ダークソウル2の世界観にまつわる情報

ダークソウル2世界観wiki


このwikiは、アイテムのフレーバーテキスト、NPCの会話など
主に「DARK SOULS II」の世界観における一次情報の記録を目的としたwikiです。

PRODUCT

製品情報

タイトル名DARK SOULS II
対応機種PlayStation3、Xbox 360、Windows
ジャンルアクションRPG
プレイヤー人数1人(オンライン時2~4人)
発売日PlayStation3、Xbox 360版
2014年03月13日
価格通常版7800円(税込)
CEROCERO D (17歳以上対象)
公式HPDARK SOULS II

このページへのコメント

クソゲー

ホモゲー

Posted by SPAMHA M 2017年01月29日(日) 17:56:56

混沌が人間性と関係してるのはイザリスの魔女と闇のソウルが関係してるってのは面白いな
確かに3つの偉大なソウルを持つ中で唯一人と同じ大きさなのはイザリスの魔女だからね
もしくはイザリスの魔女に娘達がいるって事はその夫が居るとも考えれるから、夫が人間だとして闇のソウルと魔女のソウルが混じって人間性が影響する混沌呪術が生まれたとか?

Posted by 回帰 2016年11月24日(木) 11:34:54

↓6 聖書の、「はじめにロゴスありき」と同じじゃないだろうか。ヴァンクラッドが火は分別とか言ってた気がする。

Posted by  2016年02月10日(水) 18:32:30

炎の魔術には、最初の火(生命の誕生を操る術)に通じる業があったが
杖を排する事で、炎の業は魔術との繋がりを断たれた。(呪術の祖はクラーナ)
イザリスの魔女がグウィンと道を違え、火を創ろうとしたことや
混沌の呪術が人間性を糧にする性質を持ち、そもそもが(呪)術という名称であることなどから
イザリスの母娘は人間で、呪術の燃料は人の闇であり、炎と闇は密接な関係なのではないかと思った。
だとすれば、転生の秘術を求めるナヴァーランが闇術を研究したのは、炎の魔術の代用であり
闇術師のフェルキンが、杖で呪術を扱う事に成功しているのは、失われた炎の魔術を復活させようとしているのであり
混沌ナヴァが素手で闇術を操るのは、火と闇の互換性を示しているという事になるのか?

Posted by いまさら 2016年01月31日(日) 04:11:02

イザリスの魔女は最初の火を生み出そうとしてたけど、それは術としてなんじゃないかな。
最初の火の力を人が使うには、術にして制御する必要があって、それに失敗して混沌が産まれた。
遙か昔、炎の魔術が失われ魔術と呪術に分かれたのはこの辺が関係してるかも

Posted by いまさら 2016年01月30日(土) 05:49:17

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

世界

歩んだ土地

伝聞

その他

編集にはIDが必要です