grep

テキストファイルの内容から指定された正規表現を検索し、マッチした行を表示する UNIX コマンド。もっとも基本的なコマンドのひとつ。ただし、一般的に日本語は扱えない。

簡単な使用方法


grep [オプション] <正規表現> [ファイル]...

ファイルが指定されなければ標準入力から読み込む。

代表的なオプション


オプション機能
-aバイナリファイルもテキストとして扱う
-c <行数>ひとつのファイルにつき最大[行数]分のマッチを表示する
-C <行数>マッチした行の前後[行数]分を表示する
-e <正規表現>正規表現が - で始まる場合に使う
-i大文字小文字の違いを無視する
-Iバイナリファイルは無視する
-lマッチしたファイルのファイル名のみを表示する
-PPerl の正規表現を使用する
-rディレクトリ内のファイルを再帰的にすべて検索する
-n出力行の先頭に行数を付加する
--colorマッチした部分を色分け表示
--include=<ワイルドカード>マッチするファイルのみ検索
--exclude=<ワイルドカード>マッチするファイルを除外
--exclude-dir=DIRDIRを除外

参考


2009年01月28日(水) 12:54:50 Modified by sourcewalker




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。