小説家になろうにてココナッツ野山(たぴ岡)先生が連載中の小説「ギスギスオンライン」についてまとめるwikiです

1次職
ギスギスオンラインの世界において最初に就くことになるジョブ群。
全ての一次職は装備制限や行動制限の【戒律】を持たないが、その分ジョブの性能は控えめ。
ステータスそのものにおける差は無いようだ。
全ての職業がデフォルトで【ささやき魔法】と【スライドリード】を第一段階まで備えている。
よって、ジョブのスキル表記からは第一段階までの【ささやき魔法】と【スライドリード】は省くものとする。

無職

無職。チュートリアルの時点では戦士や鍛冶師が選べるが、無職が選べるかは不明。主に職種ごとの戒律に違反した際に強制クラスチェンジされる。
転職イベントは【自由の翼】

【条件を満たしました】
【イベント】【自由の翼】【Clear】
【Class Change!】
【ペタタマ さんが無職にクラスチェンジしました!】

戦士

近接職。日本サーバートッププレイヤーであるサトゥが所得しているなど多くの近接職が所得するクラス。
使用可のスキルは【スライドリード(速い)】。行動制限系の戒律を持たず、無職に強制クラスチェンジされる心配がないという理由から多くの近接職は二次職に転職せずこのクラスに就いているらしい。
転職条件は同門以外のプレイヤーに戦士と認められること。なお戦闘中に条件が認められることはない。一番確実なのは戦士転職用のブートキャンプに参加し、過酷な訓練をこなすことで参加者たちと仲間意識を養い、認め合うこと。ただしこの方法は割と時間がかかるので、手っ取り早く戦士になりたいプレイヤーはニャンダム山脈中腹の野良人間の里にプロボクサーライセンスを取りに行くようだ。
上位職は準隊士と聖騎士。
転職イベントは【戦場の産声】

【条件を満たしました】
【イベント】【戦場の産声】【Clear!】
【Class Change!】
【サトゥ さんが戦士にクラスチェンジしました!】

猟師

戦闘職。弓などの飛び道具を使った遠隔攻撃を旨としたジョブ。矢やボルト等の射出物に対し第一段階の【スライドリード】を使うことが可能であり、そのために速度を調節した投擲武器を用いた面制圧などが可能。
レイド級の有する魔法を使える魔法職に火力面では叶わないものの、魔法職にない操作性の良さにより邪魔な種族人間に焦点を絞って射殺することができる。
上位職は猟兵。
転職イベントは不明。

僧侶

ヒーラー兼バッファー兼デバッファー。使用可能なスキルは【心身燃焼】と【八ツ墓】の2つで、どちらも第一段階までとなる。
要は味方の支援に特化したジョブである。
スキル構成上、もっともレイド戦環境で味方の邪魔をできるジョブと言うこともできるだろう。
上位職は司祭と聖騎士(【心身燃焼】)

魔法使い

戦闘職。日本サーバーにおいては使用可能スキルは【全身強打】に【重激連打】、【四ツ落下】の三つ。
絶大な火力を発揮でき、対眷属でもレイド戦でも絶大な貢献を果たせるジョブ。実質このゲームの花形とも言えよう。
しかし自力での移動能力が乏しく、近づく前にレイド級に殺されかねないので、戦士系のジョブについた人間が魔法使いを背負って特攻し、魔法使いが下の人を巻き添えにして魔法を放つ人間爆弾としての運用がメインなようだ。
当然ながら下の人が死ねば魔法使いは逃げることもまともにできないので、レイド級にそのまま殺されるか【重撃連打】で自爆するかの二択になる。
名実共に人間爆弾であった。
上位職はウィザードとテイマー。

鍛冶師

生産職。主人公であるコタタマも最初はこのクラスだった。使用可のスキルは【クラフト技能】であり、1段階目までしか使用できない。マナを消費し魔石を使うことによってクラフトを行う。転職条件は迎神教の像(ョ%レ氏の像)の前でョ%レ氏をほめたたえること。ョ%レ氏によってひとりひとり採点されるが微妙に外した批評付きらしく、今までの最高得点はョ%レ氏をたたえる賛美歌を歌ったもの。
スキル【クラフト技能】はョレ氏のアビリティと同じものであり、戒律を操るという強力な性質から、種族人間用にジョブを3つに分割されている?
上位職はデサント(細工師とツリー統合)。
転職イベントは【星降る夢】

【条件を満たしました】
【イベント】【星降る夢】【Clear!】
【Class Change!】
【ペタタマ さんが鍛治師にクラスチェンジしました!】

細工師

基本的な性質は鍛治師と共通、ただしこちらは金属加工の類は出来ず、装飾品の製作と【戒律】の刻印をする役割を担う。
上位職はデサント(鍛冶師とツリー統合)。

薬剤師

基本的な性質は同上。ただしこのジョブにおける【クラフト技能】は調合、つまり混合、同化を司っている。
ポーションは魔物の素材を取り込んだ際の拒絶反応を利用したものらしく、つまるところ拒絶とは同化の裏なのだろう。
どこまで同化させてどこまで拒絶させたままにするかで薬液の効果を調整しているのだろうか。
また、無機物ではなく生体に戒律を刻み込めるとのこと。
液体を作成できる関係上、飯屋は殆どがこのジョブのようだ。
上位職はテイマー。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます