すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(2000)


『東宝映画ゴジラ×メガギラスG消滅作戦(2000):タイトル』より
ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)


ゴジラ×メガギラス
G消滅作戦 (2000)


【INDEX】

キャラクター、設定
データ、記録
スタッフ、出演者
タイトル、企画
ストーリー、展開
カタストロフ、破壊
エピローグ、最期
エピソード、反響
S・E、音楽
ウンチク、豆知識
アイテム、商品
メモリー、想い出

ゴジラ2000ミレニアム(1999)←前作・次作→ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001)

◆【キャラクター、設定】  



登場する兵器(超兵器)

登場する兵器(通常兵器)

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【データ、記録】 


2000(平成12)年12月16日 上映
英語タイトル:GODZIILA vs. MEGAGUIRUS 
配給:東宝
観客動員数:135万人

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【スタッフ、出演者】  




  • 撮影:岸本正広
  • 美術:瀬下幸治
  • 録音:斉藤禎一
  • 照明:斉藤薫
  • 編集:普嶋信一
  • キャスティング:田中忠雄
  • 助監督:宮村敏正
  • 製作担当者:金澤清美

  • 音楽:大島ミチル
  • ゴジラ テーマ曲:伊福部昭

  • 音楽プロデューサー:北原京子
  • 音楽ミキサー:三浦克浩
  • 音楽エディター:浅梨なおこ
  • サウンドトラック盤:ビクターエンタテインメント

  • 監督助手:岡元洋、會田望、清水俊文
  • 撮影助手:谷川創平、沖岳史、山田康介、橋本太郎
  • タイミング:岩田卂夫
  • 録音助手:平良栄章、豊田真一、久野貴司、小野浩志、田中博信、西大條真之
  • 照明助手:伊藤保、佐藤武、鹿毛剛、池上三四郎、香月映彦、近藤睦朗
  • 照明機材:二見弘行
  • 特機:木本秀一、月村恒宣
  • 美術助手:内田哲也、樫山智恵子、小林真木
  • 装置:柳堀衷一
  • 組付:前田正晴
  • 装飾:秋田谷宣博、遠藤雄一郎、入江京子
  • 電飾:稲垣秀男、臺勝隆、若杉隆史
  • 衣裳:新井正人
  • Gグラスパー衣裳デザイン:西澤安施
  • ヘアー・メイク:佐藤宏恵、芝口有希、武田千巻
  • 編集助手:三條知生、穂垣順之助、渡辺顕一郎
  • ネガ編集:岡安和子、中葉由美子
  • 音効助手:小川広美、西村洋一
  • 調音エンジニア:多良政司、石井秀明、野村みき
  • スタントコーディネーター:辻井啓伺
  • 俳優係:城戸史朗
  • アシスタントプロデューサー:山中和成
  • 製作進行:石井俊将、小林康夫
  • 製作係:中島勝義、浅野達彦

  • 音響効果:佐々木英世
  • アソシエイトプロデューサー:鈴木律子
  • スチール:中尾孝、工藤勝彦
  • スクリプター:河島順子飯塚美穂

―特殊技術―
  • 撮影:江口憲一
  • 特美:高橋勲
  • 照明:川辺隆之
  • 造形:若狭新一
  • 特効:渡辺忠昭、久米攻
  • 操演:鳴海聡
  • 助監督:菊地雄一
  • 製作進行:川田尚広

  • 監督助手:島田充、日紫喜博昭、田口清隆
  • 撮影助手:清久素延、鈴木一人、伊藤潔、神田創、盒仰昭、五十嵐貴寛
  • 照明助手:加藤桂史、朝井功、壱岐尾りつ子、小笠原篤志、太田博、佐藤宗史
  • 照明機材:進士真紀子
  • 特美助手:稲付正人三池敏夫、春日佳行、長道創、市原俊成、大西英文、濃街以
  • 装置:小笠原禎
  • 組付:大嶋聡
  • 造形担当:川口茂
  • 造形助手:江久保暢宏、八木文彦、藤原鶴声、吉田茂正、森田誠、三浦徳之、柴田純一、若狭幸子
  • メガヌロン卵造形:三木康次、稲村敦雄、梶典史、土佐幸恵
  • メガヌロン造形:山田陽、奥山哲志、佐野雄、本田憲拡
  • メガニューラ造形:鈴木俊哉、関根喜美子、吉武知美、長峰圭介
  • メガギラス造形:小倉勇喜男、鈴木一郎、横田浩紀、渡辺宰之介、品川圭、倉橋正幸、桑島健一、秋本万喜子、上村邦賢、石川弘幸
  • 特効助手:中條勝美、岩田安司、宇田川幸夫、寺門勇、神野彰
  • 特機:釜田友也
  • 操演助手:鈴木豊、船橋誠、辻川明宏、中山亨、五島隆博、川口謙司、尾上克郎
  • 製作係:松野拓行、荒川輝政、奥野英雄
  • ウエスカム・HDカムオペレーション:酒井隆史
  • デザインワーク:西川伸司

―視覚効果―
  • VFXスーパーバイザー:岸本義幸、大屋哲男、泉谷修
  • デジタルスーパーバイザー:荒木史生、田中貴志、杉木信章、石井教雄
  • CGスーパーバイザー:辻野南、田中敦彦、早瀬公郎、塩屋智和、鹿角剛
  • コンピュータグラフィックス:千葉英樹、高田智洋、今井輝行、西内久美子、瀧澤栄、櫻井克彦、芦田雅子、向島徹、竹田一雄、平野琢也、山崎晴康、岸川雅史、星野直哉、有井孝典、廣田俊明、朴商弼、高山滋史、鈴木孝治、咎間由貴子、青木正伸、鴨井ひとみ、武田真紀、宮川洋紀、塩屋茂和、松浦治、坂本守、佐原隆宏、柏山宜士、笠井亮平、原和也、本田孝幸、吉川恵美子、細野歩美、田村正人、中山太介、小林修、篠原雅一、金中利和、岡田治郎、津田くみえ、小原彰夫、飯田賢、加賀見加奈子、坂本雄一、千田やよい
  • デジタルエフェクト:吉澤一久、西山明宏、金井圭一、小柴浩、内田剛史、今井元、増田英知、藤下忠男、中市好明、道木伸隆、尾上由香、小笹隆之、鈴木智子、佐々布伸哉、近藤望、廣田隼也、根本輝久、丹野鶴仙、高橋尚吾、岡本泰之、小坂一順、松尾康徳、尾上麻沙子、武隈善子、山田真治、松岡勇二、照井一宏、原田勝史、榎本嘉輝、西岡純也、伊藤智則、漆崎年範、山本剛史、天田弘行、三階直史、市野晃、金山泰光、長谷川義政、上村多恵子、加藤恵美、熊谷幸雄、赤石涼子
  • マットアート:関田さゆり、井手広法、上遠野恵介、東城直枝
  • サウンドデザイン:長嶌寛幸
  • アニメデザイン:河南正昭
  • デジタルIO:木下良仁、小渕晃央
  • オプチカルエフェクト:五十嵐敬二、佐々木篤志、吉村好雄
  • プロデュース:小川利弘

  • 脚本協力:藤田伸三、山田政史、清水瞳

  • 秋葉原西口商店街振興組合
  • 秋葉原ラジオセンター
  • 旭映画
  • 朝日航洋
  • アップ・アート
  • アトリエグレイ
  • アモイインター
  • アルケア
  • アルファー企画
  • イメージワン
  • インパクト
  • インペリアル航空
  • エースバッグ
  • エースヘリコプター
  • A TEAM
  • ABCマート渋谷店
  • NEC
  • エレクトリ
  • 大平特殊効果
  • 沖縄映像センター
  • オムニバス・ジャパン
  • OLYMPUS
  • キヤノン販売
  • キャビン工業
  • 熊ディザインルーム
  • KKR HOTEL OSAKA
  • 光映新社
  • コムシコムサ
  • サンクアール
  • 三和映材社
  • シード
  • ジオスポーツ
  • シネブレーン
  • シネボーイ
  • 島田プロダクション
  • 紳士服 トリイ
  • 新阪急ホテル
  • スーパードライバーズ
  • スタートレイン
  • スタジオ・ディーン
  • ステップ
  • スパワールド
  • 住友商事(MLBクラブハウス東京)
  • ゼネラル・エンタテイメント
  • 高津装飾美術
  • ティアック
  • デザインコンビナート
  • デジタルウィザード
  • 電通テック
  • 東京工科大学 日本工学院八王子専門学校
  • 東京ファントム
  • 東洋エンタープライズ
  • 東洋音響
  • Nice+Day
  • ナナオ
  • ニコン
  • ニコンインステック
  • 西尾レントオール
  • 日活撮影所
  • 日本宇宙フォーラム
  • 日本映画新社
  • 日本映像クリエイティブ
  • 日本エフェクトセンター
  • 日本ビクター
  • ネクタイの万代
  • ハート引越し
  • PAPP
  • パワーラボ
  • 阪急カーゴサービス
  • 阪急交通社
  • ビーグル
  • FINGO
  • フェローズ
  • フォレスト
  • フジトーイ
  • ホテルニューオータニ大阪
  • マーブリング・ファインアーツ
  • マリンポスト
  • 丸文ビジュアルセンター
  • ミューロン
  • 宗特機
  • メディア・クリエイターズ
  • Motorola Japan
  • MONSTERS
  • 山田かつら
  • リーボックジャパン
  • リベラル中村
  • リモート・センシング技術センター
  • レプリカ

  • 科学技術庁航空宇宙技術研究所
  • 大阪ロケーション・サービス協議会
  • 群馬県中之条町
  • 大宮市宇宙劇場
  • 群馬県中之条土木事務所

  • 大阪国際会議場
  • 東海大学情報技術センター
  • アップルコンピュータ
  • コダック
  • コンパックコンピュータ
  • ソニーPCL
  • ダイキン工業CGグループ
  • バンダイ
  • アクアシティ お台場
  • メディアージュ

  • DOLBY DIGITAL 一部上映館を除く
    • 技術協力:森幹生(コンチネンタルファーイースト(株))
  • デジタル光学録音:西尾

  • 東宝映像美術
  • 東京現像所
  • TOHO SOUND STUDIO
  • 東宝ミュージック
  • 東宝コスチューム
  • 東宝スタジオ





出演者


  • 新倉誠:勝村政信
  • 美馬和男:池内万作
  • 早坂淳:鈴木博之
  • 細野精一:山口馬木也
  • 奥村知治:山下徹大


  • 渋谷湖の隊長:坂田雅彦
  • 近所のおばさん:しのへけい子
  • 記者:若林久弥
  • 特G対受付:加藤茂雄
  • 渋谷のアナウンサー:井田伸一
  • マスコミ記者:松田秀彦
  • ジャンクショップの子供:馬場俊行
  • ジャンクショップの子供:秋葉譲
  • ジャンクショップの子供:鈴木隼人



  • 放映プロジェクト
  • SAM
  • 劇団ひまわり
  • テアトルアカデミー
  • 劇団東俳
  • 宝映テレビプロ

  • ゴジラサポーターのみなさん



  • 早坂薫:かとうかずこ
  • 水道局員:極楽とんぼ(加藤浩次、山本圭一)





  • 官僚:柏原寛司
  • 海将補:三村渉
  • 予告編ナレーション:バッキー木場

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【タイトル、企画】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ストーリー、展開】


1954年のゴジラ襲撃を受け、首都・東京は破壊された。日本政府は大阪に遷都。名称を大阪都、東京府と改める。
1966年、ゴジラ茨城県東海村に再上陸。その狙いが原子力であることを知り政府は原子力発電を永久停止、新エネルギー「プラズマエネルギー発電」の開発に成功する。
1996年、クリーンエネルギーであるはずのプラズマエネルギーを狙いにゴジラが大阪都に上陸・破壊。政府はプラズマエネルギーの使用も凍結させる。

そして現在… 2001年。5年前ゴジラに上官・奥村を殺された辻森三佐はその所属を自衛隊特殊部隊から対G戦闘部隊・Gグラスパーへと変えていた。Gグラスパーとは、防衛庁内に設置された特別G対策本部の戦闘実行部である。辻森は秋葉原のジャンク屋・工藤元をスカウトする。一見軽いだけに見えるこの工藤、実はマイクロマシンに関しては天才的な才能を持っている。工藤の才能を活かしマイクロブラックホールを使ってゴジラを消滅させる作戦『G消滅作戦』を完成させようとしていたのだ。衛星から射出するマイクロブラックホール砲は、現在のままでは巨大すぎて衛星に載らない。工藤の開発の日々が始まった。

―― ついにMBH砲は完成。実験は山梨県白州にある廃校で行われた。見事、廃校は姿を消し実験は成功。しかし誰も知らぬままMBHの影響で生じた時空の歪みから古代生物メガニューラの卵がまぎれこんでいた。実験を目撃していた淳少年が現場でメガニューラの卵を拾う。東京に引っ越した淳少年はこっそりと排水溝にその巨大な卵を捨てた。下水の中で卵は孵化しメガニューラは大量の卵を産み、飛び立っていった。

―― 太平洋上、メガニューラの死体が発見された。調査に向かったGグラスパーに巨大な影が近づく…ゴジラだ。予期せぬゴジラの出現であったが辻森は発信機を撃ちこむ事に成功。ゴジラの位置を把握する。G対策本部は照準試射を行ってないMBH砲、ディメンション・タイドの使用を決行。奇岩島にゴジラをおびきよせ一気に葬ろうとしていた。

―― 一方、渋谷では大量のメガヌロンが発生。メガヌロンは人を襲い、地下水脈を決壊させ渋谷を湖に変えてしまった。そしてメガヌロンはメガニューラとなり、いずこかへと飛び立っていった。湖底に巨大なメガヌロンを残して…。

―― 戦闘機グリフォンの誘導で、ゴジラを奇岩島に誘い込むことに成功したG対策本部はディメンション・タイドの照準を合わせる。しかし、そこに現れるメガニューラの大群。ゴジラのエネルギーを吸収しようとする大量のメガニューラが遮り、照準が安定しない。熱線によりゴジラがメガニューラを半滅させたのを機にマイクロブラックホールが発射された。だが、微調整前のためにわずかに外れ、ゴジラ消滅は失敗。ゴジラは、そのまま海中へと姿を消し、東京へと向かっていった。一体なぜゴジラは東京に向かうのか!?

―― ゴジラとの戦闘に生き残ったメガニューラ群は渋谷湖底に眠る巨大なメガヌロンにエネルギーを与える。巨大メガヌロンは脱皮し、メガギラスとなってゴジラに向かうのだった。いよいよゴジラがお台場に上陸。ゴジラと超翔竜メガヌロン、そしてゴジラを狙うディメンション・タイド…。三つ巴の戦いが今始まる!

ディメンション・タイドの命中で地上から消滅したゴジラ。しかし、その後東京周辺で断続的に地震が発生した。辻森は再び工藤に会い新たな対策について考えることに。そして淳少年は学校でヤツが再び動き出したところを目にしたのだった。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【カタストロフ、破壊】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【エピソード、反響】 




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【S・E、音楽】


  • 本作で東洋音響の単独担当は最後となった。以後、他の音効グループと共同担当することになる。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ウンチク、豆知識】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ


◆【アイテム、商品】 


DVD



書籍



その他

写真
参考資料「■■■:▲▲▲▲▲」

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【メモリー、想い出】








(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ
2020年12月25日(金) 20:23:48 Modified by ID:buTxX0u7MQ




スマートフォン版で見る