デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダムAGE
頭頂高18.0m
本体重量93.1t
武装グラストロランチャー、シールドライフル、ミサイルランチャー、ビームサーベル
専用機パイロットフリット・アスノ
フリット・アスノ(アセム編バージョン)
フリット・アスノ(キオ編バージョン)
フリット・アスノ(青年バージョン)
本館

Z1弾M・Z1-042

証言タイトル「AGE−1は彼を『体現』した」
内容「増加装甲ユニットやシールドライフルに加え、シグマシスライフルと同威力のグラストロランチャーを装備……
恐ろしいほどに対象を破壊することのみを追求した強化内容です。
グランサへの改修指示を行ったフリット元司令の……ヴェイガンに対する憎しみがイヤでも伝わってきましたよ」
インタビュー人物連邦軍の技術者
備考

Z1弾C・Z1-043

証言タイトル「もう一人の『英雄』」
内容「英雄フリット・アスノと共に、今回の戦いを最後まで見届けたもうひとつの存在。
ヴェイガンの殲滅にこだわった彼に対して、AGE−1自身はどのように感じていたんでしょうね……
いや、モビルスーツがそんなことを考えるはずはないんですが、平和になったこの世界に立つガンダムを見ていると、なぜかそんな気になるんですよ」
インタビュー人物ガンダム記念館の職員
備考最終回後から、グランサというよりもAGE−1について。

Z2弾C・Z2-043

証言タイトル「受け止める『経験』」
内容「AGE−1を素体に重装化したグランサ。
四肢を丸ごと換装するAGEシステムの本来の方向性からすれば、それに反した進化ともいえます。
経験に乏しかった幼い頃のフリット・アスノでは、はたして対応できたのかどうか……
老体ながら歴戦の彼ゆえに、使いこなせたのかもしれませんね」
インタビュー人物ガンダム記念館の職員
備考このグランサのアーマーはAGEシステム抜きで建造されたAGE−1 2号機のバリアジャケットから派生したものであり、システムの抜かれた1号機(フラット)から考えると「正統進化」と言えなくもない。
そもそもAGEシステム=ウェアチェンジシステムという証言者の認識は誤りであり、ディーヴァの強襲揚陸モードとフォトンブラスターキャノンもAGEシステムが提案している。

B8弾C・B8-036

証言タイトル「『ザ』・ガンダム」
内容「伝説のモビルスーツもまた、ガンダムという名を持っていたそうじゃ。
巨大な怪物をうち倒すために、巨大な剣が備えられていたと言われておる。
わしが生まれるより遠い遠い昔のことじゃ、本当の姿は知りようもないが……
ほれ、そこに雄々しく立っているAGE−1、あれもいずれ伝説のモビルスーツとして語りつがれるんじゃろうな」
インタビュー人物ガンダム記念館に立ち寄った老人
備考かつてフリットが暮らしていたコロニー・オーヴァンのアスノ邸にあった油絵にも描かれていたザ・ガンダムについて。

鉄華繚乱3弾C・TKR3-026

証言タイトル生ける『伝説』
内容「背部にゼフルドランチャーの発展型となる『グラストロランチャー』を装備すれば、装甲火力の大幅な増加を目指した最終完成形、『フルグランサ』になるのさ。
ヴェイガンの連中からすればAGE−1は旧式機というよりも、ある意味で長年自分たちを苦しめてきた畏怖の象徴だ。
その伝説がさらに強力になって……はは、怖いだろうな」
インタビュー人物連邦軍のメカニックマン
備考

DW3弾R・DW3-036

証言タイトルその『進化』は
内容ガンダムはAGEシステムのお陰でヴェイガンのモビルスーツと渡り合える機体なんだって今まで考えていたんだ。
しかし……君もあの戦いを見たろ?
旧式のはずなのに向こうの新型を容易くあしらっていく……
モビルスーツだけじゃなかったんだ、もちろん人間も進化していたんだな」
インタビュー人物地球連邦軍のパイロット
備考

DW4弾CP・DW4-087

証言タイトル秘訣を『フリット』に聞く
内容なに、モビルスーツ小隊の秘訣?
そんなものは士官学校へ取材に行けば良いだろう、わざわざ私が話すようなことでもない。
だが、戦う相手をヴェイガンと限定しているのなら……そうだな……
秘訣はただ1つ、各機が持てる全ての力を発揮して、奴らを速やかに殲滅することだ
インタビュー人物フリット・アスノ
備考必勝のクロスストライクキャンペーンより。
ここでもヴェイガン殲滅を唱えており、いわゆる平常運転というやつである。

EB2弾ヴァリアブルM・EB2-025(準備中)

編集にはIDが必要です