日本の周辺国が装備する兵器のデータベース


▼F-22Pの初期設計案の側面図。原型の053H3型と比較すると艦形が大型化し、ステルス性向上を目指した設計が施されている事が分かる。


▼最近公開されたF-22Pフリゲイトの模型。上の図に比べ各部にかなりの変化が見られる。


▼2008年4月7日に進水した一番艦「ズルフィカル」。


▼公試中の「ズルフィカル」。対艦ミサイル以外の全ての兵装の取り付けが終了しているのが見て取れる。


▼ズルフィカル級の艦載ヘリZ-9EC。


性能緒元
満載排水量2,400〜2,500t。もしくは3,144t
全長118m。もしくは123m
全幅13.2m。もしくは13.4m
主機CODAD 2軸
 18E-390VAディーゼル 2基(14,000馬力)
 MTUディーゼル 2基(8,840馬力)
速力27〜29kts
航続距離5,000nm/15kts
乗員170〜202名

【兵装】
対空ミサイルFM-90対空ミサイル/ 8連装発射機1基(予備ミサイル8発)
対艦ミサイルC-802艦対艦ミサイル/ 4連装発射筒2基
対潜ロケット87式250mm6連装対潜ロケット発射機(FQF-3200)2基
魚雷YU-7 324mm短魚雷/B515 324mm3連装魚雷発射管2基
PJ-26 60口径76.2mm単装砲1基
近接防御730B型30mmCIWS2基
搭載機Z-9EC対潜ヘリコプター1機

【電子兵装】
長距離対空レーダー517H-1型(Knife Rest)1基
対空対水上レーダー363型(Seagull S)1基
火器管制レーダー345型(MR-35)SAM用1基
 343G型SSM&砲用1基
 347G(2)型(EFR-1/Rice Lamp)機関砲用2基
航海レーダーRM-1290(Racal Decca)1基
戦闘システムZKJ-4B/6 
ECMシステム981-3型 
ハル・ソナーDSQS-23BZ1基

中国とパキスタンは2006年5月22日に、4隻のフリゲイトの調達に関する6億ドルの契約に調印した。輸出されるのは053H3型フリゲイト(ジャンウェイII型/江衛II型)をベースにしたF-22フリゲイトの派生型F-22Pである。F-22Pとは、パキスタン向け2,200トン級フリゲイトの意を表している。艦名がいずれも刀剣類に由来していることからソード級フリゲイトという名称で呼ばれることもある[12]。パキスタン海軍では1990年代後半からフリゲイトの調達を検討してきたが、予算難から長らく実現するにいたらなかった経緯がある。

F-22Pは、中国海軍の053H3型フリゲイトをベースに開発された艦である。艦の構造や機関などの基本的な部分は053H3型を踏襲しているが、船体各部にレーダー波反射率の低減を図るための傾斜が施されており、ステルス性に配慮した事が伺える。船体は初期の案では053H3型と同じ中央船楼型であったが、最近の案では、煙突直後で中央船楼を一段下げ、そこに短魚雷発射管を配置する形式に変更された。

船体のサイズは資料によって異同がある。4番艦の建造を担当しているカラチ造船所の公式サイト[17]によると、満載排水量2,500t、全長118m、全幅13.2mの数値を示しているが、資料[18]によると満載排水量3,114t、全長123m、全幅13.4mとしている。速力についてはいずれも最高速力は29ノットとしている。上の性能諸元に記載した機関出力の数値は053H3型と同一であるが、排水量が原型に比べ増加したにもかかわらず、速力は26.5ノットから29ノットに向上しているため機関出力が強化されている可能性もある。乗員は170名、183名、202名などの数値が提示されている。

初期案の兵装は、HQ-7対空ミサイルの輸出型であるFM-90対空ミサイル8連装発射機×1基、C-802艦対艦ミサイル4連装発射筒×2基、87式250mm6連装対潜ロケット発射機2基、79A式(H/PJ-33A)連装砲×1基、 AK-630M 30mmCIWS×2基となっていた。しかし、最近公開されたF-22Pフリゲイトの模型では、艦砲がPJ-26 60口径76.2mm単装砲に、近接火器が730B型30mmCIWSに変更され、新たにYU-7 324mm短魚雷用の3連装発射筒2基が搭載されたのが確認されている。なお、ズルフィカル級に搭載された730B型30mmCIWSは、中国海軍で使用されている730型とは異なり、捜索追尾レーダーや光学電子センサーは分離配置されているのが特徴。

レーダーや射撃統制システムなどについては053H3型を踏襲している。艦載ヘリコプターとしてはZ-9EC対潜ヘリコプター1機を搭載する。Z-9ECは計6機が輸出されるが、これは中国にとって初の艦載ヘリコプターの輸出となる。

1番艦「ズルフィカル」は2009年7月30日にパキスタン海軍に引き渡され[10]、9月12日にパキスタン本国に到着した[11]。F-22Pの1〜3番艦は中国で建造されるが、4番艦「アスラット」はパキスタンでライセンス生産される。そのためF-22Pの販売契約では、中国はパキスタンでのライセンス生産に必要な人員訓練や技術移転を行う事も盛り込まれている。4番艦の建造を担当するパキスタンのカラチ造船場では、中国側との協力の下で艦艇建造能力を高めて、フリゲイトの国産を可能とする体制を整えた。2009年3月から船体用の鋼板の切出し作業が開始、同年12月9日に起工式が開催[13]。「アスラット」は2013年4月17日にパキスタン海軍に就役した[20]。

2007年5月にはパキスタン海軍はF-22Pをさらに4隻購入する計画がある事を明らかにした[7]。これらの艦は改良が加えられ排水量が3,000トンを超えることが予想されている。また、F-22Pに代わって中国海軍の054型フリゲイト(ジャンカイI型/江凱I型)の派生型が調達される可能性もある。

2012年3月12日、アルジェリア海軍はF-22P型フリゲイトの拡大改良型C28A型コルベット3隻を中国から輸入する事を決定した[21]。同艦については当該ページを参照されたし。

1番艦ズルフィカルZulfiqar251上海、滬東造船廠で建造。2006年10月12日起工、2008年4月7日進水、2009年7月30日パキスタン海軍に引渡し。同年10月31日就役。
2番艦シャムシールShamsheer252上海、滬東造船廠で建造。2007年7月13日起工、2008年10月31日進水、2010年2月就役。
3番艦サイーフSaif253上海、滬東造船廠で建造中。2008年11月4日起工、2009年進水、2010年9月15日就役[16]。
4番艦アスラットAslat254パキスタン、カラチ造船所で建造中。2009年3月5日建造準備開始、2009年12月9日起工、2011年6月16日進水、2013年4月17日就役[20]。

【参考資料】
[1]Kojii.net 2006年4月28日「今週の軍事関連ニュース」
[2]Chinese Defence Today
[3]Indian Defence Forum “Eight Chinese Frigates for Pakistan”
[4]Skyscraper City 2006年5月23日”China, Pakistan to start production of F-22P frigates this year”
[5]World Affairs Board “Pakistan Navy to buy four Chinese frigates”
[6]漢和防務評論
[7]新浪網 「巴基斯坦再次購買中国F22P護衛艦原因!」
[8]ASIAN DEFENCE "Pakistan Navy to get first F-22P Frigate in August-09 "(2009年6月4日)
[9]Pakistan Observer(オンライン版)"Building of second Frigate for PN starts in China"(2008年11月2日)
[10]DefenceTalk「China delivers warship to Pakistan: navy」(2009年7月31日)
[11]Daily Times「First F-22P Frigate arrives」(2009年9月13日)
[12]Defense News「First Sword Class Frigate Arrives In Pakistan」(2009年9月13日)
[13]ASIAN DEFENCE「F-22 P Frigate manufacturing from today」(2009年12月9日)
[14]中華網「巴海軍第二艘中国造F-22P護衛艦正式服役」(2010年2月21日)
[15]Jane's Fighting Ships 2009-2010(Stephen Saunders (編) /2009年6月23日 /Janes Information Group)586頁。
[16]Daily Times「3rd F-22P Frigate commissioned」(2010年9月16日)
[17]KARACHI SHIPYARD & ENGINEERING WORKS LTD公式サイト「F22P FRIGATE」
[18]『世界の艦船2010年10月号増刊(2010.NO.731)−世界の大型水上戦闘艦』(海人社/2010年)135頁
[19]Pakistan Military Review「PNS Azmat, Aslat and Dehshat To Join Pakistan Navy By Next Year」(2012年2月)
[20]PAKISTAN DEFENCE NEWS BLOG Pakarmedforces「Pakistan Navy commissions indigenously-built F22P frigate 'PNS ASLAT'」(2013年4月17日)
[21]Bmpd「Китайские корветы для Алжира」(2014年4月15日)

【関連事項】
C28A型コルベット
中国海軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます