Wizards of the Coast社が発売しているトレーディングカードゲームMagic the GathringのPC用オンラインゲームMagic Onlineを日本語でプレイするための解説ページです。

カード現物化

概要

  • MOの特徴のひとつとしてカードの現物化があります。
  • メリット
    • シングルカード相場がリアルよりも安い。
  • デメリット
    • 送料が高いので纏まった数を現物化しないと単価が高くなる。
    • コンプリートセット単位でしか現物化出来ない。
    • 販売と現物化開始にタイムラグがあるため、販売後しばらく入手出来ない。
    • (当然ではあるが)MOのカードが無くなる。
    • ギルド門侵犯以降のセットは1セットあたりの現物化料金が$5→$25になった為、費用対効果が悪化している。

やり方



  • 費用:1セット毎に$25(ギルド門侵犯より前のセットについては1セットにつき$5)+送料$29.99
  • セットのカードをコンプリートしたら、ストアにて現物化したいセット数に応じた[Redemption Request]を購入します。
  • 通常版とフォイル版の2種類あるので間違えないように注意。
  • コンプリート1セット毎に$25掛かります。送料はセット数に関わらず一定です。
  • 現物化で送られて来るのは英語版のカードのみです。
  • 送料はストアでの決済時に代金に上乗せして支払います。
  • 現物化処理は毎週木曜日のサーバーダウン時に行われ、[Redemption Request]と該当のコンプリートが取り除かれます。
  • 申込が完了したら、その旨のメールが届きます。カードはそれから1〜3週間くらいで到着します。
  • この処理を行おうとしたときにコンプリートセットがコレクションに無かった場合は、処理が失敗し、その旨のメールが届きます。
  • なお、未決済の現物化注文を取り消す場合は、Wizards of the Coast社のゲームサポートに電話で取り消す必要があります。(メール不可)

  • こんな箱に入ってコレクターズナンバー順に並んだコンプセットが送られてくるようです。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます