |「「「「| 「「「「 | | ロロロ.| 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |                          │| l十十十十十
     /  「「「「 |「「「「| 「「「「 \ .ロロロ.| 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |                          │| l十十十十十
       「「「「「「 |「「「「| 「「「「「「「\..ロロ| 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |              ┌───┐        |..| l十十十十十
     「「「「「「「「 | ̄||||| 「「「「「「「「 | ロロ| 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |          r‐┴┬┐三│        |..| l十十十十十
     「「「「「「「「 |  ||||| 「「「「「「「「 | ロロ| 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |         .|  | l三l |!l |..三├┐      |..| l十十十十十
     「「「「「「「「 |  ||||| 「「「「「「「「 | ロロ| 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |  |二|    ..|  | l三l |!l |..三││      |..| l十十十十十
     「「「「「「「「 |  ||||| 「「「「「「「「 | ロロ| 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |  |三|    ∧  | l三l |!l |..三││      |..| l十十十十十
     「「「「「「「「 |  ||||| 「「「「「「「「 | ロロ| 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |  |三|  /ェλ..| l三l |!l |..三││      |..| l十十十十十
     「「「「「「「「 |  ||||| 「「「「「「「「 | ロロ| 「 「 「 「 「 「 「 「 | lllllllll |  |三| /エェλ.| l三l |!l |..三││      |..| l十十十十十
 
415 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:36:21 ID:J0jsMjMo0
 
 
                           ,   ―     -   .
                        , '///////////////////// "'' ‐- ,,..
                      //////////////////////////////// ヽ.
                     //////////////////////////////////// ヽ.
                     ////////////////////////////////////////∧
                   /////////////////////////////..f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ
                  .∧////////////////////////////..|  そんなもの―――物心付いた時から、存在しなかった。
                   ∧/////////////////////////////.乂________________________.ノ_
                .∧///////////////////////////////////////////////}
                 ∧////∧//////////////////////////////////////////!
                  i////// .\////////////////////////////////////////i
                |////.{\  \/////////////////////////////////////.i|
                |/////i ti}   .\///////////////////////////////////i|
                |/////.| /     .\////////////////////// / ̄}//////
                ∧//////        \////////////////////   ///////
                .∧////         i//////////////////    ///////
                 ∧//> .        |//ト、///ト.////////∧_/////∨
                   ∧//∧        |//| ∧//|  \////ヽ/////////i|
                      ∧//|.\ 、     .|//|  .\:|   |//  |/////////|
                    |  ハ  ̄`   .|∧|    |   |//  |∧///////|
                     ∨  .∧       |  |  /    |/   | |///////.|
                          入     .   '      |    .|///////i|
                           T  <. ______ ///////ハ
                      .  '  ̄ |///////| | |////////////////////"'' ‐- ,,.._
                 ,,... -‐ '' "´/////////////| | |///////////////////////////
 
416 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:39:06 ID:J0jsMjMo0
 
 
                     /::::::::ー∨      ,. --- 、   }|
                 厶ィ:::::::| \    〔  ̄ ̄V /                       ┌- .._
                   「 ̄ ̄ ̄ ̄ト ..  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...`ヽ
                   /\       |  `. |  .・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
     .              /   \    :|\  |  .何故か自分にだけ見える、相手の心/考え/過去/未来。
                _|:      \  |  ヽ.ヽ________________________ 乂_
              -‐=ニ|       \\   }  ,∧ |  |   '._____       〈  {  \/ /   ∧
     _,. -‐=ニ二二二二|:         \\     /  /   マニニニニニへ       '.__〉     〈     / }
     \二二二二ニニニl          /\| │  /  //\ マニニニニニV∧         '.     \/  / ,
     /ニ\二ニニニニニ|       /ニニ|  |   |  |ニニニ\}二二二二ニV∧       \___/   .
     二ニニ\二二二ニニl       ∠ニニ|  |   |  |ニニニニニニニニニニV∧         /   | |       '.
     二ニニニ\二二二|     ∠ニニニニ|  |   |  |二二ニニニニニニニニV∧      |   | |      〉
     二二ニニニマニニ.|   ∠二ニニニ|  |   |  |二二二二二二二二二ニV∧       |   | |     /
     ニニニニニニマニニ|__,∠ニニニニニ|  |__|  |二ニニニニニニニニニニV∧     \___,|_|__/|
     二二二二二ニマニニニニニ二二二l       :|二二ニニニニニニニニニニV∧       |         |
 
     .
 
417 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:41:08 ID:J0jsMjMo0
 
 
                          ///       ヽ ノヽ;ヽヽ-- 、,ゝ;;∧|
                        /`"''‐-、_        _ヽ V   / |;;/
                     /: : : : : : : :`''-、,    _/ ̄`'-、  /  |/
                       /: : : : : : : : : : : : :`'- 、/     `´
                     /`"'‐ 、.,,_: : : : : : : : : : :\
          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. `ヽ
          |   ・ ・ ・.
          |   何故か、理解できてしまう相手の特技。
        ..  乂_________________ ノ
              /: : : : : : : : : : : , -''" : : : : : |: : : : : : : :ヽ
               /: : : : : : : : , -''": : : : : : : : : : | ̄''ヽ: : /
             |: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :|: :o: :ヽ\
             | : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : \|
 
 
 
     .
 
418 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:43:21 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..`ヽ
          |. ―――模倣、再現。 そんなもの、簡単だろう?
          乂____________________.ノ
 
 
 
          ..|.ハ : : : : : : : : : : : 入 .       i: : : : : : : : : : : : : : :.ハ
           .| ハ : : : : : : : : : : : : :i\     /|: : : : : : : : : : : : : : /
             ∨| : : : : : : ハ: : :.|  ≧-≦  |: : : : : : : : : : : : |∨
               乂.イハ乂 ハ.人 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄乂イハ乂∨ハ人
             /////////////////////////////////// \
       /  ̄ ̄ ̄/////////////////////////////////////// ̄ ̄ ̄\
      ハ//////////////////////////////////////////////////////
       ハ////////////////////////////////////////////////////ハ
        i.///////////////////////////////////////////////////i
        |///////////////////////////////////////////////////|
 
 
 
        ..f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...`ヽ
        ..| ……何故、出来ないのか。 理解等、出来ようもない。
        ..乂______________________..ノ
 
 
 
     .
 
419 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:45:34 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
              ハl:.}:l:l:l:l:l:l:l:l:イ イ   / .ヾ:l:l:l l .j
              l  乂/ムイl:l:ハ ヽ   ‐ ,ri´州     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ
              八´ ソ|:lソム >=、 ヽ. .斧:l丿 j      .|  やがて、俺の傍には一部の擦り寄る人間しかいなくなっていた。
               >≦乂:l:ヽ........>`イリ         .乂___________________________.ノ
              /斗}{:l:l:{{《:l:l:lヽY弋l:l}
              /:l:l:l:l}{:l:l}{:l《:l:l:l:l∧..ヾ}
              /:l:l:l:l:}{:l:l:l}{:l:l辷:l斗l....}.}
             ./廴〆ノ:l:l:l}{フ:廴:l/∧..}:}
            /:l:l:l:l:l‐l:l:l:l:l:l}{+|:l:l:l:lマ}}:,       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ
          ../:l:l:l:l二 二|:l:}{l:l!:| }:l:l:l:l:l::,      |..……寄るな。 お前等の抱いている感情の根源など、見えているのだから。
           ./:l:l:l:l:l:l:l:l| |ハ:l州:l:l:l:| }:l:l:l:l:l:l:,      .乂_______________________________.ノ
         ./:l:l:l:l:l:l:l:l:lイ≠'´:l:l:l:l:l|_/:l:l:l:l:l≧辷,
         ∨:l:l:l:l:l:l:l:lソ  ∨:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:{
 
     .
 
420 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:49:05 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
             .f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
             .|   ―――既に。  両親は俺を捨て、毎月金を送ってくるだけになっていた。
             .乂______________________________ ノ
 
 
 
 
                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. `ヽ
                            |  だから。  俺は、そんな街を捨て。
                            乂_______________ ノ
 
 
 
 
                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                      |  ……とある、オカルトで有名な街へと住処を移した。
                      乂_____________________..ノ
 
 
 
 
 
 
     .
 
422 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:52:01 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. `ヽ
                  |  ……其処で、初めて。 ”理解し難い”存在に出会った。
                  乂_______________________ ノ
 
 
 
 
 
                    人.:.:.:∧   !               ノイ`Y
                   ー=彡.:.:.:.:.:.:.:.:`¨∧     `  ─‐ ´   / ノ/
                      /:.:.:/{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.            . ¨´
                   {:.:.:/ '.:.:.:.:.Y.:.:.:.:.:|          。イ.:.:.:7
                       ヾ(  ヽ:.:.:}ヽ.:.:.:.|   > ‐     |.:.:.く
                            )/  \.|         |\.:.:Y
                                f¨|           八⌒7_
                           /  |            ヽノ  `ヽ
 
 
 
 
 
 
 
            .f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ
            .|  一言、二言。 話をしただけだが―――今でも、鮮明に「覚えている」。
            .乂_____________________________  ノ
 
 
 
 
     .
 
423 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:54:45 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
       |  ヽ/.|       ヽ/////////ハ.ノ//
          ヽヽ   、   ヽ////////////
           ∨        ヽ/////////       だから、俺は。
              \  , 、   >//////|
               \    / |//////|
               y| ー '   |//////|       この街を離れない。
                | ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
              ////╋////////////ヽ、
              ///////┃//////////////ヽ、
 
 
 
 
 
                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
                      |  再び、出会えるかもしれない。
                      乂____________ ノ
 
 
 
 
 
                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ
                     | ―――淀んだ、この”魔界都市”で。
                     乂______________  ノ
 
 
 
 
 
     .
 
424 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:55:52 ID:J0jsMjMo0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ
                        |          .マジュツシ
                        |.  ―――理解できないモノ、と。
                        乂_____________.ノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     .
 
425 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:56:14 ID:J0jsMjMo0
                              ┌──────┐
                              │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                              │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                              │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                              │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                              └──────┘
 
 
                                ┌───┐
                                │::::::::::::::::│
                                │::::::::::::::::│
                                └───┘
 
 
                                  ┌─┐
                                  │ :: │
                                  └─┘
 
 
                                    ┌┐
                                    └┘
 
 
                                        □
 
                                    ・
 
426 :ice ◆53Ok1gX4xs:2014/03/02(日) 14:57:08 ID:J0jsMjMo0
 
                  .∧    |ヽ.
                 /  ヽ   |  ヽ.
                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、. |
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::\ゝ    導入/終了。  夜にはOPから初日くらいまではやりたいところだなー。
              //, '/厶イ ト、:::ハ::::::::::::ヽ
              〃 {_{'´ |:::/ `ヽリ| l │ i|ヽ
              レ!小l● .}/   ● 从/ ̄゛i/
               ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃|   |
               v.ヘ         |___/
                /⌒l,、 __, .イァト|/
     .          /  /::iv--v'i::i::i::i::i::iヽ
               |  l::i::i::i::i::i::i::i::i::i::i::i:::i
 
427 :名無しのやる夫だお:2014/03/02(日) 14:59:11 ID:P1rnSYIY0
  おつー、人集まる隙を突けるといいねー
 
428 :名無しのやる夫だお:2014/03/02(日) 15:01:39 ID:NRjMsPUc0
  乙ー
 
429 :名無しのやる夫だお:2014/03/02(日) 15:02:01 ID:3xQDJLTY0
  おつー
 
430 :名無しのやる夫だお:2014/03/02(日) 15:24:01 ID:VwvyyRsY0
  巻き込まれのはずなのにアカン匂いがプンプンするw


Fate/Parallels lore オープニング
Fate/Parallels lore 導入
Fate/Parallels lore キャラメイキング

Fate/Parallels lore まとめ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

作品まとめ

完結作品
・Fate/Anchor Wars
・Fate another やらない夫の聖杯戦争
・Fate another moon できる夫の聖杯戦争
・Fate/MidNight Dream 〜やる夫はマヨナカセンソウを生きのびるようです〜
・Fate/Misfortune Distribution 〜彼らは運命を分け与えられたようです〜
・新たに聖杯戦争の参加者が現れたようです
・できない夫は聖杯戦争で精一杯もがくようです
・とある秘密の聖杯戦争
・東京聖杯戦争 〜The Guardian Children〜
・やらない夫はオカルト掃除人を辞めるようです
・やる夫は義妹のために聖杯戦争に参加するようです
・やる夫は聖杯戦争に推して参るようです
・やる夫は聖杯戦争に召喚されるようです
・やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです
・やる夫は脳筋な聖杯戦争に参戦するようです
・やる夫はやらない夫とレタスとPSPで聖杯戦争に挑むようです
・私達はバランスにさよならと言った。ノシ

Fate/Parallels Lines参加作品
・Fate/Parallels lore
・Fate/Parallel Justice
・Fate/Parallel Line Fake
・Fate/Parallel Lines - out of God's truth -
・Fate/Parallel Lines 〜My Little Witch〜
・Fate/Parallel Lines Apocalypse
・Fate/Parallel Lines Connect
・Fate/Parallel Lines Fleet Collection
・Fate/Parallel Lines Nine World
・貴方は戦乱の運命を断ち切るようです
・やる夫は平行世界で青春を駆け抜けるようです

Fate/Cross Horizons参加作品
・Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。

エター作品
・Fate another fool やる夫の聖杯戦争
・やる夫達は”亡霊”を率いるようです

姉妹サイト

管理人

bambis
  • 連絡先
 コメントでお願いします。

【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます