すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

本多猪四郎

◆【担当作品】  


◆【助監督】

◆【監督作品】

◆【脚本作品】

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【プロフィール】  




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【アイテム】   


★ ガレージキット情報 ★★★★★★

★ 文献 ★★★★★★ 

『「ゴジラ」とわが映画人生』 本人の著作?

『素晴らしき特撮人生』佐原健二著 本多監督の記述が多い。


写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より 

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)
 
(…ご自由に編集をどうぞ!)

★ トイ情報 ★★★★★★

リアルな黒澤監督の食玩があるので、本多監督もいつか出るかもしれません。

写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より 

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋) 


(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【メモリー】

 
●最初のゴジラなどを見ていて思うのですが、この人の編集は特撮部分と実写部分の区別がついていないようなミックスのしかたをします。ゴジラが上陸し、皆が逃げ散って閑散とした街を見ればわかります。現在では当たり前の事なんですが、例えばガメラシリーズの湯浅憲明監督と比べると、怪獣なら怪獣を見せ続けるのが当たり前の世界で、最初の怪獣映画を撮った本多監督が、本来的な手法を使っていたというのが、印象的です。必要なだけ必要なシーンを撮らされるわけで、円谷特撮監督も、大変だったと思います。

●時代的にも、優れた映画というものを知っている人ですね。





(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ
2011年04月09日(土) 02:36:35 Modified by ID:ks2CEdr81Q




スマートフォン版で見る