ノクターンノベルズにて連載中の小説、大樹霜氏の「ガールズモンスター」についてのまとめwikiです。

フローラ


名前初出:574−11.徒弟編59 光花騎士(フローライト)(1)
初出:574−11.徒弟編59 光花騎士(フローライト)(1)

所属

誕生領域:ファルナ
最新所属:セレスの所持ガルモン

容姿

髪の色:金髪
ffd700
瞳の色:エメラルド
00b379

おっぱい:爆乳?
陰毛:


黄金を彷彿とする、美しい少女。
白い肌を彩る長い金色の、柔らかそうなさらりとしたストレートヘア。エメラルドの瞳。光のような美しい白い鎧を身にまとっている。
そのおっぱいは美くも非常にたわわで まるで光をまとっているような。
奇跡的なほどに、とても美しく魅力的な少女だ。

2023/3/19に作者によって行われたAIによるイメージイラスト作成(該当Twitter投稿)


ステータス

UR種族:光花フローライト誕生:不明属性:光レベル:1/50初期価値:5000

覚えたわざ
特性光花魔力が光の花として出現する 出現した光は攻防自在の能力を持つ
魔力に応じて威力が高まる
51までに下記特性効果に成長
光花フローライト魔力が光の花として出現する
出現した光は攻防自在、魔力に応じて威力が高まる または魔力を高める能力を持つ
レベルわざ名最大回数効果備考
初期技剣で切る30無属性物理単体小ダメージ既に別のスキルに上書きされている。
初期技光花5特性の光花を戦闘中1つのみ、任意に増加させられる下記神技スキルに進化しているだろう。
 〜51*1神技・光花フローライト30特性の光花を計6つまで、任意に増加させられる
光花が6枚散る毎に任意の技回数+1回復

光花を1つ消費し以下の効果を発動可能
・光花以外の技回数1回復
・スキルチェンジを使用可
〜51神技・聖月覚醒ファルーナーク10聖なる月の光を浴びることで、飛躍的に能力を跳ね上げる
効果は経過ターン数及びフローラの精神状態により変動する
最高HP10倍、全ステ4倍、行動回数+3回
最低HP、全ステ2倍、行動回数変化無し
月夜であれば技回数消費は1回だが、日中使用するためには消費回数10倍
〜51神技・崩壊光ガンマ・レイ14光属性魔法単体究極ダメージ、貫通+突破
攻撃時に光花を通る毎にダメージが倍化する

代償として以下が発生
・光花が散る
・崩壊光の技回数が0になるまで、技回数を追加消費する
・崩壊光の技回数が0以降、自身究極ダメージ、以後発生毎にダメージ倍化
〜51神技・聖光剣ファーフレイア15光属性物理単体究極ダメージ、貫通+突破、先手、必中
攻撃時に光花を通過する毎に、攻撃回数+1 光花が散る
王位継承者のみが所持できるファーフレイン王国に伝わる伝説の神剣
〜51光速レイカリファ30自身を光と化し、物体をすり抜け短時間の光速移動を可能とする
〜52神技・聖女の鼓舞ファリアエースト15味方全ステ50%UP、ターン1回任意発動 広域に効果を及ぼす
〜52神技・聖女の祈りファリアーメス15味方全大回復 戦闘中1回のみ食いしばり付与 広域に効果を及ぼす
〜52神技・聖女の守りファリアガンド15味方全完全防御 極めて広範囲を守護することができる

最新表記ステータス*2

開閉


経歴

  • 誕生:不明
 サイラスの縁者で、彼がガディンの自爆により死亡した後権勢を得た21代神聖君主サウザールにより苛烈な5年*3を過ごし、生き延びる為民を捨て逃げ隠れを余儀なくされる。
 サウザールが帝国の攻勢に対して自身のみ降伏し帝国の将軍となった結果、サウザールは神聖君主の権利を自動的に失い*4
 知らず知らずのうちに22代神聖君主となっており、ザウザールが逃亡した後の5年間リンダレナと言う2名の神聖騎士を連れ帝国からの
 猛攻を5年間守った末死亡しガルモンワールドに転移した模様
  • デビュー/転移:301年3月下旬
 ガルモンワールドに転移後、自らを発見した新人マスターセレスの説得により彼女と契約する。
 彼女は元神聖君主であったためか、圧倒的な性能を誇りセレスを1ヵ月でE級からC級まで一気に駆け上がらせるほどであった。

 ちなみに転移直後に、セレスの師匠である赤井直斗の紹介により、縁者であるサイラスと面会させて貰っている。
 彼に対して異世界ファルナへともに帰還しようと説得を試みたが、サイラスは既に転生している身であるからと断られた。
 
 その後は祖国ファ―フレインが帝国の猛攻により滅んでいる事実を語られ、
 この上で先々代神聖君主であるカイゼルの影響により、非業の死を遂げた場合はガルモンワールドに死亡直前の状態*5で転移する都合上、
 帰還してしまえば死の影響から逃れられずそのまま死亡してしまうと説明を受けた。
 
 行方不明であるフェリシアルクレツィア両名の発見した後には、
 ファルナ帰還を考える可能性もあると吐露されたのもあり、救出への手伝いを約束した。

 5月、ガルモンワールドに転生していたレナとリンダと面会、*6 彼女たちは転生の影響により記憶を失っていて、この事実に少々の寂しさを感じたものの再度仲を深め合う事に。


 上記のセレスをE級からC級までたった1ヵ月で一気に駆け上がらせた事実から見るように元神聖君主としての実力は圧倒的であり、
 302年1月初旬に発生した魔神レイア・アガレス襲撃に対して、S級マスター達の連戦による消耗があったとは言え、
 マスターであるセレスに対してA級マスターとして史上初の魔神撃破の称号の栄誉を飾らせている。

 しかし、3月に開催されたA級トーナメントでは、ファルナ時代の記憶の影響により敗北の憂き目に逢っており、
 準々決勝のルイス戦では、レナが前世では病弱で弓のみしか使用できないと思い込み、足による体術を受けたのが敗着となっている、
 特に決勝戦では、相対したユーフォリアの猛攻により、レナとリンダが戦闘不能になった瞬間、
 死亡直前のトラウマを思い出し、心神耗弱状態に陥ったのが原因により敗北していまった。

 4月2日に開催された、セレスやルイスのS級昇格祝賀パーティにて、
 賭けの結果によりルイスにより性行為の誘いを受けたのもあり彼に対して処女を散らし、
 この上で前世の死亡時の記憶を取り戻した事実を吐露、ファルナへの帰還は不可能であるとして、
 ガルモンワールドで、ファルナ時代では出来なかった幸せな生活を謳歌すると宣言した。
 
 初期価値:5000
 レベル:1/50
 種族:光花フローライト
 ステータス掲載回:「574−11.徒弟編59 光花騎士(フローライト)(1)」
 召喚者:セレス

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!