ノクターンノベルズにて連載中の小説、大樹霜氏の「ガールズモンスター」についてのまとめwikiです。

ケイオス


名前初出:36−4.ガルモン年鑑
初出:124.S級会議・議題4

所属

誕生領域:人間領
最新階級:S級9位

容姿

髪の色:
000000
瞳の色:
000000

何か暗い感じのぱっとしない人*1

神経質そうな顔*2

2023/3/30に作者によって行われたAIによるイメージイラスト作成(該当Twitter投稿)



仲間ガルモン
名前レベル種族価値備考編集
テスカトリポカ93邪神9200298&299年度、24人の最強ガルモン23位受賞者
サウディーラ89邪神騎士9100
エルカーラ88邪神導師9100
フレイヤ・アモン84魔王8700賭けの結果赤井直斗に奪われた
ロナ・バルバトス82魔王8700賭けの結果赤井直斗に奪われた
フィリア・オセ77魔王8600賭けの結果赤井直斗に奪われた
アナベル・ゼパル80魔王8900
シリン82堕天使8900ふたなりマスター ケイオスの愛人
ヒュドラ89邪竜王8800


経歴

  • 誕生:231〜232年頃
 アウグスタ血統の末裔として、竜魔インペリアスの息子として産まれる。
  • デビュー:246〜247年頃

 250年頃、血気盛んだったのもありアウグスタ血統より受け継いできた魂写の神像*3の効果対象を、
 当時魔物領から攻撃を開始したばかりのレイア・アガレスへの魔力に変更し追跡可能とした。

 魂写の神像の力を借りてレイア・アガレスに対して攻撃するが敗北したため多くの騎士を犠牲に生き延び、そして20年後再度挑戦するがまたも敗北する。
 これによりレイア・アガレスの討伐を諦め、代わりに所在地が分かる利をメリットに変えるなどして、彼女から浴びせられた屈辱感を慰め続けた。*4

 魔王3人を引き連れ、テスカトリポカの力で強化して戦う姿から『魔王』と呼ばれるにように。

 息子カオスからティアマトを奪ったデュラスが1年に渡って逃げ回る事に業を煮やし父と兄の命を使って脅し、騎士契約に準ずる待遇で服従を強要する。*5

 地球世界から転移してきた赤井直斗を自らの地位を貶めると思い早めに潰そうとするがことごとく失敗、
 挙句の果てには自らの騎士であるダイモスとザッカードを領コーライル攻撃戦に差し向けるが、
 やはり失敗し魔王のセフェル・ハルファスとレオーネ・プルソンを失う結果に終わる。

 襲われる形となった直斗により責任を問われるものの責任逃れに終始し、最終的にS級トーナメントまで持ち越される事になる。
 赤井直斗にS級トーナメントで敗北、魔王3人を奪われ、
 自らが契約させた全ての契約を解除するした上で、次のS級会議で今までの行いを全てを白状する事になる。

 1月S級会議の結果今までの行為を罪に問わない代わりに、魔神の所在をどうやって掴んでいたかを白状、魂写の神像*6赤井直斗に贈与する事になる。

 301年6月下旬に行われた赤井直斗杯にはS級上位の為参加しなかったのだが、シャイナの優勝後に自身に挑まれ敗北、
 他マスターの上位からの自動陥落に対してさらに上位に挑める権利を行使された事によって最終的に9位まで陥落する。

 徒弟*7制度にて、初年度終了時点である301年10月末現在の育成状況はC級4名、D級2名、H級1名*8達成するが1名死亡*9させてしまう。
 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!