美術準備室@せんだいメディアテークの公式サイトです。

2012年4月30日(月・休) 13:00〜18:00(入退場自由)

会 場:せんだいメディアテーク1Fオープンスクエア
参加費:無料(事前申し込み不要、直接会場へ)
主 催:せんだいメディアテーク、美術準備室活用委員会

ぶじ終了いたしました。
ご参加くださった皆様、先輩方、本当にありがとうございました!

★フェイスブックに写真をアップしました。⇒右のアイコンをクリック!

★せんだいメディアテークのサイトにレポートをアップしました。(2012年7月6日)
ここをクリック!

★前野健一先輩による動画入りのレポートがアップされました。(2012年5月8日)
ここをクリック!








●時間割

テーマにそって先輩が話をしたあと、参加者も一緒におしゃべりします。途中参加、途中退場もOKです。
1限目 13:00〜14:30
「アートってどこまでがアートなの?」
 前野健一 先輩(特撮映像作家/「book cafe 火星の庭」店主)
 先輩の脱力映像をみんなで鑑賞後、「これもアート?」を白熱議論します。
2限目 14:45〜16:15
「アートって学べるの?」
 齊正弘  先輩(立体造形作家/元宮城県美術館・教育普及部長)
 先輩は誰でも創作活動ができる宮城県美術館・創作室の元職員。
体験的美術教育論を聞いた後、「そもそも美術って学べるもの?」
を巡って話し合います。
3限目 16:30〜18:00
「アートイベントはなぜ音楽イベントに勝てないの?」
 尾崎行彦 先輩(版画家/絵画教室「アトリエJ」主宰)
 定禅寺ストリートジャズフェスティバルの委員長も務めた先輩が、
アートイベントが音楽イベントのように街おこしに役立たない理由を
力説。ホントかどうか考えます。

●購買部

 先輩関連の書籍を販売します。

●子どものフリースペース

 美術準備室にある画材(模造紙、プロッキー、色鉛筆など)を使い自由に絵をかけるスペースです。

●先生の本棚

 アートに関するおすすめ本の紹介コーナーを設置し、自由に閲覧していただきます。

●黒板

 童心に戻って黒板に落書きしてみませんか?
 自由に落書きできる黒板とテーマがある落書き黒板の二つを用意します。

★チラシ(A4両面)のPDFファイルがダウンロードできます。
ダウンロードはここをクリック!


(↑クリックすると拡大します)
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu



S N S




協 賛




連 絡 先

〒980-0801
 宮城県仙台市
 青葉区木町通1丁目1-11
 朝日プラザ北一番丁1F
 メディアデザイン内
 美術準備室活用委員会

TEL/FAX 022-224-5308
メール sb@md-sendai.com

管理人/副管理人のみ編集できます