ネットで知る。本で深める。

巨大/人喰い生物・猛毒/危険生物・未確認生物wiki TOPへ

奇病一覧:世界の奇病/日本の奇病・風土病
感染症による致死率一覧
フォーラーネグレリア〜脳が溶ける奇病
人喰いバクテリア〜手足が急激に壊死していく病
ハリセファロブス・ジンジバリス〜人を短期間で狂い死にさせる寄生虫
宿主を操る寄生生物達

★新刊案内★



恐怖の寄生虫・ウイルス達

芽殖孤虫】〜全身が虫だらけになる奇病
 人間に芽殖孤虫症を引き起こす条虫網擬葉目裂頭条虫科に属する寄生虫の幼虫。
世界で17症例が報告され、そのうち8例が最初に報告された日本で発生している。
芽殖孤虫は薄い嚢に包まれており、大きさは数ミリから1センチ程度で、
皺だらけでワサビやショウガの根のような形をしている。
体内に侵入すると無秩序に芽を出し嚢を破って分裂を繰り返し、幼虫のまま増殖。
皮下組織・筋肉や内臓に脳、骨などあらゆる組織器官に虫体が蔓延、全身が虫だらけになる。
症状はまず、局所皮膚にイボ状の結節あるいは小突起ができ、やがてそれが全身に広がる。
その結節ないし突起は痛みや痒みを伴い、掻き潰すと白い虫体が出てくる。
その後の経過は症例により異なるが、主に下半身の皮下組織が腫れて肥大していき、
細菌感染なども生じ、場合により皮膚が象皮病様になることもある。
内臓へ侵入した場合は出血を伴い、肺では喀血を起こす。
脳に侵入した場合では言語障害・運動障害といった脳症状を引き起こしていく。
経過は慢性的で数年から十数年もの長期にわたり、最終的には死に至る。
有効な駆除薬は無く、治療法は外科手術による全摘出しかないが事実上不可能といえる。
 芽殖孤虫の「孤虫」とは成虫が同定されていないことを表す。
人間が最終宿主では無い為、人体で成虫にならず同定がされない。
人間への感染経路は不明で、終宿主や中間宿主といった生活史は一切判明していない。
生活史が不明なので予防方法も分からないままである。

ハリセファロブス・ジンジバリス(マイクロネーマ・デレトリックス)】〜虫が身体に蔓延し錯乱死する芽殖孤虫をしのぐ最凶寄生虫
 人間に致命的な髄膜脳炎をもたらすハリセファロブス感染症の原因となる、
ハリセファロブス属の線虫。1954年のポーランドで初めて発見された。
通常土中、特に腐食土に生息しており、馬への感染報告が多い(60例以上報告されている)。
 人体への感染すると感染者は発熱・四肢の痛痒や後頭部のこわばり・起立困難・意識混濁等を訴え、
精神錯乱を起こして発症から20日前後で死亡する。
遺体を解剖すると遺体の脳や脊髄、腎臓、口腔および鼻腔、
リンパ節、肺などに無数の線虫が蔓延しているのが発見できる。


【狂犬病】〜涎を垂れ流し錯乱する病
 狂犬病は、狂犬病ウイルスを病原体とする人獣共通感染症。ウイルスを保有している犬などに咬まれることで感染する。
世界中に存在し多数の死者を出している。日本は数少ない清浄地域である。
発症率は低い上、発症前にワクチンを投与すればまず発病しないが、発症してしまうとほぼ100%死亡する。
発症後に回復したのは6名で、うち5名は発症前にワクチンを投与していて接種なしでは1名のみである。
症状はまず風邪に似た症状が出て、咬傷部位のかゆみが起きる。急性期には不安感、
恐水症状(水などの液体の嚥下によって嚥下筋が痙攣し、強い痛みを感じるため、水を極端に恐れるようになる症状)、
恐風症(風の動きに過敏に反応し避けるような仕草を示す症状)、興奮性、麻痺、精神錯乱などの神経症状が現れる。
また、腱反射、瞳孔反射の亢進(日光に過敏に反応するため、これを避けるようになる)もみられる。
その数日後には脳神経や全身の筋肉が麻痺を起こし、昏睡期に至り、呼吸障害によって死亡する。
日本国内での感染は1956年を最後に確認されていないが、1970年にネパール旅行中に犬に咬まれた学生が、
2006年にはフィリピン旅行中に犬に咬まれた男性2名が、それぞれ死亡している。

【リッサウイルス】〜狂犬病と同じ症状の病
 ラブドウイルス科リッサウイルス属のウイルスにより引き起こされるのがリッサウイルス感染症。
狂犬病ウイルスもリッサウイルスであるが、狂犬病以外をリッサウイルス感染症とする。
リッサウイルスに感染しているコウモリに咬まれたり引っ掻かれたりすると感染する。
20〜90日間の潜伏期間後、発熱、頭痛、全身倦怠感、創傷を受けた四肢部位の疼痛や掻痒感、
咽頭痛、知覚過敏などの初期症状に続いて、興奮性の亢進、嚥下困難症状、発声困難、筋痙縮が現れて、
恐水症状や精神撹乱などの中枢神経症状が起きる。呼吸器症状が起きる時はよだれを大量に流す。  
発症後2週間〜1か月以内に呼吸困難に陥り死亡する。
世界で9例が報告され、アジアやヨーロッパ、南アメリカで感染者が発見されている。
生存者は1名のみである。

フォーラーネグレリア】〜脳が溶ける奇病
 ネグレリア属に属する自由生活性のアメーバ。感染すると原発性アメーバ性髄膜脳炎を引き起こす。
温泉の入浴や淡水湖沼での水泳によって鼻から感染する。4〜7日程の潜伏期間の後、
感染者はまず嗅覚や味覚の異常から始まり、続いて嘔吐・発熱・頭痛・悪寒などの症状が見られ、
意識混濁が起き発症から10日あまりで死に至る。解剖すると脳は形状が保てないほど軟化してしまっている。
ニュージーランドでは温泉による感染が知られている。日本では1996年佐賀県鳥栖市の25歳女性による
感染例が唯一のものであるが、この女性は発症前に温泉への入浴や淡水での水泳経験は無く、感染経路は不明である。
※日本での感染例新聞記事

【エボラ出血熱】〜全身の穴という穴から出血する病
 フィロウイルス科のエボラウイルスを病原体とする出血熱。2〜21日の潜伏期間後軽い頭痛が発生し、
その後症状は急激に悪化。高熱や嘔吐・激しい下痢が続き、筋肉が動かせなくなるため表情は能面のようになる。
眼は赤く充血し、眼の奥は針で刺したように痛む。体中に赤い斑点が現れ、皮膚は張りを失いブヨブヨになる。
わずかな力を加えただけで皮膚は裂け出血する。内臓は壊死し破裂して肛門からはボロボロになった腸管が流れ出る。
精神錯乱を起こし、クランマルと呼ばれる激しい痙攣を起こす。そして最後には口・鼻・肛門・皮膚…
全身のあらゆる穴から出血する。その様は「炸裂」と呼ばれている。。
エボラウイルスは感染者の血液や体液が傷口に入ると感染する。致死率はザイール株で88%、スーダン株でも53%と高く、
治療薬やワクチンは存在しない。

【トリパノソーマ】〜眠りながら死に至る病
 ツェツェバエが媒介してアフリカ睡眠病を引き起こす寄生性原虫。ガンビア型とローデシア型に分かれ、
9割はガンビア型では数年の慢性的な経過をたどるが、ローデシア型では数か月という急性的に病状が進行する。
初期は刺された部分が痛みとともに赤く腫れ、微熱を繰り返し頭痛が起きる。
中期になると中枢神経が冒され不眠・昼夜逆転や脱力感を訴え頭痛も激しくなる。
肝臓や脾臓、リンパ節などが腫れ、神経の麻痺が起きる。
末期になるとトリパノソーマが脳脊髄液に侵入して、幻覚症状にさいなまされ、錯乱する。
そしてウトウトと眠り続けるような昏睡状態(嗜眠)になり、やがて死に至る。
トリパノソーマが脳脊髄液に侵入する前ならば、治療薬があり完治するが、
侵入してしまった後では治療は困難で、不可逆的な神経傷害を受ける。

人喰いバクテリア】〜手足が急激に壊死していく病
 いわゆる人喰いバクテリアと呼ばれるものにはビブリオ・バルニフィカスとA群溶血性レンサ球菌の2つがある。
2つとも、四肢が壊死を起こすことが、人喰いバクテリアと呼ばれる所以である。
ビブリオ・バルニフィカスは魚などの海産物を生食することで経口感染することが多い。
健康な人は感染しても軽い下痢や腹痛程度ですむが、肝疾患のある人が感染すると劇症化する。
症状は感染後数時間から2日間の潜伏期間の後、発熱、悪寒と下肢に激しい痛みを伴う。
その後、急激に皮疹、腫れ、発赤、血圧低下などがあらわれ四肢が壊死していく。
壊死した組織や四肢を切断しないと死に至る確率がきわめて高い。致死率は劇症者の50〜70%である。
 A群溶血性レンサ球菌は通常は咽頭炎などを軽い症状を起こすだけだが、
一部の人が劇症化(劇症型溶血性レンサ球菌感染症)する。
ビブリオ・バルニフィカスと違い、健康な人でも劇症化する。症状は四肢の疼痛、腫脹、発熱、血圧低下などで、
発病から病状の進行が非常に急激かつ劇的で、発病後数十時間以内には軟部組織壊死、
急性腎不全、成人型呼吸窮迫症候群(ARDS)、播種性血管内凝固症候群(DIC)、多臓器不全(MOF)を引き起こし、
ショック状態から死に至ることも多い。錯乱状態や昏睡なども起きる。
壊死した四肢は切断しないと死に至る確率が高い。致死率は30%である。
 また、淡水に常在しているエロモナス・ハイドロフィラ/ソブリアといったエロモナス属による感染症は、
通常菌を含んだ水を飲んでも下痢程度の症状しかおきないが、傷口に侵入した場合はまれにだが劇症化し、
四肢が壊死する人喰いバクテリア様になることがある。
2012年のアメリカで、川に転落して怪我をした女性がエロモナス・ハイドロフィラに感染し、
左足切断の重体になる事件が起きた。
 他に、フォトバクテリウム・ダムセラによって手足が急速に壊死し、死亡した例がある。


【感染症による致死率一覧・ランキング】
http://w.livedoor.jp/book-wiki/d/%b4%b6%c0%f7%be%c...

【3大ヤバい寄生虫】
・芽殖孤虫:全身虫だらけになって死ぬ。致死率100%
・ハリセファロブス・ジンジバリス:脳が虫だらけになって錯乱して死ぬ。致死率100%
・フォーラー・ネグレリア:脳が溶けて死ぬ。致死率95%
 全部日本にいる。






コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

利用規約をご確認のうえご記入下さい

注目の本

自然災害/事故/危険生物の本


三毛別ヒグマ襲撃事件の本




芽殖孤虫を知る本



新刊案内



twitter

メンバーのみ編集できます