心理学辞典

ビッグ・ファイブ Big Five

  • ビッグ・ファイブ(big five)は、性格の5因子モデル。

NEO-PI-R(Revised NEO Personality Inventory)

  • コスタ(Costa,P.T.,Jr.)らの開発したNEO-PI-Rでは、5因子(次元)とは、神経症傾向(neuroticism; N)、外向性(extraversion; E)、開放性(openness; O)、調和性(agreeableness; A)、誠実性(conscientiousness; C)である。それぞれの因子には6つの下位次元があり、1つの下位次元には8つの評定項目が含まれる。
次元(因子)下位次元
神経症傾向不安 敵意 抑うつ 自意識 衝動性 傷つきやすさ
外向性温かさ 群居性 断行性 活動性 刺激希求性 よい感情
開放性空想 審美性 感情 行為 アイデア 価値
調和性信頼 実直さ 利他性 応諾 慎み深さ 優しさ
誠実性コンピテンス 秩序 良心性 達成追求 自己鍛錬 慎重さ

関連項目

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます