ノクターンノベルズにて連載中の小説、大樹霜氏の「ガールズモンスター」についてのまとめwikiです。

コーネリア・ストラス


名前初出:657.第二回魔神戦争準備(1)
初出:731.第二回魔神戦争 終戦*1

所属

誕生領域:魔物領
最新階級:13人の最強魔神 序列7位
最新所属:赤井直斗の所持ガルモン

容姿

髪の色:クリーム色
ffedb3
瞳の色:金色
ffd700

おっぱい:たわわな爆乳
陰毛:あり(剃毛の対象)


メガネはかけていないが、どこか理知的なクールビューティといった雰囲気。

ピンクというにはクリーム色っぽい髪。
くりんくりんの縦ロールは、お嬢様っぽい。
金色の眼差しは、特に怒りや憎しみといった悪感情が無いため一見優しげにも思えるが、
それは人間に対する無関心さを示すものでしかなく、実際には冷酷さを示しているようにも思えた。
おっぱいも、実にたわわな爆乳。*2

2023/5/31に作者によって行われたAIによるイメージイラスト作成(該当Twitter投稿)


ステータス

星7★★★★★★★☆☆☆

UR種族:魔神誕生:123年ごろ属性:魔レベル:97/65*3初期価値:5000

覚えたわざ
特性次元の魔神デバフ、全状態異常、即死、バフ解除完全無効 ターン1回、技回数1回復
戦闘中1回任意で魔神覚醒 (1段階)を使用可能
次元操作スキルを任意に使用可能 技9個所持

魔神覚醒 (1段階)
HP15倍、全ステ3倍、解除無効 2回行動
HP0で食いしばり発動、HP全快 魔神覚醒 (2段階)
魔神覚醒 (2段階)
HP15倍、全ステ5倍、解除無効 3回行動 技装備数5
HP0で食いしばり発動、HP全快 魔神覚醒 (3段階)
魔神覚醒 (3段階)
HP15倍、全ステ7倍、解除無効 4回行動 技装備数6
レベルわざ名最大回数効果備考
〜97次元操作-コーネリア・ストラスの持つ次元操作能力
魔技・ストラスが、呼吸するように完全に使いこなせるように進化したもの

(非戦闘中)
・ゲート
  人間領のゲートは当然使用可 他にも、以下のような特殊ゲートを使用可
   大規模ゲート
    大軍を任意の場所に転移できる 轟音により、転移は広域に鳴り響く
   超高速ゲート
    決まった場所のみだが、3秒で転移可能
   強制ゲート
    初めて行く場所にも任意に移動できる
    システムメッセージにより、転移を近傍の魔神に連絡する
    マスター3人、ガルモン24人まで転移可能
    これは召喚獣を含めて24人であり、
    編成していない召喚獣を召喚することはできない


(戦闘中/非戦闘中)
・次元干渉
  隔絶した次元への小規模な干渉が可能
  声を届ける、小さな物品を届ける、スキルの譲渡
  弱いスキルの発動(次元干渉可の記載のあるスキルのみ)
バトルフィールド内←→外
ダンジョン   内←→外
・アイテムボックス
  アイテムを異次元に格納し、自在に取り出せる
強制ゲートをこれからの戦いに向け使用する上で、システムに対してどの程度制限されるか申請した結果、表記修正される。*4
〜97魔技・終焉の黒5絶対的な破壊と死を齎す究極の魔技
格で大きく上回っている場合は相手を無条件に消滅させる
魔属性物理貫通、究極×50ダメージ、完全貫通
原初の魔神ルシファーのスキル
〜97魔技・次元移動3010m以内の近距離移動は瞬時に自在に可能
1秒間に2回以上使用すると回数を消費する
〜97魔技・次元破壊ディメンションデストラクション15魔属性魔法全体究極ダメージ×30
空間全てを破壊し、盾系防御、バリア系防御で防ぐことはできない
〜97魔技・次元の支配者ディメンションロード10空間を支配し、掌握する
次元切断-空間の繋がりをバラバラにすることにより、敵の攻撃を届かなくする
次元の断層を計算すれば攻撃することも不可能ではない
魔技・次元の支配者ディメンションロード
補助効果スキル
次元接続-空間任意の場所と任意の場所を接続する
味方の攻撃を即座に届ける 敵の背に一瞬で移動する、など
魔技・次元の支配者ディメンションロード
補助効果スキル
〜97魔技・次元消滅ディメンションロスト10敵の攻撃を異次元に吹き飛ばすことで、
あらゆる攻撃を無条件に消滅させる 任意発動
〜97魔技・次元断層10空間の断層を用いて敵を両断することであらゆる敵を即死させる
即死しない場合は魔属性魔法単体究極ダメージ×30 貫通+突破
〜97魔技・次元覚醒10自身全ステ400%UP、重ねがけ可
別次元のコーネリア・ストラスに力を借りることで
あらゆる状態異常を癒やし、HPを全快させる
〜97魔技・次元のディメンションゲート15異次元から様々なものを呼び寄せる

 ランダム召喚
  異次元から魔獣を召喚する
  どのような魔獣が来てくれるかは運次第 従わない可能性もある

 魔獣召喚
  契約した魔獣を召喚する
   ・LV200 ブラックオウル
     黒フクロウの魔獣 高い知恵を持つ 次元干渉可
   ・LV400 デスシャドウ
     黒い死神の姿をした魔獣 アンデッド 高度な魔術を操る
   ・LV600 ファントムドラゴン
     霊属性のドラゴン 強大な力を持つ
   ・LV800 ディメンションビースト
     次元の力を持つ強大な魔獣 次元を渡る力と圧倒的な怪力を誇る

 仲間召喚
  3人まで事前登録した仲間を召喚できる*5
   ・ミオ・パイモン
   ・キャロライン・ウアル
   ・風見華南

 魔技召喚
  登録した技を4つまで異次元に格納 戦闘中入れ替えられる
  入れ替えには次元の門を消費する
  次元の門を消費することで入れ替えずに使用することも可能

 魔技格納
  技を7つまで格納できる 戦闘中に入れ替えられない 移動中は任意に入れ替え可
〜97魔技・次元束縛ディメンションバインド10敵の居る次元を狭めることで行動を封じる魔技召喚に格納中
〜97魔技・次元反射ディメンションリフレクト10敵の攻撃を、次元をつなげることで敵に当てる 任意発動魔技召喚に格納中
〜97魔技・次元混沌ディメンションカオス10次元をめちゃくちゃに変質することで、敵の正気を失わせ混乱させる魔技召喚に格納中
〜97黒き剣-魔属性物理単体究極ダメージ
コストパフォーマンスの良い近距離攻撃 次元干渉可
魔技格納に格納中
原初の魔神ルシファーのスキル?
〜97黒き閃光-魔属性魔法単体究極ダメージ
コストパフォーマンスの良い遠距離攻撃 次元干渉可
魔技格納に格納中
原初の魔神ルシファーのスキル?
〜97黒の再生30味方単体究極回復 次元干渉可魔技格納に格納中
原初の魔神ルシファーのスキル?
〜97黒の加護30味方単体全ステ200%UP、重ねがけ可 次元干渉可魔技格納に格納中
原初の魔神ルシファーのスキル?
〜97黒の召喚30LV100以下の弱い魔獣を1体召喚可能 次元干渉可魔技格納に格納中
原初の魔神ルシファーのスキル?
〜97黒の盾30味方単体完全防御 次元干渉可魔技格納に格納中
原初の魔神ルシファーのスキル?
〜97黒の守り30味方単体ダメージ1/10 次元干渉可魔技格納に格納中
原初の魔神ルシファーのスキル?
召喚獣

開閉



最新表記ステータス*6

開閉



元配下魔将

開閉


配下たちによる直斗との戦闘の結果

配下魔将
名前レベル*7備考
ノクト65013魔将の第一将 男性吸血鬼
現在は断絶したドルヴァン血統の血を唯一受け継ぐ存在。*8
キロス62013魔将の第二将
エスクール55013魔将の第三将
プラーナ60013魔将の第四将
ルナによって1本目に奪われた『終焉の黒』により恒久的な戦闘不能に陥った。(二日目のRound3)
ノヴァー13魔将の第五将
ロヴィア60013魔将の第六将
四日目のRound11にて、『終焉の黒』を3本目として奪われるが、
キャロライン・ウアルに守られる形で生存。
トランダム13魔将の第七将
シノープス13魔将の第八将
オズバーンの恒久的な戦闘不能を見届けた後、ユーフォリアにHPを削られた状態で、
ルナによる『終焉の黒』にって恒久的な戦闘不能に。(二日目のRound5)
アーカンジェロス13魔将の第九将
HPをギリギリまで削られた状態で、『終焉の黒』により恒久的な戦闘不能に。(四日目のRound10)
フルーリー13魔将の第十将
ザザエル13魔将の第十一将
オズバーン13魔将の第十二将
ユーフォリアの活躍によって、ルナから2本目に奪われた『終焉の黒』により、
恒久的な戦闘不能に陥る。(二日目のRound5)
ペシリテ13魔将の第十三将
アザナ400初日の1回目の攻防にてノクトに率いられる形で登場
恒久的な戦闘不能に陥ったと予想される。
リエーダ360初日の1回目の攻防にてノクトに率いられる形で登場
恒久的な戦闘不能に陥ったと予想される。
ハリュス420初日の1回目の攻防にてロヴィアに率いられる形で登場
マシュカ350初日の1回目の攻防にてロヴィアに率いられる形で登場



経歴

  • 誕生:123年ごろ
 178歳 『魔神軍師』と呼ばれるストラス家の末裔として産まれる。     
  • デビュー:
 ルシファー閥における軍師として名を馳せており、当代の13人の最強魔神に数えられる強力な魔神。
 その上で勇壮な26の魔軍を所持しており、その戦力は魔神の中でも随一だと噂され、魔軍を指揮するのは13魔将と銘打たれた魔神にも匹敵するとされる魔将によって率いている。

 派閥の三大筆頭の一人であり、ゲルトルード・マルバスヴィオラ・フォカロル*9の2人と派閥の長をめぐり競い合っているようだ。
 コーネリア派の筆頭として、配下の魔神にミオ・パイモンシェリル・ガミジンキャロライン・ウアルの3名がいる。

 第一回魔神戦争?にて敗北し殺害されたファサリナ・アロケルの顧客の一人であり、彼女から魔人間*10を購入した履歴が存在する。


 ナイア・ウァプラに提示された*11目的地の通り道であるとして、第二回魔神戦争の標的になり赤井直斗サイラスの二人と戦争、
 スキル『終焉の黒』*12によって直斗を苦しめたが力及ばず、サイラスと最終決戦を行う事となり敗北。
 勝利したサイラスにより投降するか死ぬかを選択させられることとなり、
 殺害されて人間領へ転生し人間となる事で心から恭順させられるよりは、生き残って逃亡の可能性がある赤井直斗の仲間になる事を選択した。

 契約の条件としてキャロライン・ウアルと同一の条件*13による庇護を求め、最終的に『次元の魔神』としての潜在能力を危惧されたので、
 通常の生活ではすべての魔法の使用を制限された状態で生きることを余儀なくされている。


 第二回魔神戦争終結後、1月5〜6日の期間にサイラスと直斗の協力で行われた魔物領突撃作戦終了後、
 直斗による再度の正式な仲間への勧誘が行われ、当日から半年の間勝負を行うこととなり、

 ・1日に体感時間で1時間、直斗は自身に対して自由に接触可能、ただし接触可能なのは手のひらのみである。
 ・忙しいなどの理由で監禁部屋に来れない場合は翌日二時間、最終的に平均一時間とする。
 ・触れていいのは背中のみ。それ以外に触れ、拒絶した場合は即座に手を離す。
 ・上記の行為の直後、再度の接触に対して、自身が言動で拒絶した場合は再度接触してはならない。
 ・6ヵ月の期間終了後、自身に対してどうするか設問する。その時に解放を望んだ場合は解放し、望まなかった場合は直斗のガルモンとなる。
 ・望まずに解放された後、直斗と正面からバトルして敗北した場合は実力を認め直斗のガルモンとなる。

 という特殊なルールの下で勝負を行う事となった。*14

 屈伏勝負に関しては、貞淑な魔神として最初期は腹部や胸部に少々触れるだけで静止を命令していたものの、*15
 キャロライン・ウアル謹製*16の特殊なマッサージクリームの効果によるものか、月を追うごとに直斗によるマッサージに対するガードは緩くなっており、
 5月時点では処女ガード*17を無効化して、直斗の類い稀な性技術によって鍛えられた舌技を受け入れており、ミオ・パイモンによる1時間の経過を理由にしたマッサージの停止に対して、
 ガルモンとしての本能を誘発させられたのか物足りなさ気な雰囲気を醸し出しながらも、一抹の自制心から直斗への抵抗心を露わにしていた。*18

 期限まで1ヵ月となった6月時点で、屈服勝負のために軟禁場所へ登場した直斗に対して先月の対抗心は何処へやら、彼を全裸姿のまま笑顔で迎えたのである。
 そのまま本心からとしか思う他無い濃厚なキスによる性的接触を行った後は、直斗より処女ガードが効かなくなったのもあるのか性行為を行わないかと交渉。
 逡巡する様子を見せると、直斗は肛門によるアナルセックスに切り替えたためそれを了承、
 自身が気絶するその時まで半ば屈服したような姿で男性器を楽しみんだのであった。

 とは言え、キャロラインに語るところ*19によれば、本月の直斗との肛門性行為は、これまで背中に受けた奉仕により高ぶった感情を少しでも満たそうとした結果であるとして、
 肛門性行はその為の策であり不浄な領域で楽しんだ分、自尊心を回復せしめたとして直斗との屈服勝負の終了まで1ヵ月、勝ち目はあるだろうと自称してた。*20

 そのままアナルセックスに耽溺したのか、毎日のように直斗の濃厚な魔力を含んだ子種を肛門へ受け続けるあまり、
 ついには直斗と勝負を行う上でアーシュラより提示された、絶対のルールとしてはずの1時間の制限すら撤廃する始末で、
 理由としては、多大なる快楽により気絶した結果過ぎていた期間、体感時間を無効としたいという理由である。

 結果、自身とキャロライン、ミオの元コーネリア派閥3名全員で直斗と性行為を、精液を浴びるほどに楽しみ続け、
 この時点で残り半月、既にゲームの趨勢に関しては一応は予断を許さないまでも、彼による魅力的な性行為の虜となった事実を再確認させたのであった。


 直斗との勝負の期限直前となる6月末*21
 いつものように自身とミオ、キャロラインの3名で直斗との性行為を楽しみ終え疲れから寝静まっていた頃、
 この瞬間に待ち望んでいた逃亡のために必要な微かな隙が発生したのである。

 その方法とは、ミオの能力である読心の力を利用し、己の思考を彼女に流し込みゲートの魔法を行使させる方法で、
 これは牢獄に寝室時間を利用した関係で監視する外部と、内部の時間的ズレを利用した魔神軍師と呼ばれるに相応しい奇策であった。*22
 目的地は当然、魔神の力を取り戻すべく自身の小魔核が鎮座するストラス城を選択、まんまと転移し直斗パーティのくびきから逃れる事に成功した……。
 

 と思いきや、転移した自身の眼前に現れたのはストラス城の一室で軟禁され、城の管理を任されていた魔神フェリシア・セーレその人であった。*23
 これにより逃亡劇は失敗、封印解除に使用するはずであった小魔核もサイラスによってロックを掛けられていると判明し、完全に詰んでいたと理解。*24
 フェリシアとの会話中に登場したアーシュラ・ベルゼビュートの説得の元、まだ寝ているであろう直斗のいる場所に舞い戻る。

 最終日、上記の逃亡行為を書き留めた報告書を直斗と手渡した後に、直斗と心行くまで*25アナルセックスを楽しみ続け、期限となる午前0時迎えた。*26
 勝負の結果は、最後まで屈伏を認めなかったが故に自身の勝利で終わり、直斗に対してパーティからの離脱を含めた要望権を獲得する。

 直斗に対する要望は、『直斗とセックスさせて貰う』と願い出た。 
 正確には、処女を奪い男性器を挿入せよ。自身の子宮内に射精し、精液を注ぎ込み必ず妊娠させよ。
 理性を理由とした合理的判断のもと判断と自称しており、下記6つの例を挙げている。

 ・人間の中でも魔力が極めて濃密、良質である。
 ・天の魔神フェリシア・セーレの契約者であり資格は十分。
 ・性交の技術も秀でており、十分な快楽が約束されている。
 ・才能にも秀でた、良血統である。
 ・生まれてくる子供が非常に優秀であると立証されている。
 ・育成能力が極めて高く、生まれてくる子供の生育環境としても望ましい。

 これにより、直斗とは所持ガルモンとしての被支配関係などではなく、一人の妻として、
 次代のストラス家を継ぐに足る、愛し子を妊娠し出産するその日までともに生活し、直斗の濃密な性を一身に受け続ける腹積もりだとする宣言である。
 これは魔神の血統を継ぐ者として最も利益を得られると確証を得られたからこその判断であった。

 結果としては、ハーレムリーダーである華南、第一の懐刀を自称するアーシュラ・ベルゼビュート、
 さらには復活したルシファーの魂をその身に宿すルナ・ルシファーなどの自他ともに認めるであろう強豪勢を押しのけ、直斗の一番の妻の座を勝ち取った形となる。
 その上で直斗の子をその身に宿すと決めた以上は彼のために戦い続けると誓い、正式に直斗パーティの仲間の一人となったのであった。


 直斗の仲間となった直後の7月、彼が遂行し続けている妖精領包囲作戦の4回目にて、
 勇者コレットのクラスチェンジに使用できるS3級アイテムの伝説の女勇者の教本を発見。
 これ自体は有用なアイテムなのだが、このアイテムには使用の度に難易度が激烈に悪化するデメリットを抱えており、4回目の出現とあって使用自体を躊躇する事態となった。

 これに対して直斗は仲間内で相談の機会を設け、この問題に対し次元の魔神としての膨大な知識により難易度低下の解決法を提示、
 方法は、他マスターに、コレットと、教本、遺物の神書を与え、破棄させた教本を神書の力で再度手に入れ直す方法であった。
 直斗は恋人達にこれを提案、女勇者へのCCはシャイナが挑戦させることなり、これにより難題は解決をみたのだった。
 
 そして、直斗は上記の礼に自身の陰毛を加工した直斗の性衣*27を贈与、妻としての性行為を行った直後、
 最初に仲間になったガルモンとして、ハーレムリーダー*28を務めている異魔神風見華南より、自身と同様の次元に関する能力故にどうすれば強くなる相談を受け、
 これに対して彼女が自身の眷属となれば即座に強化されるだろうと提案し了承、華南を眷属の一員として雇用、召喚できるようになる代わりに多大な力を与える。


 8月には妖精領包囲作戦の5回目?に直斗のガルモンとして初めてダンジョン攻略に参加、元13人の最強魔神として24人の最強ガルモンに選抜れるほどの実力を発揮、
 高度な次元操作能力によりマッピングを瞬時に終わらせ、その上ダンジョン内の宝箱をすべて発見可能である事実を見せつけたのだった。
 対して直斗は、仲間たちの成長を阻害しうると感じるほど手に余る圧倒的な能力だと理解、自身に頼らない探索を宣言した。*29

 初期価値:5000
 レベル:1/50
 種族:魔神?
  • 赤井直斗の仲間に正式に加入し、ステータスを公開した時点
 価値(当時):9600
 レベル:97/65
 種族:魔神
 所有者:赤井直斗
 ステータス掲載回:「796−1.コーネリアとキャロラインのステータス」
 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!