極めて容赦のない描写がメインになりますので、耐性のない方、および好きなキャラが残酷な目に遭うのがつらい方はご遠慮ください。

495 :カンタベリー物語:04/08/09 07:40 ID:GVyKHThC
藤子系パロ 第3部 仁義


誰もが眠る深夜、満賀道雄と才野茂は源家に侵入した
金がないので強盗をするためだ、満賀と才野は部屋
中にある宝石類、現金を奪って、バッグにつめる。二階
に上がった。二階で寝ているしずかの親父と母親ののどを
ナイフで掻っ切る、血がドバドバと出た。次に満賀はしずかの
部屋に入った。満賀はしずかをたたいて起こした。
「んっ」
「お目覚めか?」
満賀はペンチをしずかの右手の人指し指の爪に挟み込む。
「アアアアア」
そして一気に剥がす。中指の爪をペンチで挟みこみ剥がす
「ウアアアアア!」
満賀はペンチで薬指の爪も一気に剥がす。
「アアアアアアアアア!」
しずかは涙を流した。満賀はニヤリとし、才野が台所から
牛刀を取ってきた。


しずかを全裸にし、両腕を柱に固定した。
才野は牛刀でまだふくらみのない右のおっぱいを切り落とした、
「ギャアアアアア!ヒィ!キャアアアアアア!」
牛刀によって乳首とその周囲の肉片もろとも切り落とされた。
先月と肉片が床に散乱する。
次は左のおっぱいを切り落とした
「ギャアア!きいいぃ!ギャアアアア!ヒギャアアアァッ!」
鮮血が噴出し、激痛がしずかの意識を失わせる。
次に満賀はガソリンを切られた右のおっぱいと左のおっぱいに
かける。そしてマッチで火をつける。
「ギャアアアアアアアアアアアアア!ウッギャアアアアアアアアアアア!」
しずかは意識を取り戻した。右のおっぱいと左のおっぱい、勢いよく燃えた。
傷口から肩や頬にかけての肌を、焼き焦がしていく。
「ギャアアアアアアアアアアアアアア!ヒギャアアアアアアアアアア!」
炎は燃え続けた。才野と満賀が笑った。
「いい構図だね」
「ああ」
もう二人は笑うしかなかった。


ビクビク痙攣しているしずかを風呂場に連れて行った。
ホースをしずかの口にねじ込む。
「ぶぶぶっ、んぐんぐんぐ、う、げぶっ、んぐぐ」
時間が続くにつれ、お腹が膨らんでくる。
「すげえ、妊娠した女性みたいだぞ」
満賀がビックリする。才野は尿道をコルクで封印する。
「封印したぞ」
もうしずかの暴行は爆発寸前だ。満賀はナイフを取り出した。
それを膨らんだしずかのお腹に突き刺した、それは爆発した。
「うああああああああああ!あぎあああああああ!」
しずかは風呂場の床を七転八倒にごろごろと転げまわった。
「ぎゃ、あぎぎぎぎっ!あがぐがが!」
しずかは苦悶の表情をしている。才野と満賀は源家から逃げた。
3時間後、しずかは出血大量と膀胱破裂が原因で死亡した。
死体が発見されたのは、次の日の夕方ごろだった。

終わり
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます