極めて容赦のない描写がメインになりますので、耐性のない方、および好きなキャラが残酷な目に遭うのがつらい方はご遠慮ください。

ビルの立ち並ぶ街の、一角に、一台の自動車が止まり、
「・・・ぐぅう・・・・っ・・・・!!!」漆黒の首輪以外一糸纏わぬ少女が、中から、放り出される。
幼く可憐な声音が、苦悶に、あえぐ。
この上なく可愛らしい面差しで、乳房のすぐ下の裏側辺りまで伸ばした豊かなストレートの黒髪の、
その少女の名は、本原麻由香(モトハラ マユカ)。近隣の中学校に通う一年生、12歳の少女だ。
頬を染めて泣きじゃくる麻由香の、右の肩甲骨のすぐ下辺りに、鋸状の刃を柄元よりの峰に備えたサバイバルナイフが、突き立てられて、
鮮血が、なめらかな白い背中から、豊かな尻の美しい丸みに掛けて、伝っている。
 
激しい痛みと共に、無数の視線に見つめられているのを、麻由香は、感じている。
澄み通って雲一つ無い青空の下、眩い陽光が、麻由香のさらけ出された白い柔肌に弾かれて、光の欠片が散っている。
 
(・・・嫌ぁ・・・・っ・・・・!!!!)
恥辱に耐えかねて、近くのビルに駆け込もうとした麻由香の、可愛らしい臍から左脇腹までの半ば辺りの柔肌に、
通りすがりの女がなぜか手にしていたサバイバルナイフが、深く、突き立てられ、
内臓が裂け千切れて、「・・・っ・・!!!!・・・ぐぁあ・・っ・・・!!!!」激痛に、麻由香が泣き叫ぶ。
「・・・ぁ・・・・ぁあ・・・・・・ぁ・・・・・・・・」愕然とした表情で、一歩、二歩、後退る麻由香の眼に、
周囲の通行人達が手にした、無数のサバイバルナイフの、輝く鋭い刃が、映る。
「・・・・・っ・・・!!!!」絶望を瞳に過ぎらせて、歩道を素足で逃走し始める、麻由香の右の脇腹を、
老いた男の手にしたサバイバルナイフが、斬り裂く。
「・・・ぅぁあ・・・っ!!!!」さらなる痛覚に、麻由香の折れそうな程華奢に優美にくびれたウェストが、激しく、よじれ、
幼い面差しに似合わぬ恐ろしく豊満な麻由香の乳房の形良く悩ましい丸みが、酷く、あえいで、
可憐な薄紅の乳首が、愛らしい薄紅の乳輪が、震える。
 
右脇腹の傷を小さく華奢な手で押さえて、懸命に走ろうとする、麻由香の、胸の谷間に、
高校生らしい少女の手にしたサバイバルナイフが、深く、捻じ込まれ、
胸骨が砕けて、骨の欠片が、肉に、くい込む。
「・・・ぐあ・・・ぁ・・・っ!!!!」酷い、痛みに、麻由香の長く美しい脚がもつれ、優美で豊かな太股が、悶えて、
麻由香の瞳から、涙の粒が、飛び散る。
 
(・・・どうして・・・・・・・・?)
(・・・・・どうして・・・みんな・・・・・・こんな・・・・・事・・・・・・・・・・?)



激痛に耐えかねて、それでも、懸命に逃げようと歩む麻由香の背面、ウェスト辺りの脊椎の左脇に、
少年の手にしたサバイバルナイフが、激しく、撃ち込まれる。
麻由香の脊椎が少し砕けて、細片が脊髄をえぐり、激痛が脳髄まで突き上げる。
「ぁああ・・っ!!!!」酷く、のけぞり、涙を飛び散らせて、震える、麻由香の、右の乳房のすぐ下に、
老女が、両手で強く握り締めたサバイバルナイフを、渾身の力で、柄元まで、撃ち込む。
鋸上の刃に肋骨をえぐられ、内臓を、肉を、容赦無く、斬り裂かれて、
「ぐぁ・・!!!!・・・・ぇふ・・・っ・・・・!!!!」さらに酷い痛みに、泣き悶える、麻由香の、幼い唇から、鮮血が溢れる。
 
通行人達の手にした無数のサバイバルナイフが、麻由香の裸身を、包囲し続けている。
 
(・・・・いや・・・・・・・)
(・・・・・もう・・・・許して・・・・・・・・)
 
激痛に耐えかねて、よろめきながら、必死に、一歩、また一歩、何とか逃れ様と、麻由香が、歩む。
 
ビルの谷間から見上げる青空は、誰かを祝福しているかの様に目映く、
激しく渦を巻いて重く麻由香に圧し掛かる様にも感じられる。
 
(・・・・・ぁ・・・・・・・・・・・・・)
 
男の手が不意に強く麻由香の右の手首を掴み、麻由香の二の腕に、サバイバルナイフを、反対側に刃が飛び出す寸前まで、えぐり込む。
腕の骨が砕けて、骨髄神経を、肉を、斬り裂かれて、「ぁああっ!!!!」激痛に泣き叫ぶ麻由香の、
左の手首も、別の男に掴まれ、麻由香の左の二の腕にも、サバイバルナイフが、反対側に刃が飛び出す寸前まで、突き込まれる。
「ぁああああっ!!!!・・・っ・・・・がぁあ・・っ・・・!!!!」耐えかねて泣き悶え、震える、麻由香自身の動きで、
麻由香の、胸に、背中に、腹に撃ち込まれている、5本のサバイバルナイフの刃に、激しく、内臓肉の傷をえぐられて、
「・・・ぁ・・っ・・・!!!!・・・ぐぁ・・・ぁああ・・・・っ・・・!!!!」荒れ狂う激痛に、嬲られて、麻由香が、酷く、泣きじゃくる。
その麻由香の背中を、女が、手の平で激しく突く。
倒れかけて咄嗟に手を突こうとした両腕から激痛が走り、どうしようもなく、路上にうつ伏せに突き倒されてしまい、
麻由香の上体が、幼い頬が、路面に叩き付けられて、
麻由香の左腹に、右の乳房の下に、それぞれ刺さっていたサバイバルナイフが、路面に撃ち当たった衝撃を込めてさらに深くえぐり込まれ、
容赦無く、麻由香の内臓肉の傷が、刺激され、さらに裂かれ、激痛が増幅される。
「ぁあぁあ・・・っ!!!!」泣いてのたうつ麻由香の、両の太股に、それぞれ、サバイバルナイフが、勢い良く柄元まで、撃ち込まれる。

 
「ぁああああっ!!!!・・・っ・・・・あ・・・ぁあ・・・・ぁああ・・・・っ・・!!!!」
激痛にのたうち回ろうとする、麻由香自身の動きで、四肢の、内臓の傷をえぐり、苛んでしまい、
悶え、泣き震える、麻由香の激痛が、一層酷くなっていく。
 
悶え続ける麻由香の左脇腹に、無造作に、若い男の金具を植え込んだ黒靴が、撃ち込まれる。
激しく蹴られた痛みよりも遥かに酷く、衝撃が、全身の傷に深く刺さっている9本のサバイバルナイフに響き、
衝撃に斬り裂かれる激痛に、「ぁあああっ!!!!!!」耐えかねて、泣き悶えて、
必死に、四つん這いになって、麻由香が、かろうじて逃げ始める。
 
「・・・っ!!!!・・・ぅ・・ぅうっ!!!!・・・っぁ・・・・ぅぁあ・・・・っ・・!!!!」
腕を、太股を、もつれさせながら、懸命に這う、麻由香の、些細な動作の一つ一つが、傷に響いて、
泣きながら、麻由香が、たどたどしく、逃げ続ける。
 
さらけ出されている、自身の、秘唇に、アヌスに、周囲の視線を感じて、
(・・・お願い・・・・見ないで・・・・・・・・・・)あまりの恥辱に耐えかねて、泣きじゃくりながら、雌犬の様な首輪を着けて雌犬の姿勢で這い続ける、
麻由香の、悩ましく揺らぎ続ける美しく豊満な尻の丸みの柔肉が、無数の視線に嬲られ続けて、
どうしようもなく増していく恥辱に、どうしようもなく増していく激痛に、苛まれ続け、泣き続けながら、
延々と、必死に逃げ続ける麻由香の、右脇腹の裂け傷に、容赦無く、
別の若い男の金具を植え込んだ黒靴が、叩き込まれる。
酷い衝撃と共に麻由香の右脇腹がさらに裂け、内臓肉をえぐられて、
「がぁ・・!!!!・・っ!!!!・・・ああぁあっ・・!!!!」
激しく横倒しに地面に叩き付けられた衝撃で、また、9本のサバイバルナイフに全身の傷を斬り嬲られ、
酷く身をよじって、麻由香が泣き震える。
酷過ぎる激痛に身を起こす事も出来ず、「・・・ぁ・・・ぁあ・・・・ぁぁ・・・・っ・・・!!!!」泣き続け、あえかに悶え続けて、
漸く、身を起こして、麻由香は、また、たどたどしい動きで、必死に、四つん這いで逃げ始める。
 
延々と時間を費やして、絶え間無く恥辱と激痛に泣き悶え続けて、
漸くの事で、公園まで、麻由香が辿り着く。
 
人影は無い。
 
(・・・・やっと・・・・・逃げ切れ・・・・・・・・・・)
 
うつむいて、泣き震える麻由香が、
ふと、足音に面差しを上げると、
一人の男が、四つん這いの麻由香を見下ろしている。
 
次々に、公園に人が集まってくる。
 
何時の間にか、膨大な群集が麻由香を取り囲んで、無数の視線を、麻由香の傷まみれの裸身に、撃ち込んでいる。
 


 
「・・・・・ぁ・・・・・・・・・・・・・」どうしようもなく、泣き震える、麻由香の、両腕を、二人の男が掴んで、無理矢理に立たせる。
「ぁあ・・っ・・!!!!」
泣いて、もがき掛けて、激痛でもがき切れずにいる麻由香の両手首を麻由香の頭上で交差させ、
サバイバルナイフで、両手首の重なった箇所を、一気に撃ち抜いてしまう。
両手首の骨が砕け、腱が千切れ、神経を斬り裂かれて、
「がぁあ・・っ!!!!」凄まじい激痛に、麻由香が泣き悶える。
 
公園の広場に、上下端に桁を渡した2本の木製の柱が立てられる。
上の桁の中央辺りから垂れ下がっている鋼鉄の鎖で、麻由香の両手首が縛り上げられ、
鎖が引かれて、地面から1メートル程爪先が離れるまで、麻由香の肢体が吊り上げられる。
「・・うぁあ・・っ・・!!!!」サバイバルナイフでえぐられた両手首に全体重が掛かり、激痛に泣いて身をよじる麻由香の、
左右の脚を、一人ずつの男が掴み、無理に開かせて、
右足首は右の柱に、左足首は左の柱に、それぞれ、鉄杭をハンマーで叩き込んで撃ち付け、
麻由香の裸身を、逆Y字状に、固定してしまう。
「あぁあっ!!!!・・・ぁあああっ!!!!」
激痛に身悶える麻由香自身の動きで、両手首両足首のえぐられた骨を、腱を、神経を、さらに苛んでしまい、
一層酷い激痛に激しく震えて身をくねらせると、9本のサバイバルナイフに嬲られている、両の二の腕の傷が、両太股の傷が、内臓肉の傷が、
容赦無く刺激されて、激痛が一層増幅されて、
「・・・うぅぁあ・・・っ!!!!・・・ぁ・・ぁっ・・!!!!・・・・ぅぁあ・・っ・・!!!!」麻由香が、泣いてのけぞり、のたうつ。
 
脚を閉じる事が出来ず、麻由香の、秘唇も、アヌスも、無数の眼差しに晒されてしまっている。
 
「・・・・・ぁ・・・・・ぅぅ・・・・っ・・・・・・・!!!!」
 
どうしようもなく泣き震えている麻由香の秘唇に、一人の男が、槍の鋭い穂先を突き付ける。
槍の先端部の刃の部分には、刺した後容易に抜ける事がない様に、逆鉤(カエリ)と呼ばれる逆向きの刃が備えてあり、
刃の部分から手元の辺りまでの間の柄の部分には、直径5ミリ程の荒縄が密に巻き付けてあり、
荒縄も含めた槍の直径は、3センチ強程度になっている。
(・・・・・ぇ・・・・・・・・?)
茫然とする麻由香の秘唇に、穂先の刃が、ほのかに、触れる。
「・・っ・・!!!!」鋭い感触に、怯え、震える、麻由香の、
秘唇に、勢い良く、槍がえぐり込まれる。



膣肉が裂け、子宮頸部に刃が激しく刺さり、「・・ぁあああっ!!!!」新たな激痛に、麻由香が、涙を飛び散らせて、激しく震える。
さらに槍が突き込まれて、子宮内部を刃がえぐり回し、斬られた膣肉を強靭な繊維の絡み合った荒縄がなぞり、苛む。
子宮肉を刃で斬り嬲られて、凄まじい激痛が絶頂となって、
「・・んぅぁああ・・・っ・・!!!!」麻由香が、頬を染めて、身をよじり、激しく泣きじゃくる。
その、麻由香自身の動きで、10本のサバイバルナイフと2本の鉄杭に撃ち抜かれている全身の傷を、さらに嬲ってしまい、
その苛烈な激痛に身悶える動きで、さらに、子宮肉を槍の刃で自分から斬り裂いてしまい、
酷く増幅された激痛が、絶頂を増幅してしまって、
「・・ぁああっ!!!!・・・うぅぁあ・・っ!!!!」麻由香が、一層頬を紅潮させて、酷く、身悶え、泣き震える。
 
泣いて、震え続ける麻由香を、無数の視線が見つめている。
 
(・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!!)
 
子宮を槍でえぐられて絶頂に頬を染めてしまっている麻由香自身が、無数の眼差しに晒されている事を、麻由香が、意識し、
身体の奥底から、震えが、突き上げてくる。
 
(・・・・・・わたし・・・・・・・・・・・・・)
(・・・・・・・・・・マゾヒスト・・・・・・・・なんて・・・・・ものじゃ・・・・・・・・・・わたし・・・・・・・・化け物・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!!)
(・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・)
(・・・・・ぃ・・・ぃや・・・・・見ない・・・・見ないで・・・・・っ・・・!!!!)
 
「・・・・ぁ・・・ぁ・・・・ぁあ・・っ・・!!!!!!!!」
 
容赦無く見つめられ続けて、酷く震え続け、泣き続ける麻由香の、子宮肉に、さらに深く、槍が撃ち込まれる。
勢い良くみぞおち辺りまで子宮肉を刃が突きえぐり、
ふと、槍が激しく傾けられて、少し抜き気味に、麻由香の右側の肋骨から、細くくびれたウェストの辺り、右脇腹辺りの内部の肉に掛けて、
穂先の刃が、逆鉤が、酷く、斬り嬲る。
子宮肉を、内臓肉を、激しく裂かれ、圧迫され、千切られ、苛まれ、激痛が、苦しみが、さらに増幅されて、
「・・・ぁああああっ!!!!・・ぁ・・ぁ・・!!!!・・・んぅぁあ・・っ!!!!」激しい、絶頂に、麻由香が、泣いてのたうつ。
 
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます