エロゲの紹介と心に残った作品の感想をダラダラ書いています。




1.はじめに


『マルコと銀河竜』に関して、僕の知っている限りではおおむね評価がよいように思える。
そして僕にとっても『マルコと銀河竜』は短いながらもノベルゲームの新たな境地を見せてくれたし満足のいくシナリオだったと感じている。個人的にそもそもはとゲー自体が好きな部類で、特に汚い世界にフォーカスを当てながらもポップで美しい魅せ方をしてくれるところが大好きなのだが、ご存じの通り彼のゲームはきちんと読もうとするとそこそこに難解である。何故なら地の文よりも会話文を主体としつつも、他者とのやり取りや作中の寓話の中で諸問題へのアンサーを返す形式を好むからである。他にも、あえて詳しく表現しなかったり結果をぼかす引き算の見せ方もするのが作品解釈の難易度を上げているだろう。
本文ではそんな『マルコと銀河竜』の感想を読み、いくつか上がっていた疑問点について自己解釈に塗れた駄文で擁護するというオナニー試みをしようと思う。



・・・と思っていたが、途中から完全に疑問点にこたえるという形式を維持できなくなったので、ただの感想としてあげる。








本感想はネタバレを多分に含むため、未プレイの方は注意ください。
※ネタバレなしの感想はこちら→「マルコと銀河竜 〜MARCO&GALAXY DRAGON〜



2.母親について





母親死んだの?生きてんの?という疑問をみた。回想では頭ぶち抜かれてたり墓石の前に立ってるCGがあったりと、明らかに死んだようにみえる母親が何故か生きている。マルコが「最初からどこにもいなかったのに探しちまった」と言っていたり、ラヴが化けていたりもするので余計に混乱したことだろう。そもそも母親の掘り下げというか、父親の存在や恩田姉妹と母親の関わりについても特に言及はされていなかったハズなので、さらに母親という存在が疑問視されることだろう。だが、結論から言えば、これは生きていると解釈していいのではないかと思う。





根拠を挙げるなら、作中でアルコがマルコの記憶を食べたことが判明している点から掘り下げていきたい。その結果としてマルコは母親との思い出を忘れたのだが、同時に明らかに死んだはずの母親が生きているという結果を生み出している。明らかな因果の捻じれがあるのだ。
銀河竜とは作中でいえば情報を喰らう竜である。よって、より正確に言えば『マルコ個人の中にだけある悲しいという気持ちを想起する記憶』ではなく、『マルコが悲しいと感じた出来事の結果そのもの』という膨大な情報を喰らったのだと思われる。その作用が副次的に『結果に関する記憶』と『それらに起因する気持ち』をも喰うこととなるのだ。もし、マルコ個人の記憶を喰らっただけであれば、マルコが母親を忘れることはあれど母親がマルコを忘れる道理はないからである。百歩譲って仮に母親が特別忘れっぽいという設定にせよ、終盤、満身創痍のアルコに対してマルコが宝の記憶を食べてほしいと嘆願するシーンで、喰らう本人であるアルコが「キミはボクを忘れるし、ボクもキミを忘れる」と言っていることからも、この推測は恐らく間違いではないだろう。
マルコの「銀河の果てと何一つ変わらない悲しみ」を、その気持ちを生んだ母親の死という情報ごと喰らったことにより、マルコとマルコの母親は互いの存在を失ったのだ。



さて、では何故悲しみという情報を喰らうと相手への執着や記憶が薄れる(あるいは失われる)のだろうか。それについては以下で説明していけたらと思う。



3.ラヴについて





ラヴとは愛をもって惑星を侵略する生命体であることが作中にて明かされた。銀河竜が結果を喰らい気持ちを消す生命体とするのであれば楽しかった思い出や嬉しかった思い出とそれにまつわる気持ちを強制的に植え付けるのがラヴであると言える。
そうした侵略の対処法として挙げられたのが「ホンモノにはイヤな思い出がある」であったことからも分かるように、たとえ、どれだけ親しい間柄であっても他者に対し愛と形容できる単一の感情のみを抱くことはあり得ないというのが本エピソードの主張である。悲しみや憎しみ、妬みに怒りなど様々な形を持った他者に対する悪感情の受容と共存を説いたことは、マルコとアルコの心の成長や銀河竜が起こす現象を我々が理解するために必要な寓話であったと言えるのではないか。



4.アルコについて





アルコは上述したように、あくまで情報を喰らう竜であり人間の肉体そのものを食べてきたわけではないと思われる。つまり食べられた結果その存在が世界から消えるのではなく、彼女が仲よくしてきた様々なモノたちは彼女に悲しみを喰われることによって救われて、そうした過程の中で救われた事実すらも忘れ離れてゆくというだけである。悲しみには喜びが潜み、楽しさの裏返しでもあり、隣人でもあることはラヴを通したエピソードでみたとおりだ。アルコと共に過ごす時間が長ければ長いほど悲しみを消す際の代償も大きくなるのである。




ラヴの寓話であったようにホンモノにはイヤな記憶が付きまとう。悲しい記憶だけを切り離して都合よく消すことはできない。悲しみと喜びは表裏一体であるからだ。思いあえば思いあうほどに質量が増し、必然的に互いが互いに対する気持ちを生む結果ごと喰らわねばならない。喰らうたび相手への執着すらも失われてしまうアルコの悲愴な孤独をいったい誰が知るだろうか。「ねむればすぐに、忘れちゃうのさ」というセリフにはそうした繰り返しへの失意や寂寥のほかに、どこかそうした変わり映えのない繰り返しに対する悔しさや憎しみが感じられてならない。
そしてこれは、母親に関する記憶を喰らったときも同様である。だからこそマルコが自分を忘れ、息子と共に過ごす母親に対して憎まないことが不思議で仕方がなかったのだろう。自分にはない感情だからだ。だがしかし、だからこそアルコはマルコの視点に立ち、大切なことに気づくことができたのだ。






5.さいごに





本作は一見すると関係ないかのように感じられるぶつ切りのエピソードを繋いで、宝物のように煌めく大切な気持ちに気づくマルコとアルコの物語である。マルコの過去というパンドラの箱を開け、ラヴによる愛やアスタロトによる怒りや憎しみなどの暴力的な感情、ハクアのみせた妬みや後悔など様々な感情の奔流を経て最後に希望を残す演出は心地のいい読後感を与えてくれた。
大切な気持ちに気づくきっかけやその気持ちの大切さを読み手にも伝わりやすく配置する構成力には頭が下がる。圧倒的なCG枚数やBGMも含めて本当によくできたゲームだった。終わり方に不満を抱いている方も一定数いるようだが、この感想がそうした不満を解消する一助となれば幸いである。

このページへのコメント

これやって「母生きてんの?死んでんの?」ってやつはさすがに文盲が過ぎると思います
ぶつ切りってのも、自分はあまりそうは感じませんでして……
だらだら場面転換で1から10まで繋いでたら、一番大事にしてた従来のADVにはないスピード感が死ぬってのを嫌がっただけでしょ多分
あるいは、関係のない話ってのがちょいちょい挟まるアメリカアニメ的なやつを指すなら、正直あれにどれだけ意味があったかは分かりません
場面転換のクッションに「こんなの面白くない?」ってのを突っ込んだだけかもしれんし
逐一説明するよりダレないし、ユーザー的にも「え、ナニコレ」で飽きにくいし

なんか長々お目汚しをすんません……

0
Posted by 腋臭仙人 2020年03月10日(火) 22:00:42 返信数(1) 返信

コメントありがとうございます。
書き方が悪かったのですが、生きてるとしたらなんで生きてるの?明らかに死んでたじゃん。というニュアンスかなと思います。特に何故生きていたのか?という説明はなかったので本作を見て関連となりそうなものを引っ張ってきて、ある程度の肉付けをしてみた感じです。

スピード感は仰るとおりだと思います。あとはテーマやメッセージ自体がプレイの中で感得することに意味がある性質のものですから、物語の中で全て説明することを避けたかったのもあるかもしれません。
ギャグはシナリオライターの味ですねきっと。

0
Posted by  eroger_t eroger_t 2020年03月11日(水) 02:12:00

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

めにゅー

リンク(自己紹介)

暇な管理人のツイッター

応援バナー

インレ『幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO』


ウグイスカグラ『紙の上の魔法使い』


『ノラと皇女と野良猫ハート』 夕莉シャチ


青春ロケットADV『あの晴れわたる空より高く』

管理人/副管理人のみ編集できます