怪獣wiki特撮大百科事典

ヒドラ


写真
「ウルトラマン:第20話本編」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)


高原竜
ヒドラ


【INDEX】

ヒドラデータ
ヒドラプロフィール
ヒドラストーリー
ヒドラウンチク
ヒドラアイテム
ヒドラメモリー

◆【ヒドラデータ】


◇呼称:ヒドラ【HYDRA】
◇登場作品:ウルトラマン(1966) 第20話『恐怖のルート87』
◇別名:高原竜(こうげんりゅう)
◇身長:60m ◇体重:0
◇出身地:伊豆大室山
◇他 共演怪獣:なし

◇演:荒垣輝雄
◇デザイン:成田亨
◇造型:エキスプロダクション

アボラスバニラ←前回・次回→ケムラー

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ヒドラプロフィール】


発光する大室山から出現した怪獣。大室山公園にある「高原竜ヒドラ」の像と同じ姿をしている。
有史以前の始祖鳥の一種「ボルカノ・プテリクス」と考えられているが、ヒドラ像をデザインしたムトウ・アキラ少年の化身ともされているなど、出自には謎が多い。
国道ルート87でひき逃げ事故に会って亡くなったムトウ少年の魂が乗り移ったの如く、ルート87を通るトラックを無差別に攻撃し、轢き逃げ犯を見つけ出して復讐しようとした。
ツメや、鉄をも砕くクチバシ、口から吐く火炎が武器。背中の巨大な翼でマッハ2の突風を起こすことが可能。

大室山から飛び立って道中の自動車を襲撃しながらルート87へ到着し、科学特捜隊ウルトラマンと対決。
アラシの捨て身の作戦により負傷しながらもウルトラマン相手に善戦していたが、スペシウム光線を回避するとアキラ少年の魂と共に、そのまま大空の彼方へと去っていった。
ウルトラマンも敢えてヒドラを逃がしてやり、この事件の後にひき逃げの犯人も自首して逮捕された。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ヒドラストーリー】


或る深夜、大室山が不気味に発光し、公園内の動物たちが不気味に騒ぎ出す事件が発生。ハヤタアラシムラマツが現地で調査をしていたちょうどその時、科特隊の作戦室に不思議な少年が現れ「高原竜ヒドラが暴れる」と警告してきた。しかし、監視室ではそんな少年が入り込んだ形跡はないという。事件と関連があると考えたフジイデは少年の行方を追うが、なんとその少年はすでに死亡していたという……!

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ヒドラウンチク】















(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ヒドラアイテム】



食玩

ガシャ

ガレージキット

●駄菓子屋系カード&ブロマイド

参考資料「山勝製ペーパーコレクション」 

写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より 

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋) 

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ヒドラメモリー】


●今回科特隊に攻撃されたさい血を流していたが血はご法度では?前にも言ったが・・・。





(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ

タグ

コメント(0)