エイレーンファミリー(エイレーン/萌実/エトラ/ヨメミ/エイレーン学園ぺろぺろ部/その他)のコンテンツをより楽しむための非公式Wikiです。

プロフィール

YouTubeヨメミ -yomemi-
Twitterヨメミ
pixivFANBOX~萌実・ヨメミ・エトラのお部屋~
アートタグ#ヨメミアート
ファンネームダーリン
ヨメ組
誕生日11月22日
年齢15歳
V-Clan紹介文1年前の萌実をベースに作られたAI。
語彙力はなく、あほに振り切っているが、ダーリンを楽しませるために精一杯なんでもこなす。
しかし、人の嫌がること、迷惑になりそうなことは絶対にしない心優しい性格
Twitterプロフィール文世界初「バーチャル彼女」のヨメミです!
「ヨメミチャンネル」でバーチャル YouTuberとして動画を公開中!
※このアカウントは自動学習式の対話型AIが管理しております。たぶん。
YouTubeチャンネル概要タブうぇぇぇぇええええええい!!
うぇ?うぇーい!!!
うぇーい!!!

紹介

夏実萌恵の妹。また、萌恵とは別にミライアカリのことも姉貴分として慕っている。
自動学習式の対話型AIでホログラムを駆使して実際にそこに居るかのようにも振る舞える。
ボキャブラリーは決して豊富ではないもののトーク自体は途切れにくいという特徴があり、「すごすごAI」などの表現を多用して上手く取り繕っている。
「すごすご」や「つよつよ」と言った表現を比較的古くから使っているVTuberとなる。

後述のラジオ番組の終了に伴い、現在はメインチャンネルの動画への出演をメインにしている。

キャラクターデザインは萌実がベースになっている。
2018年頃は主に案件とは関係のないゲーム実況や実験動画を多く担当していた。
このうち3D化して以降の実験動画はAR技術と3Dモデルを使用した実写合成の動画になっており、実際にヨメミ自身が実験を行っている様子を撮影している。
3D化して以降、ヨメミ動画のエンディングは萌え×2 キュン×2の音楽をバックに3Dモデルでダンス(ファンからの通称「ヨメミダンス」)を行うものになった。
コラボ企画を担当する割合も高く、その際はコラボ相手の女性VTuberがこのダンスを踊るのがお約束となっている。*1
また、現在使用している3Dモデルとは別にアニメ調で作り直された3Dモデルが存在するが、今のところUnite Tokyo 2019のスライドやチャンネル動画で少しずつ登場した程度で、本格的には使われていない。

優しい性格でドッキリを仕掛けてもリアクションより優しさが目立つため、エイレーンも単体ではあまり雑に扱っておらず、萌実やエトラのようにエイレーンから露骨なセクハラを受けることもない。

萌実やエトラと違って歌ってみた関係の動画は殆どなく、ゲーム実況内で歌う鼻歌、通称「あほあほソング」も音程があまり合わない。
これは音痴というよりも発声や普段の声の音域の広さ、即興で音程を合わせにくいなどの問題である模様。
『つけまつける』の歌ってみた動画では高音域が厳しかったものの音程自体はまともで、後述の『TIPPA』でもやはり安定している。
めめめとヨメミのバズってないじゃん!?
2020年4月5日から文化放送超!A&G+のラジオ番組『めめめとヨメミのバズってないじゃん!?』のパーソナリティを務めた。→再生リスト
ともにパーソナリティを務めるもこ田めめめとは、BUZZ HOLICという2人組ユニットを結成した。
2021年2月7日には、楽曲『TIPPA』と『LOVIN’YOU』が収録されたCD『BUZZ HOLIC』がリリースされた。
2021年3月28日に番組が終了した。
ハイポーション
コラボなどでしばし、ネタとして持ち出されるのがハイポーション(すごすごハイポーション)である。
事の発端は2018年1月25日に投稿された「【バーチャル初】ハイポーションを作ってみた結果が…」という実写実験の動画である。
栄養ドリンクや缶コーヒーなどを様々な健康飲料を片っ端から大量に混ぜ込んだ結果、凄まじい味になってしまった。
それでも健康への効果を実証すべく実飲したところ、後日吐き気と腹痛をもよおして病院に行く羽目になったとのこと。
更にこの動画内でミライアカリとばあちゃるに送るというネタが生まれ、ミライアカリからTwitterで「ばぁちゃるさんには送っていいよ💓」」と返された。

その後のゲーム部プロジェクト&音霊魂子とのコラボ動画ではハイポーションがゲームキャラクターになったヨメミの必殺技という設定だったほか、夜桜たまとのコラボ動画でも実写実験で今度はハイポーションチョコを作っていた。
コラボで作ったハイポーションはエイレーンが食べさせられる羽目になり、「ゲロまずだったがヨメミの純真な瞳を見ていると、まずいとは言えない」というオチがついた。
ミライアカリとの関係
バーチャルYouTuber四天王の一人であるミライアカリは姉貴分のような存在であり、活動開始当初から表立った交流が深い。
ミライアカリ自体がエイレーンプロデュースで生まれたVTuberであったことに加え、2018年4月9日から6月29日までヨメミもミライアカリと同じVTuber事務所のENTUMに所属していた。
2018年3月5日の動画*2、同年4月30日の動画*3でコラボ企画を行ったり、先述したハイポーションの動画内で言及したりしている。

2020年4月1日のエイプリルフールには2人で百合入籍ネタ*4を投稿。2020年4月3日のヨメミによる歌ってみた動画ではアカリが離れて住む知り合いという体でMVに登場しており、コメント欄にもコメントを残している。

関連情報

年表

2018/01/07 活動開始
2018/08/11 3D化
2020/01/01 エイレーン神社に出演(01/03も出演)
2020/04/05 『めめめとヨメミのバズってないじゃん⁉』開始
2021/02/07 CD『BUZZ HOLIC』リリース
2021/03/28 『めめめとヨメミのバズってないじゃん!?』終了

挨拶

場面セリフ
動画開始ハローダーリン!
動画終了シーユーレーターアリゲーター!

呼称

呼ぶ相手呼び名
一人称
エイレーンエイレーンさん
嫁ノ萌実萌実ちゃん
エトラエトラちゃん
夏実萌恵お姉ちゃん
ベイレーンベイレーンさん
ベノベノちゃん

他VTuberのWiki

どなたでも編集できます

閉じる
エイレーンファミリー非公式Wiki