当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 最も一般的に使用される心肺蘇生法の練習用マネキン人形で、AED使用訓練にも使われる。レールダル社製。

 2020年10月24日にNHKニュースの公式アカウントが「女性にAEDを使用することは、男性にとってセクハラなどのリスクとして見られている」ということを報じたのがきっかけで、フェミニストがこの種の訓練用マネキン人形を槍玉にあげた。

 本当になんでもメディアや人形のせいにするものである。女性にAEDを使うのがリスクとして躊躇われるのは、他の誰でもない、なんでもかんでもセクハラ扱いした自分達のせいだというのに。
 【宇崎ちゃん献血ポスター事件】【「キズナアイ」のノーベル賞まるわかり授業】の時の乳袋呼ばわり、【茜さや】氏や【くまクッキング】氏の広告などに散々言い掛かりをつけておいて、リスクが自分達に降りかかってくるとそれかい!とフェミニズムの身勝手さには失笑するしかない。わざわざ巨乳の練習用人形など作ったら、真っ先にクレームをつけてくるのはフェミニストに決まっていたのだから。
 


 ちなみにこのフェミニストアカウントは自称東大医学部で医学を勉強中なのだが、以前使っていた「笑顔の女医っぽいアイコン」がコスプレAVからの盗用と判明しており、まったく信用されていない。


 そしてそもそも「心肺蘇生訓練用のマネキンがみな男性型」などということ自体が嘘である。
 なぜなら最も一般的に使用される訓練用人形の「レサシアン」は実在の女性をモデルにしているからだ。この人形は、19世紀にパリのセーヌ川で引き揚げられた身元不明の少女の遺体に由来している。のちに訓練用の人体模型を開発したアスムンド・レールダルが、この少女のエピソードに心を痛め、デスマスクを人形の顔に採用した。医療・救命関係者の間ではかなり有名なエピソードである。

参考リンク・資料:
女性にAED ためらわないで
レールダル セーヌ川の少女

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます