FrontPage

MKウルトラ

 当サイトは、戦後すぐに米国で始まった、極秘計画『MKウルトラ』と、その後、その計画を継承して行われたとされるモナーク計画、、その数少ない情報源を検証し、その全容解明を目的とするものである。

 なお、当サイトの内容は、フリッツ・スプリングマイヤー、シスコ・ウィーラー両氏による著書、『 The Illuminati Formula Used to Create an Undetectable Total Mind Controlled Slave』に、ほぼ完全に準拠したものであり、オリジナルのテキストに記載され、ウェブに掲載された内容を、英日翻訳したものである。(オリジナルのテキストはこちら→ http://www.whale.to/b/sp/for.html 翻訳者の方々へ


目次

序文、及び警告

  1. 献辞、及び警告
  2. 著者による序文
  3. 用語解説について

第一章:対象の選択と準備

  • A.遺伝と解離能力
  • B.対象の有用性
  • C.精神的・身体的条件
    • 奴隷は様々な目的のため、イルミナティ組織の内外両面での活動用に生産される
  • D.プログラミングを遂行する組織・団体のリスト
  • E.プログラミングのための基礎的四段階
    • F.第一段階:精神的条件
      • 子宮内心的外傷法
    • G.第二段階:早産による心的外傷法
    • H.第三段階:愛情攻撃・愛情の絆
    • I.第四段階:精神的"核(コア)" の断絶
  • 初期分裂
  • J.継続的考察:対象の選択に際し、イルミナティは独自の判断基準を持つ


第二章:対象への拷問とトラウマ化

  • A.拷問施設詳述:カリフォルニア州、チャイナ・レイク海軍兵器試験場
    • 主要なプログラミング施設に、子供達がいかにして運ばれるか
    • チャイナ・レイク秘密施設の詳細
    • チャールズ・マンソン、ヨーゼフ・メンゲレとは
  • B.心的外傷の影響:心的外傷後ストレス障害(PTSD)と解離性同一性障害(DIDまたはMPD)の起源
  • C.心的外傷の種類
  • D.精神が分裂すると何が起きるか
  • E."核(コア)"
  • F.プログラムのアンカリング
    • 嗅神経への外傷法
    • 「ムーン・チャイルド」型心的外傷法が失敗した場合
    • 儀礼的拷問用具
  • 概説

第三章:薬の使用

  • A.使用される薬品のリスト
    • ハーブ
  • B.使用の小史
  • C.奴隷管理のための薬物応用
    • プログラマが特に留意するべき注意事項
  • 要約

第四章:催眠法:催眠術の基本

  • 解離やトランスの歴史的利用
    • 後催眠暗示における催眠の歴史
  • 催眠法を用いたプログラム方法
  • 催眠法による想像力の押し上げ
    • 児童を催眠にかけるために映画が果たす主要な役割
    • 駒の利用
    • プログラマの声の利用
  • 解離状態の維持
  • "アルファ"状態の維持
  • 後催眠暗示と、その引き金(トリガー)
    • モナーク・マインドコントロール用コード一覧
  • プログラミングその他の為の催眠
    • 『不思議の国のアリス』型プログラム
  • 構造化された精神を作り上げる

第五章:偽りの技術、欺きの芸術


第六章:電子技術と電気の使用















2006年04月08日(土) 07:18:30 Modified by lymnwqpa0




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。