知の代わりwiki

Scilab > Scilabで画像処理



注意

結構うろ覚えで書いてあるところもあるので,間違ってたらごめんなさい.
指摘してくれるとうれしいなあ.

準備

Scilabではイメージを標準では扱えないので,SIPを導入してください.
準備は以上です!!

画像の読み込み編

まずは,白黒画像を読み込んでみます.今,白黒画像が"foge.bmp"としてカレント・ディレクトリにあるとき,
img = gray_imread ( 'foge.bmp' );
で変数imgに画像データが行列として入力されます.このとき
01
となります.
[ m n ] = size ( img );
で,画像のサイズを変数mと変数nに格納できます.

続いて,フルカラー画像を読み込んでみます.今,フルカラー画像が"foo.bmp"としてカレント・ディレクトリにあるとき,
img = imread ( 'foo.bmp' );
で変数imgに画像データが行列として入力されます.このときimg (:,:,1)がR,img (:,:,2)がG,img (:,:,3)がBとなります.

2値画像処理編

SIP function Reference
http://siptoolbox.sourceforge.net/doc/sip-0.2.0-re...

2値画像処理について.

2値化

IMGをRGB画像行列とし,閾値をlevelとすれば2値画像行列BWは
BW=im2bw(IMG,level);
となる.

ラベリング

2値画像行列BWのラベリングは,
[L, n] = bwlabel(BW)
で求められる.このとき,8近傍ラベリングである.4近傍ラベリングは,
[L, n] = bwlabel(BW,4)
となる.
nはラベルの数で,Lには0からnまでの数字が格納されている.

高速フーリエ変換(FFT)

画像を高速フーリエ変換すれば、パワースペクトルを得ることが出来る。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

このwikiについて

広告について

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます