すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!
東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社









【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

猿の軍団(1974)

「□□□:△△」より
ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)


猿の軍団(1974)


【INDEX】
キャラクター、設定
データ、記録
スタッフ、出演者
タイトル、企画
ストーリー
エピソード、影響
SE、音楽
ウンチク、豆知識
アイテム、商品

◆【キャラクター、設定】




◆【データ、記録】 


放映期間:1974(昭和49)年10月6日〜1975(昭和50)年3月30日(全26話)
英語タイトル:TIME OF THE APES
放送局:TBS
提供:明治製菓、殖産住宅
放送日:毎週日曜日 19:30〜20:00

 放送日タイトル脚本監督 
11974年10月6日飛び込んだ謎の世界阿部桂一深沢清澄 
21974年10月13日魔境へ!脱出阿部桂一深沢清澄 
31974年10月20日魔の山が鳴く!若槻文三深沢清澄 
41974年10月27日ペペと次郎の友情阿部桂一奥中惇夫 
51974年11月3日激突!ゴード対ゲバー若槻文三奥中惇夫 
61974年11月10日人間の味方現わる?阿部桂一奥中惇夫 
71974年11月17日猿の歌は愛の歌若槻文三深沢清澄 
81974年11月24日人間が残した秘密田口成光香月俊一郎 
91974年12月1日かわいい人間よ お嫁になって阿部桂一香月俊一郎 
101974年12月8日お母さん猿の涙若槻文三奥中惇夫 
111974年12月15日人間が造った留守番ロボット田口成光奥中惇夫 
121974年12月22日喜びのめぐり会いと空飛ぶ円盤阿部桂一深沢清澄 
131974年12月29日チンパンジー族に勝った!若槻文三深沢清澄 
141975年1月5日猿の国もお正月?田口成光土屋統吾郎 
151975年1月12日人間が埋めたタイム・カプセル発見!!阿部桂一土屋統吾郎 
161975年1月19日タイム・カプセルから子供の声が!!若槻文三深沢清澄 
171975年1月26日悪の軍団から親子猿を救え!田口成光深沢清澄 
181975年2月2日なぜ人間が少なくなったか?阿部桂一土屋統吾郎 
191975年2月9日猿に味方する奴は誰?阿部桂一土屋統吾郎 
201975年2月16日謎の無線機が呼んでいる!!田口成光
深沢清澄
深沢清澄 
211975年2月23日愛する猿への伝言阿部桂一深沢清澄 
221975年3月2日ゴリラ対チンパンジーの争い若槻文三土屋統吾郎 
231975年3月9日円盤は敵か?味方か?田口成光深沢清澄 
241975年3月16日勝利の日は近い!!若槻文三深沢清澄 
251975年3月23日コンピューターは人間より偉いか?阿部桂一深沢清澄 
261975年3月30日喜びの帰還阿部桂一深沢清澄 

◆【スタッフ、出演者】



  • プロデューサー:高橋亦一、忠隈昌(TBS映画部)


  • 撮影:森喜弘
  • 照明:比留川大助
  • 美術:大橋豊一
  • 助監督:蓑輪雅夫、岡野敬
  • 製作主任:南條記良、山中




  • 監督:深沢清澄、奥中惇夫、香月俊一郎、土屋統吾郎



出演者





猿の軍団

  • ゴビー長官石川敏(声:八奈見乗児)(1〜3話)
  • 声:永井一郎(1話)
  • 看守ヒヒンガ:橋本春彦(声:緒方賢一)(1・2話)
  • 主婦猿:岩瀬ゆう子(2・3話)
  • 主婦猿:六角なお(2・3話)
  • 声:永吉健太郎(2話)
  • 軍団隊長:有川兼光(3・4話)
  • 軍団隊員:斉藤和典(3・4話)
  • 軍団隊員:望月昭治(3・4話)
  • 軍団隊員:中村千恵子(3〜5話)
  • 占い師サパト:田中寛(声:槐柳二)(3・24話)
  • 小隊長の声:緒方賢一(3話)
  • TVレポーターの声:山田俊司(3話)
  • 列車の乗客:岩瀬ゆう子(4・5話)
  • 列車の乗客:六角なお(4・5話)
  • 学者:石川敏、剣秀也(声:矢田耕司)(4話)
  • ソルジー隊員:斉藤和典(5話)
  • 猟師バブーン:田中寛(5話)
  • 警官:望月昭治(5話)
  • ガム所長:石川敏(声:八奈見乗児)(6話)
  • ロム:剣秀也(声:井上和彦)(6話)
  • 猿:斉藤和典(6〜10話)
  • 猿:田中寛(6・7話)
  • 猿:望月昭治(6・7・9話)
  • 猿:中村千恵子(6・8・9・11・12話)
  • リード:石川敏(声:田中亮一)(7話)
  • 運転手ゲラン:剣秀也(声:緒方賢一)(7〜9話)
  • 軍団幹部:有川兼光(7話)
  • 村長の声:八奈見乗児(7話)
  • 猿:石川敏(8〜10話)
  • 猿:有川兼光(8・9・11・12話)
  • 村人の声:矢田耕司(8話)
  • ラグー:田中寛(声:市川治)(8・9話)
  • 村人の声:梶哲也(9話)
  • 村人の声:辻村真人(9話)
  • 村人の声:沢りつお(9話)
  • ラルゴ:斉藤和典(声:瀬能礼子)(10話)
  • 猿:剣秀也(10・11・13話)
  • 猿:高嶋洋(10・13話)
  • 猿:田中寛(10・12・13話)
  • ウーリーの声、軍団隊員の声:曽我部利行(10話)
  • コルターの声:池水通洋(10話)
  • ギャングの声:槐柳二(10話)
  • 猿:山口政孝(11・12話)
  • 猿:斉藤和典(11・12話)
  • 警察指揮官の声:阪脩(11話)
  • 隊員の声:池水通洋(11・12話)
  • 地方長官の声:辻村真人(12話)
  • 声:林一夫(12話)
  • 声:安原義人(12話)
  • 声:倉口佳三(12話)
  • ウラー:岩瀬ゆう子(声:千々松幸子)(13・14話)
  • ガッシュ:有川兼光(声:加藤修)(13話)
  • チンパンジーの声:森功至(13話)
  • チンパンジーの声:神谷明(13話)
  • ガリバー:剣秀也(声:辻村真人)(14話)
  • ハイホ:六角なお(声:瀬能礼子)(14話)
  • 猿:有川兼光(14話)
  • 猿:田中寛(14〜16話)
  • 猿:中村千恵子(14〜18話)
  • 隊員:有川兼光(15話)
  • 隊員:高嶋洋(15話)
  • 隊員:斉藤和典(15話)
  • ビン:石川敏(声:加藤修)(15話)
  • 猿:望月昭治(15・16話)
  • 猿:山口政孝(15話)
  • 猿:岡部喜代子(15話)
  • 猿:塩原博範(15話)
  • 猿:碩秀喜(15話)
  • 猿:剣秀也(16話)
  • 猿:斉藤和典(16〜18話)
  • 猿:岩瀬ゆう子(16話)
  • 猿:六角なお(16話)
  • 子猿モンタ:鹿股裕司(声:つかせのり子)(17話)
  • モンタの父:石川敏(声:作間功)(17話)
  • 猿:田中寛(17・18話)
  • 隊員の声:山下啓介(17・18話)
  • 隊員の声:曽我部和行(17・18話)
  • 隊員の声:林一夫(18話)
  • 声:松島省吾(18話)
  • ダルタ:碩秀喜(声:五木繁則)(19・20話)
  • マーリ:中村千恵子(声:坪井章子)(19〜21話)
  • 猿:有川兼光(19話)
  • 猿:田中寛(19話)
  • 隊員:有川兼光(20話)
  • 隊員:田中寛(20・21話)
  • 隊員:斉藤和典(20・21話)
  • 猿:望月昭治(20話)
  • 猿:山口政孝(20話)
  • ゾーン:有川兼光(声:市川治)(21話)
  • 猿:有川兼光(22・23話)
  • 猿:石川敏(22話)
  • 猿:剣秀也(22話)
  • 猿:田中寛(22・23話)
  • 猿:中村千恵子(22・23話)
  • 声:沢りつお(22話)
  • 声:安原義人(22話)
  • 猿:斉藤和典(23話)
  • 猿:望月昭治(23話)
  • 声:梶哲也(23・24話)
  • 声:林一夫(23話)
  • 秘密組織隊長の声:柴田秀勝(23・24話)
  • 軍団隊員の声:池水通洋(24話)
  • ペペの母:六角なお(声:瀬能礼子)(25話)
  • ラミー:中村千恵子(声:高橋直子)(25話)
  • バップ:鹿股裕司(声:小宮和枝)(25話)

  • 猿:劇団あすなろ

◆【タイトル、企画】




◆【ストーリー】




◆【エピソード、影響】




◆【SE、音楽】


  • 主題歌「猿の軍団」(東京レコード)
    • 作詞:たかたかし/作曲:津島利章
    •  歌:子門真人、杉並児童合唱団

  • 挿入歌「何処かで愛が」
    • 作詞:阿部基治/作曲:津島利章
    •  歌:藤田とし子
      • ※本編では斉藤浩子歌唱のものが使用されているという情報がネット上にあるが、実際は、斉藤浩子演じる「ユリカ」が劇中で歌う場面がいくつかあるだけで、BGMとしての使用の際は藤田とし子歌唱版を使用している。
      • 劇中では、リードという猿の歌手が作った曲に、泉和子とユリカが詞を付けたものという設定。


  • 第16話の泉先生の回想シーンで流れた歌は、千賀かほるの「真夜中のギター」。

  • 第26話のゴードが砂漠をさまよう場面で流れた歌は、風の「22才の別れ」。

◆【ウンチク、豆知識】


  • 猿の軍団放送開始当日に、TBSで夜8:00から日本沈没(1974)がスタートしている。つまり、1974年10月から1975年3月まで、TBSの日曜日の夜7・8時代は特撮ドラマタイムと化していた。

  • 第1話の、火山の噴火の映像はファイヤーマン(1973)第17話から、タイムスリップする映像はファイヤーマン第1話の冒頭の映像を流用している。


  • 第11話に登場した、海岸ステーションの入り口の「人間のマーク」は撮影後も消されなかったらしく、海岸ステーションと同じロケ地を使用したプロレスの星アステカイザー(1976)第5話にもマークが映りこんでいる。


  • 第18話に登場した戦車は、映画「戦争と人間」で使用されたもの?

  • アメリカでは「Time of the Apes」というタイトルで、全26話を1つのTV映画に編集されて放送された。泉先生が「キャサリン」、ユリカが「キャロライン」、次郎が「ジョニー」に改名され、人類の滅亡の謎や人間と猿の交流といった物語の根本の部分はほぼ全てカットされており、ただ行って帰ってきただけのような印象を覚える作品になっている。

  • 上記のテレビ映画は、アメリカのコメディ番組「ミステリー・サイエンス・シアター3000」(出演者が映画を見ながら映画に突っ込みを入れていく番組)で取り上げられ、主題歌「猿の軍団」を替え歌にした「サンディー・フランクの歌」なるものが作られた。

◆【アイテム、商品】


映像

  • ビクターエンタテインメント VHS 猿の軍団1〜7
  • ビクターエンタテインメント LD 猿の軍団
  • アートポート SFドラマ 猿の軍団 デジタルリマスター版 DVD-BOX
  • 東映ビデオ SFドラマ 猿の軍団 DVD-BOX
  • デアゴスティーニ 円谷プロ特撮ドラマDVDコレクション104〜116 恐竜戦隊コセイドン/SFドラマ 猿の軍団

書籍
  • サンスター ぬりえ 猿の軍団
  • 講談社 講談社MOOKシリーズウルトラ特撮 PERFECT MOOKvol.30緊急指令10-4・10-10/SFドラマ 猿の軍団

音楽

  • 東京レコード EP 子門真人 猿の軍団/藤田とし子 何処かで愛が
  • キングレコード EP 池田鴻 猿の軍団/小牧まり 何処かで愛が
  • 朝日ソノラマ ソノラマエース・パピイシリーズ 猿の軍団
  • 朝日ソノラマ ソノラマ・ゴールデン・パピイ・シリーズ 仮面ライダーアマゾン/グレートマジンガー/猿の軍団/宇宙戦艦ヤマト
  • 日本コロムビア CD SFドラマ 猿の軍団 MUSIC COLLECTION
  • ウルトラ・ヴァイヴ CD 猿の軍団 ミュージックファイル
写真
参考資料「■■■:▲▲▲▲▲」
ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)
2022年11月24日(木) 10:32:03 Modified by gokenban




スマートフォン版で見る