大正時代についてまとめるwiki

  • 安藤緑山:牙彫。明治末から大正にかけ今の御徒町辺りに居住。(『東京彫工会』(『未来の国宝MY国宝』P.83))
  • アントワーヌ・ブールデル?:フランス人。ロダンの弟子の一人。作品は「弓をひくヘラクレス」など。清水多嘉示の師。
  • 清水多嘉示?:1923年(大正12年)に絵画を学ぶためパリに渡るが、アントワーヌ・ブールデルの作品に強い感銘を受け、師事。彫刻家になる。1927年まで毎回入選した。

どなたでも編集できます