現在地 >> メニュー >> CUDA >> CUDA::EmulationMode

デバイスエミュレーション


CUDAにはデバイスエミュレーションモードがあり、
CUDA対応GPUがなくてもプログラムが試せる(はず)

設定


nvccのオプションに「-deviceemu」を追加すればよい。

nvcc.exe -deviceemu --host-compilation=C++ .....


※visual stdioの場合
ソリューションを選択し、[プロパティ]→[CUDA-Specific]で「はい」を選択する。

これによって、GPU内でも「printf関数での出力デバッグ」が可能である。


EmuRelease


CUDA SDKのようにソリューションの構成に「EmuRelease」を作成すると便利かもしれない。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

目次

― その他 ―

Wiki内検索

計測中...(07.10.8〜)

Save The World






▲よろしければ広告のクリックもお願いします


▲ランキングに参加しました

管理人/副管理人のみ編集できます