日本の周辺国が装備する兵器のデータベース


▼03式空挺歩兵戦闘車(ZBD-03/WZ-506)



▼輸送機に搭載される状態。

▼IL-76輸送機から投下される03式空挺歩兵戦闘車。

▼HJ-73対戦車ミサイルを発射する03式空挺歩兵戦闘車。


▼指揮車型


性能緒元
戦闘重量8〜9トン
全長7.62m
全幅3.04m
全高2.13m
エンジンカミンズ6BTAA-215Lディーゼル(エンジン出力は215〜350hpと諸説あり)
最高速度70km/h
浮航速度6km/h
航続距離500km
武装30mm機関砲×1(350発)
 7.62mmもしくは5.8mm機関銃(口径については諸説あり)×1(1,000発)
 HJ-73対戦車ミサイル発射機×1(4発)
装甲アルミ合金装甲
乗員3+4名

03式空挺歩兵戦闘車は中国兵器工業集団公司所属の江麓機電集団有限公司が開発した中国初の空挺戦闘車[12]。メーカーの生産番号はWZ-506。軍の制式名称としては当初「ZLC-2000」と伝えられたが、後に「03式空降兵戦車(ZBD-03)」が正しい名称である事が明らかになった[1]。

【開発経緯】
1995年から中国はBMD空挺戦闘車を導入するため、ロシアと交渉を行っていた。しかしBMDシリーズは輸出された事例が少なく(旧ソ連諸国以外は、イラクとインドにBMP-1が輸出されたのみ)交渉は難航し、結局購入額が極めて高価になるとの理由でこの交渉は決裂した。そのため中国は独自に空挺戦闘車を開発しなければならなくなり、5年かけて03式空挺歩兵戦闘車を完成させた。当初03式はロシアのBMD-3空挺戦闘車のコピーと思われていたが、フロントエンジンを採用するなど車体構造がBMD-3とは異なり全くの新規開発車輌である事が判明した[5]。ただしパラシュートによる重量物降下技術はロシアの技術が用いられた[7][13]。空軍空挺部隊への配備は2003年には開始された模様で、同年8〜9月に行われたロシアとの合同軍事演習「和平使命2005」では、IL-76MD輸送機から空中投下を実施し、その存在が明らかにされた[4][7]。

【性能―車体】
03式の車体は軽量化のためアルミ合金製装甲板で、戦闘重量は8〜9トン程度[7][13]。車体サイズは、全長7.62m、全幅3.04m、全米2.13mとコンパクトにまとめられている[11]。

車体配置は、車体前部左側がエンジンルームで、右側に操縦手と車長席とされている[13]。車長は操縦手の後ろに着座するが、その直後に砲塔があるので、その位置から全周を視認するのは困難[13]。その後ろは戦闘室で砲塔内に砲手が座る。車体後部は兵員室になっており、ここに搭乗する兵士は車体後部ドアか天井にあるハッチから乗降車する。乗車戦闘用に車体両側面と後部ドアに覗き窓と射撃ポート×6が設けられている。車内にはNBC防護システムと自動消火装置が標準で搭載されている[13]。

空挺降下のために徹底した小型化と減量が施されているが、軽量化優先の割を食ったのが防御面で、正面装甲で12.7mm重機関銃、側面は100mの距離から発射された7.62mm機関銃弾に抗湛する程度に抑えられており、その防御性能は不十分なものに留まっている[10][11]。間接的な防御手段としては、砲塔両側面に84式76mm発煙弾3連装発射機×2を装備している[13]。84式は前方100mに長さ120〜150mの煙幕帯を形成し、2分から4分間にわたって持続するので、その隙に車両を煙幕の中に退避させることで敵からの視認を抑制する[13]。

搭載エンジンは米カミンズ社製の6BTAA-215Lディーゼルエンジンを搭載し、変速装置はマニュアル式[11]。エンジン出力については資料により相違があり、[11]だと215馬力、[7]だと320馬力、[13]だと350馬力との数字が示されている。路上最高速度は70km/hで、航続距離は500km[11]。車体は水密構造で浮航性を確保しており、履帯によって推進力を得て最高6km/hの速度で水上航行が可能。

足回りには車高変更・姿勢制御が可能な油気圧サスペンションが採用されており、輸送機搭載の際には全高を低くする事で容積を節約すると共に、着陸時の衝撃でサスペンションを痛めない様にしている。これはロシアのBMDシリーズでも採用されている機能である[7]。履帯についても軽量化を前提にして平時に用いる鋼鉄製履帯と、空挺作戦時に用いるアルミ合金製履帯が用意されている。当然、アルミ製履帯の方が軽量だが、耐久性に劣るので、平時の訓練の時には鋼鉄製履帯を使っている[13]。

【兵装】
03式の一人用砲塔はGCTWMと呼ばれるNORINCOが開発したモジュール砲塔で、86式歩兵戦闘車に搭載されテストが行われていた。砲塔重量は1,500kg。

主武装はロシアから技術提供を受けた30mm機関砲2A72を元にして開発された30mm機関砲で、発射速度は毎分300発。03式の30mm機関砲は重量軽減が優先されたため、通常型に比べて命中精度は遜色があるとされる[10][11]。砲手は単射、3〜5発連射、5〜7発連射を選択できる。給弾機構は2種併用式で、搭載弾数は350発。うち225発がHE弾、125発が徹甲弾で、後者は1km先の60度傾斜のRHA(均質圧延装甲)を35mm貫通する能力を有している[11]。最大有効射程は、地上目標に対して4,000m、空中目標に対して2,000mとされる[11]。砲の俯仰角度は-6〜+60度で、高仰角がとれるためにヘリやビル内の目標とも交戦できる。砲塔の旋回や機関砲の制御は電気モーターにより行われるが、バックアップとして手動制御も可能。砲塔内には残弾数計測/警報装置があり、砲手は随時弾倉内の弾数を確認することが可能[13]。

同軸機関銃としては86式7.62mm機関銃という情報が多いが[13]、[11]だと小口径の5.8mm機関銃を主砲左側に装備しているとしている。これが事実なら、7.62mm機関銃を選択しなかったのは軽量化のためと推測される。搭載弾数は1,000発[11]。このほか、3連の84式76式発煙弾発射機が砲塔両脇に装備される。昼夜間照準器は砲塔頂部左側に装備されているが、安定化はされておらず行進間射撃は現実的ではない。砲塔上部に設けられた砲手用サイトにはレーザー測遠機と暗視装置が内蔵されている[7][13]。

HJ-73C/D(AFT-07C/D)型対戦車ミサイルは砲塔頂部右側に装備されている。HJ-73C/D対戦車ミサイルはソ連の9M14Mマリュートカ(NATOコード:AT-3 サガー/Sagger)のコピーであるが、GCTWNに搭載されているのはその発展型で、元の手動式指令照準線式から半自動指令照準線式にアップグレードされている。HJ-73C/Dの性能についてNORINCOは最大射程3,000m、命中率90%と主張している。またHJ-73の最新型はタンデム式HEAT弾頭を装着しているので、ERA(Explosive Reactive Armor:爆発反応装甲)をつけた800mm厚の装甲を撃ち抜く事ができる、とNORINCOは主張している。

火器管制システム(FCS:fire control system)は車内容積に余裕がないことからそこまで高度なものは搭載できなかった[10]。03式のFCSは弾道計算機、二軸安定照準器、ペリスコープ、レーザー測遠機、暗視装置([11]だと微光増幅式、[13]だと赤外線暗視式とされる)などで構成され、一人用砲塔なので車長が単独で火気の制御と射撃を行う[11][13]。行進間射撃も一応は可能だが機関砲自体は安定化されていないことからその命中精度は遜色があり、実際の運用では停車―照準―射撃の一連の過程が不可欠となる[11][13]。

【空中投下方法】
03式は特殊パレットに搭載された状態で輸送機に搭載され、パレットごと空中投下することで空挺降下を行うことが出来る。

03式は専用の大型パレットに搭載された状態で輸送機に搭載される。このK/STW-17型空中投下システムは、パレット、牽引パラシュート、メインパラシュート、パレットと車両の間に挟むエアクッション、衝撃吸収装置、減速用ロケットなどから構成される[13]。メインパラシュートは合計4基装着され、一基の面積は760平方メートルと、人間用パラシュートの10倍[13]。乗員は車輌とは別にパラシュートで降下して、地上に展開した後に03式に乗車する。

21世紀初頭、中国空軍では隷下の空挺部隊を投入できるだけの十分な数の輸送機を保有していないことが課題となっていた。この課題に対して、当面は中古機を含むIL-76の追加購入で対処して、最終的にはIL-76と同クラスの国産輸送機Y-20の量産化によって解決を見た。

大型のIL-76MD輸送機(キャンディッド)やY-20輸送機であれば合計3輌、中型のY-9輸送機(運輸9)であれば2輌の搭載が可能[4]。

【派生型】
03式空挺歩兵戦闘車は少なくとも歩兵戦闘車型、指揮車型、HJ-8A対戦車ミサイルを搭載する戦車駆逐型、装甲回収車型、120mm自走迫撃砲、装甲弾薬輸送車、輸出型VN-5とVN-11の八種類の派生型、そして03式の発展型というべき次世代空挺歩兵戦闘車があると見られている[7][8]。ただし、戦車駆逐型の写真は確認されていない。

2014年の珠海航空ショーでは、ロシアから技術導入して05式120mm装輪自走迫撃砲(PLL-05)10式120mm自走迫撃砲(PLZ-10)に搭載されている120mm迫撃砲を搭載した砲塔を積んだ自走迫撃砲型[9]、こちらもロシアから技術導入して04式歩兵戦闘車(ZBD-97/ZBD-04/WZ-502)などに搭載されている100mm低圧砲と30mm機関砲、7.62mm機関銃を同軸配置している2人用砲塔を搭載した歩兵戦闘車型の存在も明らかにされている[10]。後者は大型砲塔を搭載するため車体を延長しており、転輪が一組追加されているのが識別点。自走迫撃砲型は201型120mm空挺自走迫撃砲(TKUP-201)として空軍空降兵部隊への配備が実現したが、新型空挺歩兵戦闘車型については中国軍への配備状況については不明。

201型の開発と並行して、同車の弾薬補給用に装甲弾薬輸送車が開発されている[12][14]。この装甲弾薬輸送車は、201型/03式空挺歩兵戦闘車のシャーシを使っており、車体後部の天井部分を一段高くすることで砲弾を収納する空間を確保している。自衛用火器として防弾板で囲われた銃架に12.7mm重機関銃をピントルマウント式に搭載しており、ほかに4連装発煙弾発射機×2を装備する[12][14]。

【輸出型VN-5軽歩兵戦闘車】
03式の開発元である江麓機電集団有限公司は、03式の技術を基にして輸出向けにVN-5型軽歩兵戦闘車(中国語だとVN5型轻型履带式步兵战车)を開発している[17]。これは空中投下能力を削除すると共に、エンジン、装甲板の素材、足回りなど各部に大幅な変更を加えており、単なる03式の輸出版というよりは03式をベースに新規開発した発展型と見なすべきであり、派生型とは別枠としてVN-5軽歩兵戦闘車の項で解説を行う。

【輸出用VN-10空挺歩兵戦闘車】
VN-10は03式の第二の輸出型に与えられた輸出用名称[18」。こちらはVN-5とは異なり空中投下能力は維持されており、外観からも03式との相違点はほとんど無いとみられる。なお、兵器ショーの看板での名称としてはVN-10(VN-5)と記述されているので、具体的な関係は不明だが、社内の位置づけとしてはVN-10はVN-5と同系統のシリーズであると見なされているのかもしれない[18]。

【近代化改修型】
03式は配備開始から20年が過ぎており、2021年にはFCSをアップグレードした近代化改修型の存在が確認されている[10]。

近代改修型では、30mm機関砲の基部に光学/電子照準装置を追加してFCSの能力向上を図っている。車内容積に余裕のない03式ではFCSを全面的に換装して能力向上を行うのは費用対効果に合わないと判断され、既存のFCSに外付けで光学/電子照準装置を追加する方法が採用されたと考えられている[10]。これにより行進間射撃能力が付与されたとの事[11]。また、近年の軍のデジタル化に対応してデータリンク能力の向上が図られており、砲塔両側に2本のアンテナを追加している[11]。

このほか、車体前面に追加装甲の足場となるボルトがつけられているとの観測もあり、セラミックなどの付加装甲装着の可能性が指摘されているが、こちらはまだ確証が得られていない[10][14]。

【総評】
中国空軍の空降兵は重装備の不足から長らく「落下傘歩兵部隊」と呼ばれてきた[16]。03式は、この重装備の欠如という問題を解決するため開発され、同車は空降兵部隊にとって待望の新装備であった。

重装備を遠距離に運ぶための手段である大型輸送機としてIL-76MD輸送機(キャンディッド)が調達されたことと、03式の開発成功により空降兵部隊の機械化は大きく進展し、ようやく本格的な独立作戦能力を得るための端緒となった [16]。しかし、03式は、空挺能力を得る代償として小型化と軽量化を優先せざるを得ず、それにより脆弱な装甲防御力に留まらざるを得なかった。脆弱な防御力の装甲車を用いて作戦を遂行する場合には、事前の戦況予測や敵情判断、さらに空中偵察、偵察部隊による事前偵察、ドローンなどの活用で展開先の状況を詳細に把握することで、防御力の弱さを補う必要がある[14]。

03式の車体はこれ以上の発展の余地が少ないため、抜本的な問題解決のためには、03式空挺歩兵戦闘車よりも大型の車体を用いた次世代空挺歩兵戦闘車を実用化して、ファミリー車両についても次世代空挺歩兵戦闘車のシャーシを活用して、攻防速の能力を総合的に向上させる必要があるとの見解も成されている[15]。

【参考資料】
[1]新浪網「空降兵戦車方隊前往接受検閲」(2009年10月1日)
[2]軍事研究(株ジャパン・ミリタリー・レビュー)
[3]戦車名鑑-現用編-(後藤仁、伊吹竜太郎、真出好一/株式会社コーエー)
[4]Chinese Defence Today「ZLC2000 Airborne Fighting Vehicle」
[5]Kojii.net「今週の軍事関連ニュース (2005-10-07)」
[6]Jane's Defence Weekly(2005年9月28日)
[7]MDC軍武狂人夢「03式空降装歩戦車」http://www.mdc.idv.tw/mdc/army/zlc2000.htm
[8]大旗網「首見的我軍装甲搶救型傘兵戦車已空降至災区?」
[9]每日头条「空降战车底盘加装120mm迫榴炮,中国空降兵也需要自行火炮」(2018-11-05 由 中華網軍事 發表于軍事)https://kknews.cc/military/xjqem99.html
[10]新浪网「中国新型空降战车亮相珠海 装备100炮可射导弹(图)」(2018年11月02日) https://mil.news.sina.com.cn/china/2018-11-02/doc-...
[11]知乎「中国装备志——ZBD-03式空降战车」(自在吃辣椒的喵酱)https://zhuanlan.zhihu.com/p/600339496
[12]王子瑜「不容错过的地面静态展示—2023年中国空军航空开放活动地面静态展示小记」『兵工科技』2023年第16期(兵工科技杂志社) 43-58頁
[13]「地面突击模块 第四方队—ZBD-03式伞兵战车」『兵工科技2015年甦典藏版 1945-2015纪念中国人民抗日战争暨世界反法西斯战争胜利70周年』(兵工科技杂志社/2015年) 33-35頁
[14]搜狐「我军空降兵疆鎖畦器,身小力气大,你要和120毫米榴迫对打吗?」(胜利集结号/2023年8月3日)https://www.sohu.com/a/708333513_121118979
[15]吴钩「珠海航展上的新型空降兵战车」『兵工科技』2018年増刊(兵工科技杂志社)160-164頁
[16]「陆上作战模块 第四方队—空降兵战车方队之ZBD-03式伞兵战车」『兵工科技甦 中华人民共和国成立七十周年国庆大阅兵典藏版』(兵工科技杂志社)37〜46頁
[17]江麓机电電集团有限公司「江麓机电集团有限公司主要外贸产品介绍」『现代兵器』2016.09(中国兵器工业集团公司)30-37頁
[18]知乎「VN系列外贸装甲车外观识别不完全汇总」(守夜人​/2023年2月19日)https://zhuanlan.zhihu.com/p/491653998

【関連項目】
03式空挺歩兵戦闘車の派生型
201型120mm空挺自走迫撃砲(TKUP-201)
VN-5軽歩兵戦闘車

中国空軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます