架空の女子プロレス団体「PLUS ONE Girls」のサイトです。

対戦カード

レポート

 第2試合はブルージャスティス所属の東郷桐野Queen's Irregulars所属のエンジェル永和とのシングルマッチ。前回のPOG-38望月美芳の引き抜きを阻止するために姉小路千早にシングルマッチを要求した東郷だったが、姉小路の代理として永和選手とのシングルマッチが組まれることとなった。
 さらに姉小路からノーレフェリーでの凶器の使用以外は何でも有りという、ヴァーリ・トゥードルールでのオンリー・ギブアップ・デスマッチが提案され、その形式での対戦を受けた東郷はブルーシューターズのパートナーである朝桐こよみをセコンドにつけ、養母であるリリムつむぎをセコンドにつけた永和選手とリング上で対峙する。体格的にもフィジカル面でも年長者である東郷の方が有利と予想されてはいたが、ノーレフェリー及び変則的な形式のルールだけに予断を許さない試合であるとも言えよう。
 実際、試合開始前に永和選手が握手をしようと差し出した手を東郷が握ろうとした瞬間、その隙を突いてのローブローによる奇襲を受けて東郷が悶絶させられた後でゴングが鳴り文字通りルール無用の試合が開始された。
 さらにダウンしている東郷の顔面に永和が騎乗すると『女色ナイトメア』で屈辱を与えていく。東郷も何とか不利な体勢を立て直そうとするが、そうはさせないとばかりに永和が東郷の両足をロックすると急所ストンピングや電気あんまで東郷の局部を集中攻撃する。
 通常の試合ではレフェリーから反則の裁定が下される場面ではあるが、この試合はノーレフェリーなだけに反則のカウントさえ取られず、2分近くも急所への攻撃を受け続けていた東郷は何とかエルボーで反撃するも、息が続かずに単発な攻撃で終わってしまう。
 逆に永和のローブローで悶絶させられてはベアハッグや急所ストンピングで攻め立てられて、早くも絶体絶命の窮地にまで追い詰められていくが試合時間から7分過ぎに、ショートレンジから東郷の強烈なラリアットが炸裂して永和がダウンさせられると、ようやく東郷にも逆転のチャンスが訪れた。
 コーナーポスト上に駆け上がってから必殺技であるローリングギロチンドロップで永和を悶絶させると、立ち上がるのを待ってから延髄斬りで永和を再びダウンさせると関節技でギブアップを奪いにかかる。
 しかし、勝利を焦り過ぎたのか不用意に近付いてしまったことが勝負の明暗を分けてしまう。正面から永和のグレープフルーツクローを受けて動きを止められてしまうと、軽量級であるはずの永和が東郷の股間を両手で鷲掴みにして吊り上げるという、目を疑うような光景を目撃することになってしまった。
 POG初公開な永和のオリジナル技である『天使の果実』で吊り上げられてしまった東郷は激痛に耐えきれず永和の肩にタップして降参の意思表示をするが、ノーレフェリーなだけに試合を即座にストップはさせられずリング上では凄惨な拷問劇が公開され続けていく。涙目になり後輩の永和に何度も必死にタップして懇願するも、股間への攻撃を止めてもらえず悶絶する東郷の屈辱的な姿に会場も騒然。
 1分以上もかけて東郷の股間に大ダメージを与え続けていた永和が東郷を解放すると、ようやく拷問劇が終了したのかと観客達が安堵したのも束の間、セコンドであるリリムつむぎのGOサインを得た永和が、何と信じられないことに必殺技である『エンジェル☆ロック』まで繰り出して東郷を完全に潰そうとする。
 顔面騎乗の体勢からの股裂きにより限界寸前な角度に東郷の両足が開脚されようとしたところで、最後まで東郷の逆転を信じて耐え続けていたセコンドの朝桐選手が、我慢できずにタオルを投入すると同時に試合に介入して東郷を救出しようと試みる。しかしその時、フード付きのガウンを纏った謎の人物がリング上に乱入すると朝桐の急所を蹴り上げる。股間をおさえてうずくまる朝桐の横で、永和はピクリとも動かない東郷の顔をパンツの中に入れて懺悔式ツームストンホールド。なんとそのまま、朝桐の顔をお尻で敷き潰す! 顔面騎乗と懺悔式ツームストンの同時技に東郷と朝桐は大悶絶。何度もタップして永和に許しをこう。ついにゴングが鳴らさらてぐったりと倒れたブルーシューターズの姿は、永和1人に完全に屈服させられたことを意味していた。
 リング上に乱入した謎の人物がガウンを脱ぐと、その正体はブルージャスティスに所属していた望月美芳選手であった。ヒールターンした新コスチューム姿まで披露した望月選手は敗者である東郷選手を散々に罵倒してみせると、ブルージャスティスからの脱退とQueen's Irregularsへの加入を宣言する。
 裏切者の望月選手に対して、なんとか立ち上がった朝桐選手が制裁マッチを要求したことで次回のPOG-40ではブルーシューターズ対望月美芳&エンジェル永和とのタッグマッチが組まれることとなったが、担架に乗せられて運ばれたパートナーである東郷選手の安否も気遣われることから、今後の派閥抗争がヒートアップしていく展開が予想される事態となってしまった……
スペシャルシングルマッチ 20分1本勝負
東郷桐野9分51秒 エンジェル☆ロック?エンジェル永和

試合後コメント

タイムライン

リンク

どなたでも編集できます