ようこそ、不気味で無機質で、でもどこか懐かしさを感じる空間へ。

ようこそ、放浪者たち。
初めての方ですか? もしくは、このサイトに参加したい方ですか?初めての方へ


もしも、あなたが物理法則を無視して現実世界から抜け出し
果てしなくどこまでも続く空虚で無機質な空間
"Backrooms" に迷い込んでしまうことになったら?


多くの放浪者たちが、The Backroomsで暮らしています...

レベルについてはこちらから      レベル
ネガティブレベルについてはこちらから ネガティブレベル
特異レベルについてはこちらから    特異レベル
特異な空間についてはこちらから    特異空間
エンティティについてはこちらから   エンティティ
サバイバルクラスについてはこちらから サバイバルクラス 解説

wiki参加はこちらから。初めての方へをお読みください
https://cms.wiki.seesaa.jp/wiki/member/apply?wiki_...
Discord参加はこちらから
https://discord.gg/CXu4J8Qqum

このページへのコメント

みなさん、聞いてください。レベル1を探索してると、エレベーターを発見したんです。そして、消灯時間だったため、急いで乗りました。そしたら、長い廊下のような場所につきました。そして後ろを見ると、エンティティが追いかけていました。俺は、まずいと思ったんだ。俺はひたすら走り続けた。そして茶色い扉を見つけたんだ。ただ、入らなかった、いや違う!入りたくなかった。そのドアの前には紙吹雪が降っていた。レベルファンだろ絶対と思った。そして何だろう。多分1km走ったところで、オフィスのようなドアを見つけたんだ。エンティティも、10m近くまで来ていたから急いで中に入ったら、レベル4についたんだ。俺は今地球にいる。あそこはレベル!に似ていて、レベル!の距離の半分の距離だったから、今ここで、あのレベルをレベル!−ez」となずけた。みんなに言う。あそこにはいくな。いったら死ぬかもしれねーからな

6
Posted by リョウタ 2022年07月22日(金) 15:55:34 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます