地震予測を配信しています。EMplusn地震予測のデータサイトです。

EMplusnの地震予測情報 データwikiです

最新情報のTwitter
http://twitter.com/EMplusn
EMplusnの地震予測情報 ブログ
http://emplusn.seesaa.net/


【最新情報】4/16 いろいろ更新。

文面は【自己責任】でご覧下さい
情報を鵜呑みにしないで下さい
また、情報が一人歩きしないように転載不可です(RTを除く)

◆目的◆
震度5弱以上の地震を予測するスタンスで始めましたが
現在は震度4以上の情報配信中です。
得意分野:日時
やや苦手分野:規模
苦手分野:場所
基本的に国内の震度を参考に的中したかどうかを調べていきます。
しかし、強い地震になるとMを意識していることもあります。
なので、規模と場所を埋めてくれる体感者さんがいれば提携してみたいなとも思ったりします

◆予測や注意報についてと歴史◆
2004/10/23、新潟中越地震発生時前に痺れ現象が連発して、もしかして地震に連動してるのでは?と思ったのがきっかけ、
その後的中率60〜70%ぐらいで、1週間後に震度4〜5弱級が発生したため、これは調べるべきだと思いブログ立ち上げ。
ここまで、準予測・予測等改良を重ね基盤はできてきた。
し か し 、2009年ごろから痺れ現象が発生しなくなる。2010年に突入すると激減。
そして、2011年3月11日に東日本大震災が発生。
この時は特に予測という予測が出来ませんでした。。
(一応、事前に直近10日以内では最高のレベルを呟いたような形跡は有り。)
その影響からか、なぜか違和感系の体感を取得し、11月頃には耳鳴りも?
震度4以上の地震に反応しやすくなっており、それを元に現在注意報〜予測配信を行っています。
一応の区分けとして、
予測…痺れ現象中心
注意報…体感・違和感系中心
と分けていますが、最近は強注意報なら予測系への格上げも行っています。
痺れ現象は確実に日時が特定できたものの、体感・違和感はあくまで感覚を数値にしたものでしかないため、
難しくなってはいますが、、それもデータ取得によりカバーできるのかなぁと考えて配信しております。
災害軽減の役に立って頂ければ幸いですが、パニックの要因になるのであれば、情報停止も考えております。
という訳で、いまのところは半信半疑的な気分で見て頂くのが一番良いのではないかと思っております。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます