管理人多忙につき、管理に協力して頂けるメンバーを募集しております。wiki右上検索バー横の「参加する」から申請できますので、よろしくお願い致します。※副管理人からは許可していません。予めご了承下さい

世界観・用語(五期)四大資質

◆「統率」型
統率ランク「A」以上のトレーナーのこと。
『二枚看板』『トップバッター』をはじめとする任命(アサイン)の拡張。
及び、命中率の体感値の正常化、
各種タイプの特権『エキスパンション』等、様々な力を持つ。
世間的には「能・高/統・低」と言われており、
最も後天的に補完しやすい分野であるとされる。
しかし、一方で強豪に「統率型」は多く、
B,Aランク以上では統率型が最も多いという説も。
キレ者の指示型、努力の育成型、才能の能力型と並ぶ“カリスマ”の統率型。

◆統率力
ポケモンを従えるために必要な力。
「ドラゴン」ポケモンに代表されるように、
ポケモンの中には「統率」のランク如何で従う、
従わないという判断を下す者が多い。
モードレッドのような例外↓もいるが、基本的に高ければ高いほど懐きやすく、忠誠を示す。

既に登場している「五条勝」と「アンチョビ」は対照的なキャラクターだが、
共に何らかの形でポケモンに強いカリスマ性を感じさせる人物である。

キル子は意外と言っているが、
威圧」による統率しか出来ないキル子と比べ、
アンチョビは多くのポケモンから慕われる高いカリスマ性を有している。

◆SP/「統率:A+」
「統率:A+」の者がサポーターとなった時、
統率型として追加任命権を1つ持つ。

サポーターの中にはトレーナー経験の無い「サポート専門」の人材も少なくない。
こういった人材の中に「統率:A+」の資質を持つ者は少なからず存在する。

キジマ・シア」もその1人だが、彼女はその中でも破格のサポーターである。

◆全国二大SP
最高のサポーターの称号を持つ2人を指す。
S級3位《 白銀オセロット 》のSP江ノ島盾子。
A級3位《 領府デストロイヤーズ 》のSP天海春香のことである。
“玉座”の江ノ島、“王冠”の天海とも呼ばれる彼女達の応援は、
トレーナーの固有ポテンシャルに置き換えれば、
AAランク相当の力を持つと言われる。

◆「要統率」
研究分野の用語としては、これを「プライド」と呼ぶ。

一般的なポケモンの要統率は「E〜D」で、
トレーナーとしての才能があれば誰でも従えられる。
「C」ならば一般のトレーナーからすれば高めで、
ポケモンから見ても不足のない一人前のエリートでなければならない。
「B」が実質の上限であり、
「A」は統率型であっても相性が合わなければ従えられない。

統率「S」の資質を持つ者ならば、
理論上はどんなポケモンでも従えられる。

ただし「要統率(プライド)」はあくまで人間側が
ポケモンの性質を計るための学術用語であり、
統率の分野においてもまったく埒外の基準で人間に従う者も少なくない。

  • サポーター
    • 後天的に「統率」を上げる手段の一つ。
    • 基本的に【観客席から仲間を応援してくれる応援団長】と呼ばれる扱いで、サポーターがついているトレーナーは「統率」が上昇する。
    • その効果は、ブリーダー以上にトレーナーとの相性やサポーター側の資質が重要。
    • 基本的にサポーター自身の「統率」から1ランク下がった分までしか応援効果を持たず、資質の存在により、人間しかサポーターになれない(応援団の中にポケモンが含まれることはある)
    • その性質上優れたサポーターは【第七のスタメン】とも称される。
    • また、高ランクのサポーターには『サポート効果』と呼ばれる特殊な効果が発生することがある。
    • 《 サポート効果 》は【サポーターがついたPTによって効果が変わる】
  • サポーターによる「統率:A」と、『天賦の才』による「統率:A」だと、後者のほうが純粋な統率型に近い。
  • 完全自前の「統率:A」…
    • いわゆる「統率型」
    • 『天賦の才』を『エース』にして「統率:AA」になった場合でも、『PTポテンシャル』は2つになる。
  • 『天賦の才』による「統率:A」…
    • 『天賦の才』を『エース』にすることで説得力を持たせた擬似統率型。
    • 『天賦の才』でAに届くということは元々Bなのでそこそこ統率があることになります。
    • 任命できる役割、『絆』が複数〜等は「統率型」と同じですが、
    • 『エキスパンション』の付与が出来なかったり『PTポテンシャル』の付与ができない。
    • 《 フィールド形成 》も無理。
  • サポーターによる「統率:A」…
    • 『天賦の才』が込みの場合(自前統率C)もサポーター込みならこちら。
    • 外付けの統率者(応援団長)による士気向上のため、
    • 追加される『役割』は基本的に1〜2つ。
    • 『天賦の才』による統率で出来ないことはこちらもできない。
    • 外付け統率なので『絆』複数も無理。
    • この他、仲間にするポケモンの要統率の判定も純粋な統率型>天賦統率>サポ統率〜となる。
  • 『天賦の才』+「サポーター」は可能。
    • 「C」=統率Aのサポーターで「B」→プラス『天賦』で「A」
    • 「B」=統率Aのサポーターで「B」→プラス『天賦』で「A」
  • 「統率型」が四大資質の中でもっとも人数が多い。
    • 「王者の風格を持つ者」は勿論として、「村の人気者」「偏屈だが面倒見の良い爺さん」「中間管理職気質の中年」「応援が上手いドルオタ」「なんだかんだ人から好かれるヘタレ」
    • こういった者たちにも統率型の資質が宿っている
  • 「統率型」の統率方法は十人十色だが、競技の舞台での能力を見ていくと、ある程度傾向が見てとれる。 大雑把には「3つ」
    • 1つ目は「その他」
      • 「統率力」と無関係の技術・異能だったり、あるいは「統率」を用いてこそいるが他者には決してまねできない、文字通りの「固有」の性質。
      • これはもう、統率の仕方そのものが特異ということになる。
      • 「統率型」でも統率に拠らない能力を持つ者もおり、「統率」以外に能力に応用できる個性があるなら、それだって立派な固有ポテンシャル。
    • 2つ目は【『役割』を用いた能力】
      • 多くの場合は『役割』の発動や、同じ『役割』との対面によって発動する。
      • 競技の舞台において最もメジャーな「統率型の能力」
      • 指示型ならば『指令』というのと同じように、我ら「統率型」は他者より多くの「任命」が出来る。
      • 「統率型」としての個性をダイレクトに活かした系統で、【「統率:A」に多い能力】
      • 統率をフルに生かしても結局は『役割』を活かす以上のことが「統率:A」では難しいため、「統率:A」の力で「統率」を固有ポテンシャルに反映させようとすれば、当然こういった能力になってしまう。
      • 「『役割』の発動=能力B」「『役割』の対面=能力C」と分けてもいい。
      • このメソッドは数多の「統率:A」のトレーナーの中で確立されてきた能力といってもいい。
      • この系統の能力の大半は「能力:A」の異能の劣化になりがちで、「統率型」じゃなくてもこれはできる。
      • むしろ「統率:B」くらいの指示型や育成型がこれをやるほうが俄然強いという意見も。
    • 3つ目は【《 フィールド形成 》】
      • 高位の「統率型」のなせる業で、『役割』を用いた能力に比べて俄然珍しい。
      • 能力型のそれは文字通り「異界」を作り出すものに対し、統率型のものは、場の空気を支配することで「空間」を作り出すもの。
      • 固有ポテンシャルまで昇華されればどちらも異能のようなもの。
      • 《 フィールド形成 》の良いところは、アウェーだろうと結果的にホームにしてしまえること。
      • 一方的に自分に有利なフィールドを生み出し、状況を味方につけてしまう。 戦いの場そのものを掌握すると言っても良い。
      • 一見強力無比な《 フィールド形成 》だが、その弱点もまた《 フィールド形成 》
      • 《 フィールド形成 》は上書きの法則にあり、全体に及ぼす効果が同種の力で上書きされると実質無効化されたようなもの。
  • 敵対関係にあるポケモンの統率は「統率:A+〜AA」の領域。
    • ポケモンには種族間における【天敵関係】というのものがある。
    • 縄張り、捕食関係、生態的に連携が出来ない等、理由は様々だが、これは単純な「仲の良し悪し」とは全く別の概念。
    • 例え親友だったとしても本来は同じPTには入れない。
    • ポケモンの多く、その起源は野生が出自であり、綿々と継がれる血に宿る業に、「敵」と刻まれた種族が1つ2ついるのもなんら不思議なことではない。
  • 『役割』発動系の能力を持つ「統率型」は比較的多いが、環境と効果によっては「劣化能力型」になりがちなためか、真に使いこなせている者はその中でも少数。
    • その中でも「予知系」と呼ばれる効果を持つ者は最上位の能力と言える。
    • 「能力型」でいえば「AAA〜S」ランクの能力。
    • 『役割』発動の制限があるとはいえ、高位の異能者と同等の力を奮うものは強い。
  • 「統率型」で『異名』を扱うことは珍しくない。
    • 異名(名声)を維持するということも「統率型」の領分。

【統率型】… 高いほど従えられるポケモンの種類が多くなる。
−       PTの采配を放棄している。トレーナーとしては異常。
D=      低い統率力。格下にも嘗められたり、本人がコミュ障だったり、気が合う者が少なかったり。
C=      平均的な統率力。 『オールドタイプ』『デジモン』等はほぼここのランクに収まる。
B=      『ヌシ』や『モンハン』等の要統率の高いポケモンを従えられる。
A=      「古龍」等の高位存在、伝承の中の存在を従えられる。 追加任命、『エキスパンション』の付与、『PT枠』1つ、命中率の体感値の正常化、『絆』の数2つ、フィールド形成等。
AA=     天敵関係にある種族を同じPTに参加させることが出来る。 『PT枠』2つ、命中率+1、『絆』の数3つ。
AAA=    命中率+2、『絆』の数4つ
S=      命中率+3、『絆』の数6以上。 理論上、純粋な統率力で従えられる全ての種を従えられる。 『エンペラー』の任命権を持つ。
EX=     (ノーラ)「F(フリー)」ランクであれば理論上どんな者でも従えられる。 (八九寺真宵)『野生』を任命できる。

○要統率について

E=トレーナーじゃなくても従えられる。
D=トレーナーとしての最低限を満たせば従う。
C=トレーナーとして一人前ならば従う。
B=一定の統率力がなければ従わない。
A=伝説を率いるに足る「統率型」の資質がなければ従わない。

敵性種=要統率B以上とよく間違われてるけど、別にそんなことはない。
ただ、人界に害になる種=敵性の認定をされてるので、色んな事情で従えづらい種も少なくない。

五条さんが「統率:S」だけど、=全員が尻尾を振って従うというわけではない。
理論上どんなポケモンでも従えられる資質なのは間違いないけど、だからといって無条件に従うわけじゃない。
「王と認めてるけど自分にとっては敵国の王」「王と認めてるけど俺こそ真の王だし」「そもそも王とかウゼェし」みたいなタイプもいることだろう。
(とはいえ要統率Bまでならほぼ百発百中だと思うけど。)

要統率E= のまねこ
要統率D= 村正
要統率C= カントー18竜
要統率B= モンハン、ヌシ等
要統率A= 古龍、セミラミス

要統率AAというのはない。
要統率Aでも相性というのがあり、相性が悪いと従えられない。
要統率Aは伝承の中に登場するポケモンに多い。

ちなみに、現在登場している「統率:B」のランク内で一番高い統率を持つのはキル子。
「威圧」というのが統率力に及ぼす影響力の強い異能のせい。

どなたでも編集できます

閉じる
お知らせ
副管理人です
現在、神 ◆t3BWP2Ah3Qが投稿を行っていた掲示板自体が削除された為、神自身との連絡が取れない状況となっています
神自身が何か伝えたいことがありましたら、このwikiを使って下さい
新しくポケマス用の板が欲しいという事であれば、その相談も受けます
このwikiは神最優先です。そして他作者様のスレ運営、その参加読者の一助の為に継続します
それ以外の頁は機を見て削除します