闘神都市

76 :名無しさん@初回限定 :05/02/18 01:57:53 ID:7cxcnn4x
続いて闘神都市2。
内気な戦士シードは、かねてから思っていた葉月と結ばれるために
姉のような存在のセレーナとともに闘神大会に参加することになった。
幾多の戦いと、さまざまな出来事を経験し、シードもまた強力な戦士へと成長していく。
決勝戦の相手はシードにさんざんいじめていた同門の剣士ビルナス。
葉月から授けられた必殺剣でビルナスを倒し、ついに葉月と結ばれる。

故郷へ帰ろうとするシードだったが、市長アプロスに止められる。
その誘いに応じて会食したのが運の尽き、
毒をもられてセレーナとともに捕らわれてしまう。
セレーナを人質に取られ、やむなくアプロスの命じるまま
さらにダンジョンを探索する。その目的は最深部に捕らわれている
アプロスの恋人デラスを解放することだった。
デラスを解放するも、セレーナはすでに別人になっていた。
またシードの行方を求めて、葉月は翌年の闘神大会で優勝、
彼女もまたアプロスの策略に捕らわれようとしていた。
シードは葉月をつれ、ダンジョンの奥に逃げ込むが、鬼王に捕らわれる。
鬼王はデラスを逃がした責任を取り、彼を殺すようにと命じるのだった。
闘神の館に取って返したシードはアプロス、そしてデラスを倒して自由を取り戻した。
そして葉月らとともに道場へと帰っていく。

ちなみにセレーナは隙を探すために屈した振りをしていただけ。
またシードをいじめていたビルナスも、実はシードの素質に気づいており
彼を奮起させるためにわざと意地悪をしていたことがわかる。
葉月をパートナーとして闘神大会に出たのもそのためだった。
2006年12月07日(木) 15:28:18 Modified by luc001




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。