現在地 >> メニュー >> CUDA >> CUDA編05
INDEX: CUDA編04 << CUDA編05 >> CUDA編06?

はじめに

(プログラミングガイド2.3 3.2.1より)

CUDAのプログラミングモデルでは、ホスト(CPU)とデバイス(GPU)でそれぞれメモリ空間が存在する。
そしてカーネル(GPU内の関数)は、デバイス側のメモリで動作する。

デバイスのメモリは、線形メモリまたはCUDA配列として確保することができる。

CUDAとテクスチャ

CUDAには、テクスチャを扱うための機能が用意されている。(テクスチャメモリというものがある)
その時、使用するGPUのメモリとしてつぎの2つがある。
  • 線形メモリ(これまでつかってきたもの)
  • CUDA配列(cuArrayオブジェクト)

基礎用語

texture fetchesテクスチャメモリを読み込むために、GPUでつかう関数(カーネル)のこと
texture referenceテクスチャメモリのデータが格納されたオブジェクトのこと
texelsテクスチャのデータ1個分のこと

使い方


テクスチャオブジェクトを使った処理の手順は次の通り
  1. テクスチャオブジェクトの作成
  2. データとGPUとの関連付け
  3. GPU上で処理する

共通内容



メモリの種類による分岐


×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

目次

― その他 ―

Wiki内検索

計測中...(07.10.8〜)

Save The World






▲よろしければ広告のクリックもお願いします


▲ランキングに参加しました

管理人/副管理人のみ編集できます