ノクターンノベルズにて連載中の小説、大樹霜氏の「ガールズモンスター」についてのまとめwikiです。

魔物領


 魔核と呼ばれる謎の存在*1により強化される種族が支配する領域
 301年時点で人間領の20倍程度あるらしい。*2

 魔物領という名前は、この地域に住む生物の大多数である魔物を語源としている。 

 魔物に関してはこちらを参照→魔物一覧

魔核

 魔物領の中心に存在するとされる黒い太陽と称される何か、
 誰も見た者はおらず、魔神達は自らに命令してくる存在として認識している模様。
 魔核によって魔神は最大10倍まで強化され、それは☆の数で強さを表し人間領の換算でレベル1000が最大らしい。
 魔神は4つ星以上とされる。*3 

 接続強度という概念があり、魔核から受け取る力の量によって命令を魔核からの命令を拒否できるか決まる。
 例えば切り上げを使用し自身のレベルを引き上げていていれば魔核からの命令を聞かざるを得ず行動を強制され、
 逆に切り下げを使用すれば魔核に力を返還する事となり命令を拒否しやすくなるようだ。

 例えば
 レベル71の魔神が、★10だったとして切り上げを使用すればレベル800となり命令を聞かざるをえなくなる。

 レベル79の魔神が、★10たっだとして切り下げを使用すればレベル700となり命令を拒否しやすくなる。
 
 レベル70の魔神が、★10だった場合はどちらも使用できず、その魔神の精神力によって魔核の命令に従うか否かは運を天に任せるしかない。
 となるようだ。

魔神

 現在72人いる人間領に対して攻撃を続ける敵対者、
 討伐する事で人間領に魔王として転生し、また人間領の魔王が魔物領で死んだ場合は魔物領で転生する。
 

 魔神は魂と記憶、二つの存在によって成り立っており、生まれた子は全て初代から続く魂をを受け継ぎ、親から子へと代々受け継がれてゆくのだが、
 記憶は一代飛ばしで転生するという特性を持つ。*4
 これが理由で奇数世代が強い力を持つ強力な魔神になるという性質があるようだ。*5


 最大寿命は約300年
 0歳 誕生
 1〜6歳 親元で過ごす
 7〜15歳 学校
 16歳 デビュー、成長開始
 150歳 ほぼ成長しきり、全盛期
 200〜250歳 成長が止まり、頂点に達する 以後緩やかに低下
 290歳 力の衰えが加速する 老化が開始する場合も
 300歳 寿命で亡くなる もしくは下剋上で殺され、その前に亡くなる



魔神一覧
順位称号名悪魔名名前レベル*6討伐済備考編集
1病毒バアルアリア・ベルゼビュート(故)
アーキレイア・ベルゼビュート(故)
ティアリ・ベルゼビュート(故)
エスタ・ベルゼビュート(故)
アーシュラ・ベルゼビュート




LV700*7
×S級4位赤井直斗の仲間
原初の魔神であるアリア・ベルゼビュートが祖。
5000〜6000年前ごろアーキレイアの代で竜神を撃破している。
魔神ティアリ・ベルゼビュート 150年レオンハルトが撃破
2地面アガレスレイア・アガレス(故)
デメトリア・アガレス
LV600*8

×ベルゼビュート閥の一員
人間領を50年ほど襲っていた魔神
第二回魔神戦争*9多数の魔獣を引き連れ3つの砦に侵攻したが、
居合わせた5名のマスターによる連続バトル*10により敗北、
降伏はしなかったためフローラ殺害され魂を奪われ、
後に魔将のデメトリアに使用された。
3ウァサゴ
4ガミジンシェリル・ガミジンLV500ルシファー閥のコーネリア派元一員
コーネリアが第二回魔神戦争にて敗北したため、
元々勧誘してきていた別の魔神の配下となった。*11
5マルバスゲルトルード・マルバスLV900?ルシファー閥の一員で三大筆頭の一角
13人の最強魔神の一人。 魔神会議に登場した。
6ウァレフォルアネッサ・ウァレフォルルシファー閥のゲルトルード派一員
ゲルトルードより時期13人の最強魔神に推挙されている
7煉獄アモンフレイヤ・アモン×S級4位赤井直斗の仲間
原初の魔神マモンの直系子孫
魔神ダイアナ・アモン 240年レオンハルト撃破
8狩猟バルバトスロナ・バルバトス×S級4位赤井直斗の仲間
魔神リリーナ・バルバトス 192年レオンハルト撃破
9悟りパイモンミーア・パイモン(故)
ミオ・パイモン
LV400×S級4位赤井直斗の仲間
301年から数えて30年ほど前に、
魔物領で一度死亡しており既に人間領にはいなかった。

魔神として復活後はルシファー閥のコーネリア派一員
第二回魔神戦争にて屈服し直斗配下になる。*12
10ブエルアレスタ・ブエル(故)
ストレア・ブエル
時期は不明だが、魔物領で死亡しており既に人間領にいない
魔神として復活後はルシファー閥のヴィオラ派一員
ヴィオラより次期13人の最強魔神に推挙されている
11グシオンフロル・グシオン×デュラス所持 人間に敗北する前はサタン閥の一員
12シトリーピュリア・シトリーLV500ルシファー閥のゲルトルード派一員
300年5月末頃に一斉襲来した魔神 S級2位アクエリアが撃退
301年6月初旬頃一斉襲来した魔神の一人
S級1位サトル&S級19位ギドセンで防衛、
ギドセン騎士3名の被害と、サトルの5ターン×3回で撤退
13ベレトメリッサ・ベレト(故)
クラリッサ・ベレト
×妖精領のマスターベルサリアが所持
妖魔神になっており、先代ベリト、ジョゼットの縁者だったようだ。
ベルサリアに敗北する前はベルゼビュート閥の一員
14レラジェリーフィ・レラジェLV370300年5月末頃に一斉襲来した魔神 S級1位サトルが撃退
301年6月初旬頃一斉襲来した魔神の一人
妖精公爵ベルサリア1戦(永続)で撃破、S級20位ゼイロスは戦闘せず
15エリゴールコーラル・エリゴールLV350300年5月末頃に一斉襲来した魔神
S級8位アレフが撃退+S'級4位フィリップ
301年6月初旬頃一斉襲来した魔神の一人
S級5位ケイオス、吸血女王デルフィオラ?で防衛
ケイオスの騎士被害2とデルフィオラ眷属の死亡*13した所で撤退
16ゼパルアナベル・ゼパル×アウグスタ騎士団20位シリン所持
17ボティス×吸血女王アルマにより撃破、そして眷属として支配されている
18バティンジゼル・バティンLV400ルシファー閥のヴィオラ派一員
300年5月末頃に一斉襲来した魔神 S級3位サイラスが撃退
301年6月初旬頃一斉襲来した魔神の一人
S級8位アレフ、S級11位ガザイン
S級12位ゴルディン、S級15位ドゥネスで防衛
ドゥネスの騎士被害1とゴルディン騎士被害1で撤退
19サレオス
20プルソンレオーラ・プルソン×*14S級5位アウグスタの騎士ザッカードが所持 死亡した可能性が高い
ザッカード自身は魔物領に逃亡し行方不明
21モラクスアルビラ・モラクスLV480300年5月末頃に一斉襲来した魔神 S級4位レオンハルトが撃退
301年6月初旬頃一斉襲来した魔神の一人
吸血女王アルマ、S級18位イヴで防衛
アルマ1戦→イヴ1戦→アルマ1戦(永続)の流れで撃破後撤退
22イポス
23アイム
24ナベリウスセルベリア・ナベリウスLV460ベルゼビュート閥の一員
300年5月末頃に一斉襲来した魔神
S級6位デュラス火女神ヒルデガルドが撃退
301年6月初旬頃一斉襲来した魔神の一人
S級16位シャイナ・コーライル、吸血女王エルマで防衛
シャイナ、エルマ、エルマの眷属が交互に戦闘
エルマの眷属は死んでも復活するため結果被害0の状態で撤退させた。
ノルシュテインの魔窟の基礎を構築した
25グラシャラボラス
26ブネパトリシア・ブネ妖精領の存在を配下の魔将グールドに命じ
連れ去らせていたと思われる、ラウリアの仇とみられる魔神。
302年2月に、妖精領の北東10ブロック先に居城の存在が判明した。
27ロノウェ
28ベリトジョゼット・ベリト(故)
シャルロット・ベリト

LV700
ベルゼビュート閥の一員
13人の最強魔神の一人。 魔神会議に登場した。

301年6月初旬頃一斉襲来した魔神の一人
覇王カイゼルとみられる魔将を伴って現れる
恩を受けた先代ベリト、ジョゼットを殺害して魔神にのし上がった。
S級7位ファウゼル、S級13位オルテンシア
S級14位ガーランド、S級17位ジュリアンで防衛
シャルロット相手でファウゼル騎士10名、
カイゼル相手でオルテンシア騎士1、
ガーランド騎士7、ジュリアン騎士10の被害が出た所で
レラジェ戦を終わらせたベルサリアが途中参戦したため、
数的不利を悟った両名は撤退した。

302年9月3日 魔神会議にて決定した人間達への降伏勧告にて、
当時S級21位フェルグスを殺害、彼が所有していたダーキニー、ジェシー、スイール、セネ*15の4名に対して、主人の悲劇を示す首級を手に降伏勧告を書いたメッセージを届けさせた。
29アスタロトセレーネ・アスタロト(故)
メリム・アスタロト
×S級3位サイラスの仲間
ベルゼビュートより因果崩滅の魔剣ヴィゾーヴニルを授られている*16
魔神メリム・アスタロト サイラス単独撃破
セレーネはメリムの先代だと思われる*17
サイラスに敗北する前はベルゼビュート閥の一員
30フォルネウス
31フォラス
32アスモデウスマリア・アスモデウスLV1000原初の魔神? アスモデウス閥の一員(当然当主だと思われる)
13人の最強魔神の一人。 魔神会議に登場した。
33ガープローズマリー・ガープLV600?サタン閥の一員 原初の魔神サタンの血を受け継いでいると自称。*18
13人の最強魔神の一人。 魔神会議に登場した。
34フールフールファナ・フールフール×エルサリアの仲間
35マルコシアスマリエッタ・マルコシアス×S級1位サトルの仲間
サトルに敗北する前はサタン閥の一員
36次元ストラスコーネリア・ストラスLV700×13人の最強魔神の一人。
第二回魔神戦争の最終盤にてサイラスとバトルを行い敗北、
勝利したサイラスから投降するか、死殺されるかを選択するよう命令、
殺害されて転生することで人間たちに恭順するよりは
生き残って逃亡の可能性がある赤井直斗の仲間になる事を選択した。
元々はルシファー閥の一員で三大筆頭の一角であった。
コーネリア自身は魔神軍師と呼ばれる。
37フェネクス
38ハルファスセフェル・ハルファス(故)
グリエラ・ハルファス
×S級5位アウグスタの騎士ダイモンが所持→故人、
魂は赤井直斗が所持→グリエラに使用。
セフェルはグリエラが魔技・ハルファスを使用した時
幻影のような形で現れるようになった。
その後グリエラが銃魔神にクラスチェンジした時に
セフェルは現実の身体を持って召喚できるようになる。*19
39マルファス
40ラウム
41フォカロルヴィオラ・フォカロルLV600?ヴィヴィアの母 ミレット・フラウロスと自他ともに認める親友。
13人の最強魔神の一人。 魔神会議に登場した。
ルシファー閥の一員で三大筆頭の一角
42ウェパルウィリア・ウェパルLV400*20×S級2位アクエリアの仲間
43サブナック
44シャックス
45ヴィネ
46ビフロンス×164.300年5月S級会議(2)にて、レオンハルトにより
サイラスがこの時点で2体の魔神を撃破したと話題が存在。
残るもう一体がメリム・アスタロトだとすれば、
サイラスによって殺害されていたのだろうと予測される。*21
47ウヴァル(ウアル?)キャロライン・ウアルLV450×元ルシファー閥のコーネリア派の一員。
第二回魔神戦争で赤井直斗に撃破され、
条件付きで仲間になる事を選択した。
48ハーゲンティ
49クロケル
50フルカス
51バラムヴィルヘルミナ・バラムLV800?13人の最強魔神の一人。 魔神会議に登場した。
52万魔アロケルファサリナ・アロケル(故)
レムリア・アロケル
×アイングラスト領の隣を支配、人間を連れ去り奴隷商人をしていた。
第1回魔神戦争にてS級2位アクエリアにより討伐
アロケルの魂はアクエリアの手により分離され、*22
1週間程度保持される状態で封印されていた。
魂は後に魔神戦争終結後に救出された、レムリアに使用された。
53カイム
54ムルムル
55オロバスヴィクトリア・オロバスLV900ベルフェゴール閥の一員
13人の最強魔神の一人。 魔神会議に登場した。
フェリシアとルクレツィアによる派閥内の内乱を静観した。
56夢魔グレモリーミーティア・グレモリーLV350×S級4位赤井直斗の仲間
300年5月末頃に一斉襲来したが赤井直斗が撃退
後にコーライル領攻撃戦で撃破、直斗の仲間になった。
57双剣オセフィリア・オセ×S級4位赤井直斗の仲間
魔神オルセア・オセ 262年レオンハルト単独撃破
58アミー
59オリアス
60深淵ヴァプラナイア・ウァプラLV600グリエラを狙う敵だった
301年3月26日に撃退し赤井直斗と同盟関係を結ぶ
13人の最強魔神の一人。 魔神会議に参加した。
61ザガンベアトリス・ザガンLV600?アスモデウス閥の一員
13人の最強魔神の一人。 魔神会議に登場した。
62ウァラク
63アンドラスシレーヌ・アンドラスLV420300年5月末頃に一斉襲来した魔神
S級7位ファウゼル+S'級3位ラクリスが撃退
エルネスト領攻撃戦に襲来するもサイラスが撃退
301年6月初旬頃一斉襲来した魔神の一人
デュラス、S級9位カルカス、S級10位ハミルトンで防衛
ドゥネスの騎士1、ゴルディン騎士1の被害で撤退。
64フラウロスミレット・フラウロスミリアの母 ヴィオラ・フォカロルと自他ともに認める親友。
13人の最強魔神の一人。 魔神会議に登場した。
ヴィオラがルシファー閥の当主になれるよう協力している 派閥不明
65アンドレアルフス
66キマリス
67アムドゥスキアス
68ベリアルセイレム・ベリアル×シルヴァーナの仲間
70セーレフェリシア・セーレLV600*23ベルフェゴール閥の一員 13人の最強魔神の一人。
暴走したルクレツィアにより捕らえられていた。
302年1月5日、魔物領突撃作戦にてサイラスにより救出され、
治療する意味も含めてコーネリア城にて軟禁されていた。
精神の回復後はサイラスと直斗の保証により、
友好的な魔神としてある程度の自由が与えられている。*24
69デカラビア
71ダンタリオン
72アンドロマリウスルクレツィア・アンドロマリウスLV800*25ベルフェゴール閥の一員
13人の最強魔神の一人。 魔神会議に登場した。
配下のガディンの影響により暴走し、フェリシアを憎悪している。
番外ルシファールナ・ルシファー*26原初の魔神
サタンリリス・サタン?(故)
リディア・サタン
原初の魔神
直斗刹那の愛娘として転生した魔神。
9000年前危機に瀕したリリスが秘術により転生させた。

原初の魔神

 魔神が現在の状態になる前、
 7人の魔神の総称、この状態から増えたり減ったり分裂したりして現在の72名になったらしい
罪名悪魔名初代名備考編集
傲慢ルシファー8000年ほど前、第三次魔神大戦をレヴィアタン閥と競い権勢を高めた。

しかし5000年ほど前、頂点となった所で他派閥*27に連合を組まれ、
第五次魔界大戦勃発、過半数でなかったせいでルシファーは敗戦を重ねてしまい、
そこに至り配下に見限られたのか裏切りに合い、血肉と魂を食われ滅亡した。*28

5000年にも渡る力の継承にはロスがあったのか、
受け継げなかった分の魂が寄り集まり、*29
裏切った者達への怒りと憎悪により復活。

現在はルナ・ルシファー*30として転生している。
憤怒サタン原初の魔獣を150体率いていたとされる。
その中でも最強の存在が、現在のオリジン・ザ・ビーストで、*31
ウァプラの先祖となる人間に管理させていた。

およそ1万年前となる第一次魔神大戦時に偉そうにしていたという理由で、
他の魔神達から襲撃され城は破壊され配下ともども散り散りに、
第二次魔神大戦で一族郎党壊滅、滅亡の憂き目にあった。

滅亡の直前、当時のサタンであろうリリスの秘術により、
娘のリディア・サタンは再起の時が叶う未来まで転生させられ、
現代となる302年8月16日、赤井直斗赤井刹那の娘として宗家再誕に成功する。
嫉妬レヴィアタン6000年ほど前、第1神祖シルヴァリアによって撃破され眷属にさせられる
第四次魔神大戦の原因となり結果直系一族は滅ぼされた。
怠惰ベルフェゴール
強欲マモン古くは魔神等の盟主と呼ばれる程の存在だったが、
気前がいい性格だったらしく自らの血を配下に分け与え過ぎた結果
弱体化していったらしく8000年前には名目上の盟主、
5000年程前には名目上さえも無くなったと伝わる
暴食ベルゼブブアリア・ベルゼビュートベルゼビュートとなったと思われる
色欲アスモデウス72の魔神の中にいるため、現在も存続している

魔神の派閥

 魔神たちは上記の原初の魔神の名に応じた、
 派閥に大抵加入しており、派閥内で権力闘争をしたり、場合によっては協力したりと、
 あらゆる方法で自らの力を誇示している。

 この上で13人の最強魔神に所属する者は、七派閥の代表として、
 不定期に開催される魔神会議に参加してるようで、
 魔物領ではこの会議で次の所属者や事件等に対する対応を決めているようだ。

 正確なことについてはこちらを参照→魔神会議

 

魔将

 魔人の中で特に強い者。魔神の配下の者が多い。
 実力に加え、家柄によって魔将か魔人かが決まる面もある*32
 ★5ランクの魔将は魔神と同等の扱いとなる。
 男の魔将は長らく存在しないものと思われていたが、コーライル領攻撃戦で初めて人間に認知された。*33

 魔将のランク
 ★5 魔神の娘であり、魔神の正統後継者。

 ★4 魔神の娘ではない、魔神の後継者。

 ★3 魔神の娘

 ★2 魔神の孫、姉妹等、血縁

 ★1 魔神との繋がりのない魔将
魔将一覧
名前ランク備考編集
ヴィヴィア★3魔神ヴィオラ・フォカロルの娘。エルネスト領攻略戦で撃破され、赤井直斗傘下に。
ミリア★3魔神ミレット・フラウロスの娘。エルネスト領攻略戦で撃破され、赤井直斗傘下に。
デメトリア★1ノルシュテインの魔窟の元ダンジョンマスター。敗北後は赤井直斗傘下に。
後にアガレスの魂を与えられ魔王にCCした。
メフィス元ミーティア配下の魔人。コーライル領攻略戦以降、魔将に昇格しピントを襲っていたが、
命を助けられたことでピントの仲間に。 現在は妖魔将になっている。
アンリエッタナイアは配下の魔将。赤井直斗戦の1stで登場し、不甲斐ない戦いをみせたことでナイアの怒りを買い、赤井直斗のガルモンに
ジュナ?ナイア配下の魔将。アンリエッタの部下でメイド。赤井直斗戦の1stで登場。
ダニエラ?ナイア配下の魔将。アンリエッタの部下。赤井直斗戦の1stで登場。
グリゼルダ?ナイア配下の魔将。側近で主戦力の騎士*34。赤井直斗戦の2ndで登場。
ミランダ?ナイア配下の魔将。側近で主戦力のサポーター*35。赤井直斗戦の2ndで登場。
ラヴェーラ?ナイア配下の魔将。現時点での後継者の最有力候補。
リュドミラナイア配下の魔将。ナイアから友好の証として贈られ、赤井直斗のガルモンに
シュライア?ナイア配下の魔将。後継者候補だが、死なせるわけにも重用するわけにもいかない、微妙な相手とのこと
ルグラミオ配下の魔将。コーネリアに派遣されていたが、サイラスによって殺害されている。
ノクトコーネリア配下の魔将。13魔将の第一将 元々はドルヴァン血統の男性吸血鬼。
キロスコーネリア配下の魔将。13魔将の第二将
エスクールコーネリア配下の魔将。13魔将の第三将
プラーナコーネリア配下の魔将。13魔将の第四将
Round3にてコーネリアより受け取った『終焉の黒』をルナに奪われ、
それを使用した反撃により恒久的な戦闘不能に陥った。
ノヴァーコーネリア配下の魔将。13魔将の第五将
第二回魔神戦争の最後の戦いであるRound12にて、ルナの『終焉の黒』により恒久的な戦闘不能に陥った。
ロヴィアコーネリア配下の魔将。13魔将の第六将
Round11にてルナに『終焉の黒』を奪われたものの、キャロライン・ウアルによって守られ生存した。
トランダムコーネリア配下の魔将。13魔将の第七将
シノープスコーネリア配下の魔将。13魔将の第八将
オズバーンの直後、ルナの『終焉の黒』により恒久的な戦闘不能に陥った。
アーカンジェロスコーネリア配下の魔将。13魔将の第九将
Round10にてルナの『終焉の黒』により恒久的な戦闘不能に陥った。
フルーリーコーネリア配下の魔将。13魔将の第十将
Round4にてルナの『終焉の黒』により恒久的な戦闘不能に陥った。
ザザエルコーネリア配下の魔将。13魔将の第十一将
オズバーンコーネリア配下の魔将。13魔将の第十二将
Round5にて『終焉の黒』をルナに奪われ、それを使用した反撃により恒久的な戦闘不能に陥った。
ペシリテコーネリア配下の魔将。13魔将の第十三将
アザナコーネリア配下の魔将。
リエーダコーネリア配下の魔将。
ハリュスコーネリア配下の魔将。
マシュカコーネリア配下の魔将。
ゼフィラフェリシア配下の魔将。風の魔将と呼ばれ、フェリシア救出のため直斗サイラスに協力した。
オルキュラフェリシア配下の魔将。魔将巫女と呼ばれ、天啓として未来を予知する能力を持つ。フェリシア救出後、直斗のガルモンに。
イヴェルナ?フェリシア配下の魔将。炎の魔将と呼ばれた。洗脳されフェリシアを攻撃させられた。
エレノアフェリシア配下の魔将。雷の魔将。フェリシアとともに救出され、人間領へ
アクリル?フェリシア配下の魔将。水氷の魔将。ルクレツィアに捕まっている。
テラーヴァ?フェリシア配下の魔将。ルクレツィアに捕まっている。
ネヴィリム?フェリシア配下の魔将。ルクレツィアに捕まっている。
ガディン?フェリシア配下の魔将。異世界ファルナの転生者であり黒蛇魔将と呼ばれる。サイラスに敗北し、存在を消滅させられる。
グールドパトリシア・ブネ配下の魔将。 青い瞳のリザードマン。
主人の命によるものか妖精領の存在を多数連れ去っていた。
過去にラウリアの両親を殺害した上で、姉妹をどこかへ連れ去っていた怨敵。
302年2月、情報を手に入れたラウリアの手によって追い詰められ、パトリシア領の位置情報を吐かせられた。

魔人

魔物領に住んでいる一般的な住人。最初から最上級職であり、人間よりずっと強い力を持つ。
改造手術を施し一年ぐらいかけて身体を作り変えるか魔人化の魔薬*36を飲むことで人間を魔人にすることもできる*37
名前備考編集
ザックスアウグスタの騎士ザッカードが魔人化の薬を飲んで変化した魔人。レオーネ・プルソンを食べたことで魔神の力を持っている 魔物領に逃亡
ダイモスアウグスタの騎士ダイモスが魔人化の薬を飲んで変化した魔人。セフェル・ハルファスを食べたことで魔神の力を持っていた
直斗の手により殺害される、死体からセフェル・ハルファスの核を取り出した


魔人間

魔神の一人、『魔神の奴隷商』とも呼ばれるファサリナ・アロケル*38によって生み出された存在。
名前の通り元々は人間であり、作り出された理由は魔神の暴虐にさらされても死なないことを目的とした奴隷であると予想される。*39

改造の結果魔人間となるのはもっぱら戦闘能力のない男性マスターであり*40、魔人間に改造されたマスターは体内に子宮に類似する器官が体内に構成されている。*41
作成方法は身体に魔物の血肉を植え付け拒絶反応を抑えつつ定着するのを待つことであるが、当然抑えるとは言っても拒絶反応を0にすることは不可能であり、
副作用は精神に多大な悪影響を与え、中には発狂死してしまうケースもあるとされる。

ただ、魔人間作製の第一人者であったファサリナ・アロケルは死亡率を引き下げる方法を編み出しており、
方法としては改造対象者を精液を自身に接種させる方法によって苦痛を和らげ、魔物の肉片の定着を助け現在では90%もの成功率を誇るようだ。


魔神の暴虐に耐えられるように生み出されたせいか魔人間は異常なほど高いHPを誇り、*42
さらには敵の攻撃や魔神の逆鱗に触れるなど、肉体を破壊されるなどして一度死亡させられたとしても自身を構成する黒い魔力によって再生させられてしまう。*43

後に判明するのだが魔獣を多数合成された魔人間の性質は本来自爆*44であり、人間爆弾として使用すれば生命を犠牲に多大な破壊力を得られる。*45

名前備考編集
アインス(一ノ瀬明)元々は礼堂学園生徒であり、本編最初期に赤井直斗に対してバトルを妨害した罪により*46
NPCによって不明の場所に連れていかれたのだが、どこかで魔物領に連れ去られそのまま改造されたとみられる。
ドMな性格がファサリナ・アロケルと相性がよかったのか、寵愛を受け一番を意味するアインスと新たな名前を与えられる程のフィアンセであった。
第一回魔神戦争終了時に直斗の命令によって殺害され死亡している。
フォロン魔人間になる前は直斗と同世代のマスターであったと予想される。
自力でC級に至るなど才能あふれるマスターであったが、*47不運にも魔物領の冒険中ファサリナ・アロケルによって捕らえられ改造された。

第一回魔神戦争?終了後は直斗によってオークションが開かれ、ガーランドの配下によって購入された。*48

このページへのコメント

遅くなりましてすみません。
ただいま、魔神会議についてのページが完成いたしました。
これにより予定通りこのページの調整して、被っている部分を一部削除させていただきます。

0
Posted by  sirahae_a sirahae_a 2023年11月18日(土) 15:09:48 返信

魔物領に関して、原作本編にて魔神会議が始まりました。
それもありこのページに追記しょうとしたのですが、冗長に感じることも多々あり、
新しく魔神会議に特化したページを新規作成して
13人の最強魔神や派閥に関連した項目は完成次第削除しそちらに移行したく存じます。

ご容赦お願いします。

0
Posted by  sirahae_a sirahae_a 2023年10月28日(土) 19:28:36 返信

ちょっと見直すましょうかねw

先にできちゃったら、遠慮なしに更新してください。

1
Posted by 名無し(ID:hKyty/bw2Q) 2023年08月21日(月) 14:51:18 返信

魔将の記載が遅れてるかな?
ナイア戦以降だから結構ありますね。

それと魔人間が乗ってないかも?

あ、今回の災忌も抜けてる?

1
Posted by 名無し(ID:hKyty/bw2Q) 2023年08月21日(月) 14:49:46 返信数(1) 返信

では早速魔将と魔人間に関してはこちらに書かせていただきます。

災厄に関しては一応魔物が成長して産まれる存在なので魔物一覧のページを新たに作成すべきでしょうか、
とりあえず今から作成に取り掛かりますね。

0
Posted by  sirahae_a sirahae_a 2023年08月23日(水) 16:06:35

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!