__     _ ..-ァ_,.. -‐                 :
                    .≠´`´ `≠、‐'´r-、彡'´               _,,.. -z
``''ー-ミ:..,_            _{_,. (´彡'´   ̄                 /{ .イ:::ノ´
     ヾ::`ヽ            /    {                          {::レ'::::r'´
        ':,:.::':,        〈     ‘ー‐..、                     _,.ィ_,ノ.: : :f´
        }:.:.::`ー-:.、      `ー-、.,_     ミ-、             r':::.:.:.:.:.:.:. ;ノ
        ': :.:.::.:::::::::':,         、_う      :}丶、           }::::::.:.:.:.:::f´
        ‘ー-ミ.:::::::::ゞ-..r‐.、    ヽ.__     ':、::::ヽ、     /廴..z-‐':.:.:.:r一''′
              `ヾ:::::.:.:::::::::::':    /::::}      ':.r:、:':,    j::::::::::::.:.:.r‐‐'′
            '::.:.:.:.:.:.:.:::::ゞト、/::/i{         }ハ ':ハ r‐':::::::::::::::::ムィ
               {:.:.:.:.:::::::::::::::::;'::/ {ハ.       :':::ト、, Y’::::::::::::.:.:.:.:.: リ
             'ー-ミ.:.:.:.:::::::; :′',:{ ト 、  ,.イ:: :} ':}:}::::::::::.:.:.:.:.:彡'′      __
                  _j : :.:.:::::i::{ / {:ミニ><彡::}ヽ.:i :|::::::::::::::::f´        . -‐彡'´
               ヽ. :.:.:::::::'::∨ |/{:::アヽ.::}ヽj 今|::::::::::::イ       /:r''´
                `>::/ヽ{  { ∨:-‐V}‐:': 、}i:リーz:八       〈::::::{
        _     .. ..-‐'´:.r'^   ヽ .:'´.::´ :.:.:. : : . ::': ム  ':,::`ー-z:≠r'::::::ハ ト.、
      . :: ´厶.-‐:''"´:::.:.: : : /       :'::::' : :γ⌒ヾ: : .::.:,::::\ _:,√:::_;:∠::: └}: :\ーz
..   /:::.:.: :',::::::. : : : : : : :./     .ィ.{::::{: : : 乂_,.ノ:. .: ::::}^ー'7´::ヘ:_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リーz:: '. }
   :′:::.:.:.:.ヾ--‐::7::::: /    /:::: ',:::ヾ: : : : : : : : :':::::':ー-ミ'ー<ヽ:.:.:.:.:{¨'ー-彳:.:.:.ヾ:∨
   {:::::::::.:.: : : : : : :'::::/ ,.ィ.  .':::.:.:::::::ヾ::::`:::‐-‐:::"´:イー-ミ:\_{ヾ.\.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.へ}
.    '::::::::::.:.: : : : : :{∠:.イ /  :′.:.:;√:::::` ー-::::-‐: ´:z‐':::::.:.: ヾ∧:`ー≠-' :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ
.     ヽ::::::::::. : : : : : : : :/  {:.:./:.:.:.:::::::/::::::::::::ヘ√ヾ::::::::.:.:.:.:ハ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/

プロフィール

  • 炎という概念の霊(精霊に近いが、性質は真逆)の『善』に当たる存在。
    • 街を徘徊していたが、理由は『忘却』していて分からないらしい。
  • 「炎」の概念霊のため言語機能が無いので、カクエンに通訳してもらっていた。
    • 後に香霖堂からパクった『ジャイヴトークプログラム』でどうにか会話ができるようになった。
  • 邪龍バジリスクから気絶した人間を守りながら戦っていた所、やる夫たちに助けられた。
    • 自分と共に現れたもう一体のインフェルノ(悪)の存在を教えた。
      そのあと、遭遇した『悪』に止めを刺したあと、『これからも町の人を護る気なら仲魔になってくれ』と頼まれ仲魔になった。

ステータス

基本データ

【名前】 インフェルノ
【種族】 悪霊
【Lv】   29
【ステータス】 体/C 力/B 魔/A 速/A 運/B 呪殺吸収/破魔反射 ATTACK/魔/火/単
【判定値】
戦闘判定:35+1d10   防御判定:25+1d10   精神判定:30+1d10
見識判定:10+1d10   速度判定:20+1d10   会話判定:00+1d10
【スキル】
『永眠の誘い』…              「SLEEP』状態の敵全員を確定即死。       1/戦
『ドルミナー』…               敵全体を低確率で「SLEEP」状態にする。   3/戦
『子守り唄』…                   敵全体を中確率で「SLEEP」状態にする。   1/日
『アギダイン』…                  敵単体に火炎属性の大ダメージ。        3/戦
『マカカジャ』…                    味方全体の「魔」を上昇させる。           3/戦
『ポイズマ』…                 敵全体を中確率で「POISON」状態にする。   3/戦
『ヘルズアイ』…                    敵全体に低確率で即死。 
『トラポート』…                指定した特定座標にワープする。
『氷結弱点』…                『氷結属性』攻撃で受けるダメージが二倍となる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます