極めて容赦のない描写がメインになりますので、耐性のない方、および好きなキャラが残酷な目に遭うのがつらい方はご遠慮ください。

527 :カンタベリー物語:04/08/12 10:04 ID:BlTKzJF2
藤子系パロ 第7部 悲しみよこんにちは


ルナがショッピングに行く途中、青狸がナンパしてきた。
「彼女〜,僕と一緒にタイムマシンで関が原の戦い見に行かない?」
「はぁ?」
「なんなら、マリー・アントワネットのギロチンシーン見物とか?」
「あの・・・あたし、ちょっと、用事があるんだけど、じゃあ」
青狸は一万円札3枚をヒラヒラと見せ付けた。
「ならちょっとだけ」
ルナは青狸と一緒にタイムマシンでドライブに行くはめになった
「ぼく、ドラえもん」
「あたし、ルナ」
「ところで君のお父さんはなにっているの」
「ホテルギャラクシーを経営しているわ」
「えっ!あの一流ホテルの経営者の!」
「びっくりした?」
ドラえもんはなにも言わなかった。

タイムマシンは昭和19年10月の富山の田舎に着いた。


「んっいい景色ね、21世紀とは違うわ」
ルナは裸になり、川で泳いだ、いい気持ちだった。
そのころ、ドラえもんはネズミを見つけた
「ぎゃー!ネズミ」
ドラえもんは一目散に逃げ出した、

風間進二とガキ大将の大原武たちは学校の帰りの
寄り道で、川辺に来た。ふと目に疑った、裸で川で
泳いでいる女がいたのだ、武は思わず
「女だ!」
「裸で泳いでいる」
それに続くように
「なっだって女だって!」
「やっちまおうぜ!なぁ武」
「ああ」
進二や武たちはルナのところまで突っ走り、武がドスっとパンチを
いれる。
「う!」
ルナは痛みに耐えられず倒れこんだ。


進二たちはルナを川原まで運んだ。
「おい、起きろよ」
武は靴で強くルナの顔を蹴った。
「んぐっ!」
武はスボンを脱ぎ、ペニスを出し、ルナのアソコに
差し込む
「きゃああああっ!やめて!やめてっ!」
ルナのアソコにペニスが刺さって、処女膜を突き破った
「いたいいたいいたいいたいぃぃぃぃぃっ!」
ルナのアソコから血が出血していた。
「くぅ〜気持ちいいぞ」
仲間が
「はやくしろよ武!」
「あせるな!」
武が強く腰を振るうたびに
「がは!うぐっ!もう許して!」
痛みで泣き叫ぶルナだった。武の仲間の一人がルナのアナルに
自分のペニスを突っ込んだ。
「ひぃぃぃっ!いたい!」
武はいく射精寸前だ
「しかたない!このまま中に出す!」」
「おねがい、やめて、や・め・て!」
ルナの膣に武の精液がぶち込まれた、そしてアナルにも精液が出された。


今度はルナは進二にフェラをした。
しかし、フェラがうまくいかず進二の一物を噛んでしまった
「いたー!チンチンが痛い!」
友人がチンチンを噛まれたので怒り狂った武は素手でルナの
顔や腹や足などをぶん殴った
「よくも進二の大事なものを!恥をしれ、恥を!」
「ひぎィ!ゲェッ!」
数分後、武は我に帰った、ルナが瀕死の状態で倒れていた。
鼻は折れ、口から血が出て、足は変な方向に曲がっていた。
武はルナの髪を強く引っ張った
「いたい!」
武たちは近くの小屋に連れて行った。そこにあった斧で右腕を
切り落とした。
「ギャアアアアア!」
ルナはのたうちまわった、つづいて、武は斧で両足を切り落とす。
「ギャアアアアア!ガァアアアアア!」
今度は左腕を切り落とした。
「ギャアアアアアアアアア!」
武の仲間たちはニヤニヤと笑っていた。


武は小刀でルナの右目をエグリ出した
「ギャアアアア!」
今度は斧で腹を裂いて切り開かれた、武は
ルナの内臓を引きずりだす
「ぐあぁぁっ! 」
引きずりだしてちぎり取った内臓をルナの口にねじ込む。
「んぐうぅぅぅぅ!」
ルナは苦しんでいるうちに武は斧でルナの首をチョンパした。
首は足で蹴られて転がった。
ルナが最後に左目で見たものは自分の体だった。

終わり
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます